« 良寛さんと貞心尼 | トップページ | ハンコのリサイクル »

2008年12月25日 (木)

月・月・月

014 月を題材にした

山頭火の俳句は沢山あります

その一つを

消しゴムハンコにしてみました

10年以上前のものですが

他にもいくつか彫っていますが

今回はこれだけにしましょう

「大空を仰げば月の澄みわたるなり」  山頭火

   落ちてきそうなほど大きな月を空一杯に配してみました

  059

「そこに月を死のまへにおく」     山頭火

   細い月を長く続く細い道の先に置いて、犬を一匹

山頭火がいつどこでどんな気持ちで作ったかはわかりませんが

これは私のイメージです

 

 

満月もよし三日月もよし新月もよし

 

 

時々残りの「山頭火消しゴムハンコ」を紹介していきましょう 

 

いつもの STAEDTLER  MARS  PLASTIC GRAND 52652  フルサイズ です

|

« 良寛さんと貞心尼 | トップページ | ハンコのリサイクル »

消しゴム印(山頭火)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 良寛さんと貞心尼 | トップページ | ハンコのリサイクル »