« 秋から冬へ | トップページ | 六地蔵に雪が »

2008年12月 9日 (火)

蟹の群れ

013ざわざわざわ

蟹がどこかに向かって歩いて行きます

押し合いながらぶつかりながら

右に左に傾きながら前になったり後ろになったり

ざわざわざわ

水音の聞こえる方冷たい水の流れる方に向かって

1匹・2匹・・・・・

         ざわざわざわ

         赤い蟹が歩いて行きます

  

***横を向いたり後ろを向いたりと色んな動きの蟹を彫りたかったのですが、難しく諦めたときの「蟹のはんこ」です、ようやく彩色したので登場させてみました。

賑やかな蟹の群れの雰囲気が出ているでしょうか?

size 実物より 1.5倍程大きくしてます

|

« 秋から冬へ | トップページ | 六地蔵に雪が »

遊び印(花草木・・・)」カテゴリの記事

コメント

よく見ると蟹君たち、それぞれの表情が違います・・私の勘違いでしょうか?(笑)
東北も雪景色ですねー風邪引かないで年越しましょう~!

投稿: わか | 2008年12月 9日 (火) 18時30分

こちらも石のはんこですか?

これで1.5倍なんて、いつも思うのですが、細かい作業ですね。そして 線がくっきり出るものなんですね。

投稿: totto | 2008年12月 9日 (火) 22時34分

お久しぶりです。
今日、ある方々に房州やさんの印と印影をご紹介(自慢げに♪)したら、みんな鼻息荒く(笑)感動されてました。
方寸の世界の中に、強い線、自由で楽しいデザイン・・いつ見ても、ずっと見ていても飽きないです。
今日のカニさんも、ざわざわっと向かってきそうでニマニマしとります。

投稿: 沙於里 | 2008年12月 9日 (火) 23時01分

房州やさんは、空間を捉えるのがすごく旨いですね。
・・・・・と言うか、良寛さんの顔は見えないけど、縁側、足、柿などの雰囲気がとってもしっとりしていて、基本がしっかりしているから出来る技かもしれません。

忙しい時も、またそうで無い時も、いつもそばにいる遊印・・・同士ですね!

投稿: まゆまゆ | 2008年12月10日 (水) 08時17分

cancer久しぶりです
大して仕事もしてないのに、時間がないように感じてしまいます。

さて、蟹。うちの兄弟はみな蟹嫌いです。
このハンコ見たら卒倒するくらい嫌いです。

私はそうでもありませんが……

育った四国の街は夏の夕方、ほんとにこのように道がカニで埋め尽くされるのです。そこを自転車で走ると蟹が踏みつぶされたりして
ぎゃ~その時のトラウマかも知れん……cancer

投稿: 章魚庵 | 2008年12月10日 (水) 11時23分

カニは横歩き きっと右に向かって歩いて
行くのでしょうね。
実物より1.5倍! 相変わらず細かい仕事です。

印材の仕入れは木更津ですか 館山ですか?

投稿: 山豚火 | 2008年12月10日 (水) 12時27分

cancerわかさん tottoさん 沙於里さん まゆまゆさん 章魚庵さん


cancerわかさん お久しぶりです


もう少し朱色にしたかったのですが
(色をつけたときはもっと朱色だったのですが)乾いたらこんな色になってました
眼には白い点をつけたのがわかりますか?

cancertottoさん こんにちは


細かく彫るのは、割と簡単なのですが
細い線を彫るのは石次第です


cancerまゆまゆさん こんにちは


今は年賀状の摺りで忙しい時期
なので   (何枚か失敗しました)
古いはんこを小出しにしてます
印面に朱墨を塗って
墨で大首の仏様たちの絵を描いているのですが
なかなか彫れなくて
年末年始の楽しみにとっておきます
印材の手配もしなくてはと
慌しい師走を楽しんでいます


cancer章魚庵さん こんにちは

この時期は暇なようでもなんだか忙しい
気分にさせられるものです
年賀状だ!掃除だ!クリスマスだ!
なんだかんだ!・・・・・

二昔位前に住んでいた家の裏山を越えると
田んぼがあり小川が流れていました
そこには、沢蟹が沢山いましたよ

章魚庵さんの蟹は、すこし大きくて
もっと真っ赤で、山から海に産卵に
移動する蟹ですか?

蟹は食べると美味しいのですが
食べるのが面倒なのが残念です


 

投稿: 房州や | 2008年12月10日 (水) 12時36分

cancer山豚火さん こんにちは

印材は江戸に出かけたときに
なるべくお買い得品をいくつか
買い求めてきます

投稿: 房州や | 2008年12月10日 (水) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋から冬へ | トップページ | 六地蔵に雪が »