« ふわふわと | トップページ | 今年のまとめ »

2008年12月30日 (火)

今年最後の仏像

2008122008048 少し細い線で彫ってみました

人が亡くなるとき極楽へ導くため釈迦如来が訪れると聞きました、左の脇時仏が蓮台を持っています

いわれや約束事はさっぱりわかりませんが

見聞きしたものを、写真を見たり想像したりして彫っています

文殊菩薩、剣と巻物を持っています

大日如来は印を結んでいます

千手観音さんは色々なものを用意して

如意輪観音は少々色っぽくなりましたか?

仏様の手には膜をつけてみました

真っ赤なお顔の不動明王は目を大きく見開いています

みんな派手なものを着てもらいましたが、昔はもっともっと派手だったのだと思います

今年最後の仏像たちでした

今回はいつもの15mmよりも少々大きめ20mmの印材で彫りました

大きいとついついなんでも入れようとしてごちゃごちゃしてしまいダメですね

自分としては小さくて制限のあるほうが工夫するようです、あまり小さ過ぎると工夫のしようが無いこともありますので、適当な小ささが良いようです

そのサイズが私にとっては10~15mmの間でしょうか、一番慣れているサイズは15mmですが、同好の志はどんなサイズで彫っているのでしょうか、知りたいものです。

|

« ふわふわと | トップページ | 今年のまとめ »

遊び印(仏さん)」カテゴリの記事

コメント

仏像はどれも可愛いですね。
絵もそうですが 印も彫る人に似るのでしょう?
きっと房州やさんもこんなお顔?
想像するだけで楽しい。

川越の蔵の家はスゴイ! 「もぐら庵」の先生もこれは彫れないでしょう。

きょうはこれから鴨川に出かけます。
6日ころまでのんびりしてきます。
どうぞよいお年を。

投稿: 山豚火 | 2008年12月30日 (火) 13時40分

wave山豚火さん

お正月は鴨川でのんびりとはうらやましい
良いお正月でありますように

いろんなお顔の仏さんを彫りたいのですが
なかなか上手く出来ません
似たようなお顔になってしまいます

先駆者の「もぐら庵」さんと
比べるものではあありません
なにしろ、こんな遊びは
「もぐら庵さん」と「天魚さん」で
知ったのですから

投稿: 房州や | 2008年12月30日 (火) 17時53分

そのうち彫ろうと思って
仕入れてきた(まだ包装されたままでした)
のを見てみましたら、11、13、16、17ミリ
というようなのがありました。小さいのは安いからよいです。
見渡したところ、石の印で一番大きいのは
35ミリのがあります。

な、ところです。今回の仏像では不動明王が
ぶっちゃけた感じ(ん?)で一番好きですね~。

>大きいとついついなんでも入れようとしてごちゃごちゃしてしまいダメですね

 シンプルなのがいいです。説明っぽくないのが。

来年も楽しませていただきます。
よいお年をお迎えください。


投稿: 章魚庵 | 2008年12月31日 (水) 12時04分

wave章魚庵さん

いろんな寸法の印材をお持ちですね
私もいろんな大きさの石で遊びたいのですが
ついつい慣れている大きさに行ってしまいます

>不動明王が
 
 今回の中では私も不動明王が好きです


章魚庵さんの 「そ」 気になります
う~ん

投稿: 房州や | 2008年12月31日 (水) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふわふわと | トップページ | 今年のまとめ »