« 昔の年賀状 | トップページ | 秋から冬へ »

2008年12月 6日 (土)

良寛さんこんにちは

015良寛さんが

村から五合庵に戻ってくると

真っ白になっていました、枝に積もった雪がドサッと音をたてて落ちます

思わず体が震えます

016椿の花が落ちる頃には

縁側でのんびりと日向ぼっこを

楽しんでいます、うつらうつらしていると

いつの間にか眠ってしまうこともあります

022夢の中では

子供たちと鞠つきをして遊んだことが

出てきます

  

020 そういえば

筍が出てきたこともありました

筍を見ながら、居眠りをしました

どんな夢を見ていたのでしょうか

  

  

size 15×15mm

|

« 昔の年賀状 | トップページ | 秋から冬へ »

遊び印(良寛さん)」カテゴリの記事

コメント

良寛さんはいいですねー。
なんだか ほのぼのします。
雪の白さがきれい。

竹の子の話で、子どもの頃、良寛さんの絵本を父が買ってくれたのを思い出しました。
懐かしい…。confident

投稿: 峰猫 | 2008年12月 7日 (日) 21時55分

見ているだけで幸せになれる作品です。
ほのぼのと心が温かくなります。

ますますファンになりました。

投稿: totto | 2008年12月 7日 (日) 22時44分

japanesetea峰猫さん こんにちは

良寛さんのエピソードはみな
こころが暖まりますね

次は貞心尼との話をと
思ってます が
雪深い峠を越えてやってくる貞心尼
それを心待ちにして迎える良寛さん


投稿: 房州や | 2008年12月 8日 (月) 08時13分

japaneseteatottoさん こんにちは

良寛さんのふるさとは
いまごろ冷たい風が吹いているのでしょうか
日本海の荒波を越えてやってくる北の風が
やがて雪が降り積もり
五合庵も雪に埋もれて
誰も来なくなるのでしょうか?

昨日寒い中を遊んでいて
体を冷やし鼻水が止まらなくなりました
一日中ティッシュを抱えて
ウロウロしてました

投稿: 房州や | 2008年12月 8日 (月) 08時18分

良寛さんの顔がいいですね。
田舎のお寺の和尚さんに似ています。

投稿: 山豚火 | 2008年12月 8日 (月) 11時44分

japanesetea山豚火さん こんにちは

イシハラ村長じゃなくてよかった

なんとなく
みんな同じような
顔になっています
なるべく優しい顔になるように
心がけているのです


さて
年内に「印材」を買いに行くか
年明けにするか迷っています
年賀状を摺り終らないのに

投稿: 房州や | 2008年12月 8日 (月) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昔の年賀状 | トップページ | 秋から冬へ »