« 火野葦平文学散歩地図 | トップページ | 小さなスケッチブック »

2008年11月21日 (金)

庵を出て

C015 冷たい風に最後の木の葉が舞い散る夕方なのに

良寛さんはどこかへお出かけのようです

いつものように

忘れ物をしなければ良いのですが

  

  

size 18×18mm

|

« 火野葦平文学散歩地図 | トップページ | 小さなスケッチブック »

遊び印(良寛さん)」カテゴリの記事

コメント

房州やさんの印は やはり絵の具で塗った方が 落ち着いた味があっていいです。

パソコンの彩色はきれいなだけでダメですね。

投稿: 山豚火 | 2008年11月22日 (土) 12時22分

cafe山豚火さん

塗ったときの色と
乾いたときの色が随分違います
さらに
スキャナーで取り込んだ時の色も違いますが
余り気にしないで
変化を楽しんでいます

パソコンの色はアニメみたいで
いいと思います

投稿: 房州や | 2008年11月22日 (土) 14時22分

確かに寒そうな五合庵であるな~
もうすぐ、真っ白になるのであろうか?snow

投稿: 章魚庵 | 2008年11月25日 (火) 10時51分

bottle章魚庵さん

ちょっと初冬の景色には
早すぎたでしょうか?

良寛さんは
冬の布団を借りに出かけたのでは
ないかと思います
ついでに徳利一本のお酒もね

今夜は晩酌を楽しみながら
ぐっすり眠れるでしょう

投稿: 房州や | 2008年11月25日 (火) 20時06分

わっ♪
二大巨匠に五合庵を描いていただいて、何と言う幸せ。

ここ数日、強い風が吹き荒れた海辺の町でした。
きっとこの絵と同じ風景になっていると思います。

それにしても、簡素な造りの五合庵です。あそこで冬を越すなんて考えられないです。
暑いの寒いのいってる私は・・・・(喝!)

投稿: 柳女 | 2008年11月26日 (水) 17時52分

bottle柳女さん

日本海からの
雪交じりのしびれるような
冷たい風を受けて
良寛さんは何をしていたのでしょうか

良寛さんの本を図書館に借りに
行こうとしてはや何週間
そんなに寒くもないのに

巨匠ではありません
ハンコは極小です

投稿: 房州や | 2008年11月26日 (水) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 火野葦平文学散歩地図 | トップページ | 小さなスケッチブック »