« 千手観音さん(?) | トップページ | 火野葦平文学散歩地図 »

2008年11月17日 (月)

むりやり俳句に(笠も漏り・・・)

山頭火の句で遊びました

みなさんご存知の句ばかりでしょう  

直接的過ぎて、なんの工夫もありませんが

057_2

雨が降り出した

古くなった笠を被って歩き出す

額が冷たい、笠が漏りだしたか

  

072

山に百合が咲き始めた

白い百合の花を

お地蔵さんに供えて旅の無事を祈ろう

  

073

秋の夕暮れ

枯れ枝に烏がとまっている

悲しい啼き声が胸に突き刺さる

  

 

071_2

林の中を歩いていると

笠に何か落ちてきた

なんだろう

  

  

  

「笠も漏りだしたか」

「百合咲けばおじぞうさまにも百合の花」

「鴉啼いてわたしもひとり」 

「笠へぽつとり椿だつた」

 

 

size 15×15mm

  

  

  

|

« 千手観音さん(?) | トップページ | 火野葦平文学散歩地図 »

遊び印(俳句)」カテゴリの記事

コメント

とても素敵なはんこです。
色も絵も素敵。
特にカラスのオレンジと百合を持ったおじぞう様の緑。
見ていて とても楽しいです。

投稿: totto | 2008年11月20日 (木) 21時53分

cafetottoさん

寒くなってきましたね
烏も寒いのか
このところ見かけません
強い風で雲が飛んでいって
富士山がよく見えました

こんな日の夕焼け色が
彫れたらいいのですが

投稿: 房州や | 2008年11月21日 (金) 11時19分

はじめまして!

 山豚火さんのところから遊びに来ました。

 とっても面白い印や素晴らしい印の数々。
見ていると方寸の世界に入っていきますね。

 中でもお地蔵様のはほのぼのしてきます。

私も少し印を彫って楽しんでいましたが、今ではすっかりご無沙汰。

 でも房州やさんの印を見てるとちょっと遣ってみようかななんて、恐れ多くも思ったりしています。
 

投稿: 恵雅 | 2008年11月23日 (日) 10時19分

cafe恵雅さん

ようこそ
山豚火さん経由で
時々恵雅さんの絵をのぞかせて
頂いてます

書に使う篆刻は難しくて
とっくの昔に諦めました
せいぜい自分の住所印名前印十二支印を
彫るくらいです

ちょっとといわず
ハンコをやってみましょう
篆刻だけでなく
お遊びの絵のはんこも

ハンコのアップ楽しみにしています

時々遊びに来て下さい

投稿: 房州や | 2008年11月23日 (日) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千手観音さん(?) | トップページ | 火野葦平文学散歩地図 »