« 京都の雨もまた良し(2) | トップページ | 私家本第?冊目:働く姿 »

2008年9月 3日 (水)

あの人に会いたかった

Cあの人は塔を見つめていたそうです

そして塔を目指して歩いていったそうです

取るものも取りあえず私は京都に向かう新幹線に乗っていました

京都であの人に会えるかも知れないと思ったのです

私が京都駅に降り立ったときには雨が降っていました

C_2

その頃、その男は「雨もまた良し」等と呟きながら

歩いていたのかもしれません、私と同じ「高瀬川」沿いの道を

雨の京都をうろうろして見たのですが

うわさも聞くことができないまま帰ってきましたが

C_5今頃は、黄金色にゆれるたんぼ道を歩いているのかも知れません

畦道に腰かけて、稲刈りの様子をぼんやり見ているのかもしれません

まだ彼岸花は咲いていませんが、こんな旅の僧には彼岸花が良く似合いそうです

それはきっとこんな風景です

118稲刈りの終わった田んぼ道に怪しく赤い彼岸花が咲いている

その中を、何処へ行くとも知れない男が歩いている

赤トンボが飛んでいる

それをまだ稲刈り中の男が仕事の手を休めて旅の無事を祈っている

さて、もうひと頑張りするか115 

 

|

« 京都の雨もまた良し(2) | トップページ | 私家本第?冊目:働く姿 »

あの人は(托鉢僧)」カテゴリの記事

コメント

<ひたすらに歩く男や あかまんま>

<行く僧の後姿に あかとんぼ>

秋風には 赤がよく似合う・・・

投稿: 森のどんぐり屋 | 2008年9月 4日 (木) 20時32分

托鉢僧は今はどこで寝ているでしょう。
こちらは雷雨です。
しばらくPCのコンセントを抜いていましたが、遠くなったようなのでまた差しました。

托鉢僧、雨に遭わないと良いけれど。

今月末にはもう彼岸花の時期ですね。
早い早い。maple

投稿: 峰猫 | 2008年9月 4日 (木) 20時38分

森のどんぐり屋さん、峰猫さん

bullettrain森のどんぐり屋さん

秋・赤・稲刈り・赤トンボ・曼珠沙華・紅葉
山頭火が今にもその辺りを歩いている
そんな感じですね


bullettrain峰猫さん

あの古いお堂の向こう側で
雨宿りをしていたのではないかと
思っています

好きな彼岸花が咲く季節に
なりました
巾着田(?)でしたか?
彼岸花の名所は?
お近くですか?


投稿: 房州や | 2008年9月 5日 (金) 13時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都の雨もまた良し(2) | トップページ | 私家本第?冊目:働く姿 »