« 京都の雨もまた良し(1) | トップページ | あの人に会いたかった »

2008年9月 3日 (水)

京都の雨もまた良し(2)

伏見の「石峰寺」へは行くことが出来ませんでしたので

雨風に打たれ苔むした、若冲さんの五百羅漢さんを思って

私なりの羅漢さんを雨の車中とホテルで彫りました

羅漢さんをいくつも彫っていますが、今回初めて色をつけてみました

557c555556156558随分前に(3月頃)五百羅漢のうち100顆程をお見せしました、この時は「美麗」という印泥で捺したものでした

こうやって色をつけると、生々しくなって羅漢さんの雰囲気が出にくいのかもしれません

羅漢さんの「はんこ」は印泥が似合うような気がします

こんな雨の日には、僧形のあの男は何をしていたのでしょうか

衣の裾を濡らして、托鉢を続けているでしょうか

今頃はぶり返した暑さの中、畦道を歩いているかもしれません

稲刈りを座り込んでみているのかもしれません   

|

« 京都の雨もまた良し(1) | トップページ | あの人に会いたかった »

遊び印(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都の雨もまた良し(1) | トップページ | あの人に会いたかった »