« 案山子 | トップページ | 彼岸花の句(その2/3) »

2008年9月13日 (土)

彼岸花の句(その1/3)

021_2 お彼岸も近いので、山頭火の彼岸花の句をいくつか載せることにしました

「うつりきてお彼岸花の花ざかり」

「お彼岸のお彼岸花をみほとけに」

「いつまで生きる曼珠沙華咲きだした」

山頭火は彼岸花の句をたくさん作っています

多分ほかの俳人よりも(多分です)

この時期になると彼岸花を見に出かけています

010_2

稲刈りの終わった畦に

真っ赤な彼岸花が一面に咲いている

光景を見たくて、バイクに乗って

房総の田んぼを訪ねています

この3つは、彼岸花のデザインがそれぞれ

異なっています、そのときそのときで

表したかったものが違っていたのでしょう

027_2

いつ、どの順番で彫ったのかは

判りませんが

  

  

  

  

  

表題に1/3と書きました

あと数個はこの手の消しゴムはんこがありますので

花が咲き始めるまでに載せていきますので

乞うご期待

  

消しゴム:STAEDTLER  MARS PLASTIC GRAND  52652

             製図用消しゴムのでかいやつです

|

« 案山子 | トップページ | 彼岸花の句(その2/3) »

消しゴム印(山頭火)」カテゴリの記事

コメント

いやぁ 素晴らしい ハンコ名人!
もぐら庵先生より 上手いですよ。

房州やさんは これがお仕事ですか?

投稿: 山豚火 | 2008年9月13日 (土) 19時47分

pen山豚火さん

お褒めの言葉ありがとうございます
「山豚火」さんの字と色使いを
どうやって盗もうかと、今考えているところです

素人がどれだけの数を彫っても
プロはプロです、プロにはかないません
ただもぐら庵さんは
暇つぶしの達人にはなれないでしょう

なぜなら
私のやってることはすべて遊びですから
暇つぶしのひとつですから。

投稿: 房州や | 2008年9月13日 (土) 21時05分

いつみても、素晴らしい判子ですね。
判子に水彩で色を入れる方法を真似させてもらっています。(私は色鉛筆ですが)

下手を承知でうさぎ、三方、団子、花瓶、桔梗の消しゴム判子を作ってお月見のポップアップカードを作り友人に送りました。(一応喜んではくれました)

いろんな手法がある事を房州やさんから学んでいますが、なかなかうまく彫れません。

三角刀と、先の細いカッターしか使っていません。厚かましいお願いですが、
何かうまく彫れるものがあれば教えていただけませんか。

投稿: おたみ | 2008年9月14日 (日) 16時04分

footおたみさん

はんこに水彩絵の具のわけ
 インクが水彩絵の具をはじくため
 色付けしやすいから

私の消しゴム印の彫り方は
 ①デザインは出来る限り単純に
  (彫りやすいから)
 ②カッターで輪郭を彫り
 ③小さめの丸刃彫刻刀で余白を削る
 ④スタンプの色にできばえをお願いする

一度作品を見たいものです

投稿: 房州や | 2008年9月14日 (日) 23時06分

早速のお返事有難うございます。
今度は色鉛筆ではなく、水彩絵の具にしてみます。

房州やさんの彫り方4カ条を心に刻んで
頑張って行きたいと思います。

私の消しゴム判子を、応援してくれている友人の評価にも素直に耳を傾けつつ、
精進していきます。

投稿: おたみ | 2008年9月15日 (月) 13時36分

fullmoonおたみさん

あくまでこれは房州やのやり方です
上手く彫れても彫れなくても
それなりの味があると思えば
いいんじゃないですか

投稿: 房州や | 2008年9月15日 (月) 23時10分

暇つぶし・・・それがいいのだと思います。
そういう環境でしか表現できない何かが、きっとあるはずです。

恵まれているから暇つぶしが出来ます。
天からの恵みをお大事になさいませ。

投稿: 森のどんぐり屋 | 2008年9月16日 (火) 17時53分

pisces森のどんぐり屋さん

たしかに

ただ、何かが、何であるかが難しい

うむ 今日は哲学的だ

投稿: 房州や | 2008年9月16日 (火) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 案山子 | トップページ | 彼岸花の句(その2/3) »