« つい買ってしまった「サンチャゴへの道」 | トップページ | 秋風ふく »

2008年9月25日 (木)

旅のスケッチ:パキスタン

海外旅行に限って

なぜか、スケッチをしたくなります

博物館では写真不可のところもあります

今回紹介するタキシラ博物館・ペシャワール博物館もその一つでした

ガンダーラ仏というのでしょうか

修行中の仏陀の像がたくさんありました

その一つをスケッチしていましたのでご紹介しましょう

 

Photo_5小さなクロッキー帳に筆ペンで描いたものです

胸や腕には飾り物が多く

おそらく修行中の姿であろうと思います

写真不可というので、一枚くらいはスケッチに

残して帰ろうと博物館を早足で一周した後

この像を描くことにしました

手首から先はありません

衣の襞が深く流れる線が気に入って

描きました。

  

Photo_6ペシャワール美術館も写真不可ということで

同じようにこの絵を描きました

 

後で聞くと、

目をつぶってくれる人もいたそうです

でも、この2枚を描くことができ

写真を撮らなくても、よかったかのかなと思っています

 

 

  

筆ペン:Pentel Color Brush  #137  GRAY

紙:maruman S163    

|

« つい買ってしまった「サンチャゴへの道」 | トップページ | 秋風ふく »

旅のスケッチ(海外)」カテゴリの記事

コメント

スゴイわ。房州やさんて世界中を旅しているんですね。
しかも私が興味を引かれる場所ばかりなのはなぜ?
パキスタンは先日も大きなテロがありましたね。(とはいえ安全な国など今はどこにもない・・・?)
スケッチがすばらしい。写真よりも感じがよく出ていると思います。

ガンダーラ仏教美術ですね。ギリシャ文化(ヘレニズム)とインド文化の融合・・・と教わりました。衣の襞(ドレープ)の流れがギリシャ彫刻の影響だとか。
アレキサンダー大王の遠征がもたらした芸術ですね。
手首が落ちているのは、脆くなったのではなく、イスラム教徒による破壊かもしれません。
偶像崇拝を禁止しているから。

投稿: emem | 2008年9月25日 (木) 23時38分

mapleememさん

前にも書いたかも知れませんが
日本と同じ緯度の国(南半球も)に
行ってみたい、ただそれだけです
この一年半は出かけてはいませんが

写真を一杯撮って
後で想いだすのもいいですが
たまにはスケッチもいいもんでしょう
だんだん写真の数が減ってきました
私の場合は
古い写真を見返すことはめったにありません
スケッチもこんな機会がない限り

何故でしょうかね

投稿: 房州や | 2008年9月26日 (金) 08時53分

房州やさん 絵描きさんですか?
仏像は難しく なかなかこうは描けません。

これも印になるのでしょうね。

投稿: 山豚火 | 2008年9月27日 (土) 13時05分

art山豚火さん

はい
ガンダーラ仏もいくつか
はんこにしましたが
いまいちですね

仏さんの印はわりとたくさん
彫ってますが
記憶と想像だけで彫るので
なかなか良いのができません

いいえ
絵描きなんてとんでもない
絵で褒められた記憶は
小学校以来ありません

投稿: 房州や | 2008年9月27日 (土) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つい買ってしまった「サンチャゴへの道」 | トップページ | 秋風ふく »