« 彼岸花の句(その2/3) | トップページ | 彼岸花のはんこ(1) »

2008年9月15日 (月)

彼岸花の句(その3/3)

089 035 116

彼岸花の句(その3/3)

花の数が増えてきましたね

ここまでくると、多色刷りも入れとかないと

「彼岸花の赤さがあるだけ」

 (これは消しゴム2個の多色刷りです)

                       

「歩きつづける彼岸花咲きつづける」  (少しグラデーションをつけた赤で)

「曼珠沙華咲いてここがわたしの寝るとことろ」 (これも一応多色刷り)

 

 

彼岸花と呼ぶより曼珠沙華という言い方のほうが好きです

そんな気がしませんか?

明日からは石のはんこに変ります

まだまだ彼岸花はつづく

  

消しゴムはんこ(山頭火)で「彼岸花」を載せてみましたが

花シリーズは季節感があっていいかなと勝手に思っています

|

« 彼岸花の句(その2/3) | トップページ | 彼岸花のはんこ(1) »

消しゴム印(山頭火)」カテゴリの記事

コメント

花の赤が鮮やかですね。素晴らしいです。

これは原寸大ですか?
多色刷りって 版を2枚使うのでしょうか?
「曼珠沙華咲いて・・」の文字も彫ったのですか?

質問ばかりですみません。

投稿: 山豚火 | 2008年9月15日 (月) 22時08分

fullmoon山豚火さん

>これは原寸大ですか?

  原寸は 71×37mmです
  ちょっと小さめになっていると思います

>版を2枚使うのでしょうか?

  一応消しゴムを2~3個使います
  曼珠沙華咲いて・・・は
  赤版と青版です

>文字も彫ったのですか?

  はい、文字も彫ります

  消しゴムで山頭火の句や万葉集の歌を
  彫ったおかげで、逆に字を書くことが
  得意になりました。
  完璧にしないで、わざと一文字だけ
  裏文字にしない表現を取ったり
  しています。

投稿: 房州や | 2008年9月15日 (月) 23時07分

この度は、色々とありがとう御座いました。
昨日、お礼の手紙を出しました。

ところで、聞いていいですか?・・・・。

房州やさんの本業は?

印はプロ並ですが、セカンドワァークのようですよね。・・・・・なのに、すごいパワフル。次から次から、生まれてくるそのエネルギーは旅・・・・から来る物?

ブログでは、そんな事どうでもいいんだろうけど・・・・気になる。


彼岸花・・・・私も好きです。
妖艶で、これほど華を主張した花はないかと。しかし、前にあまり綺麗だったので、切って花瓶に飾ったら、年寄り達に叱られました。
これは、飾る花ではなく、咲かせておく花だ・・・と。・・・・訳ありなのね。


投稿: まゆまゆ | 2008年9月16日 (火) 08時25分

rainまゆまゆさん

先日はどうも
早速ですが

>房州やさんの本業は?

 特に仕事はしていません
 
 石のはんこも消しゴム印も
 暇の副産物みたいなものです

>彼岸花・・・・私も好きです。

 あの赤があの形が・・
 好きですね
 昨日も彼岸花を彫ってみましたが
 石の具合がどうにも悪くて
 上手くいきませんでした

投稿: 房州や | 2008年9月16日 (火) 09時34分

>少しグラデーションをつけた赤で


ノスタルジーでがんす。。。

投稿: ぶの字 | 2008年9月17日 (水) 11時22分

pcぶの字さん

もう
近くの神社の境内には
彼岸花が咲き始めていました
花は正直なもので
同じ季節が巡ってくると
ちゃんと花を咲かせます

投稿: 房州や | 2008年9月17日 (水) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彼岸花の句(その2/3) | トップページ | 彼岸花のはんこ(1) »