« はんこで思い出を | トップページ | 雨の降る日は »

2008年9月22日 (月)

草に寝ころんでいた

C028_2暑い! 

少し汗ばんだ顔から笠をすこしあげて

寝ころんでいた男はそのまま大きく伸びをした

まぶしそうな目をしてゆっくりと立ち上がった

どれくらい寝ていたのだろう

長かったような気もするし、一瞬のことのようにも感じられた

太陽はまだ頭の上だ

C026大きな入道雲が目の前に聳え立っている

「そうだ、あの雲の湧くところに行こう」

何かが誰かが待っていてくれそうなそんな気がして

男は再び歩き始めた。

C汗をかきながら、あえぎあえぎ山道を登り

チョロチョロ水音の聞こえる沢沿いの道を歩き

暗い木陰の草の生い茂る小路を

草鞋で踏み分け進み

ただC_2一鉢一笠(一衣一鉢)の日々に

感謝をしながら歩いていった

なにも持たず

何も考えず、ただ歩いていった

歩けるだけ歩けるところまで

 

size 15×15mm

純黒(印泥)に透明水彩で彩色 

|

« はんこで思い出を | トップページ | 雨の降る日は »

あの人は(托鉢僧)」カテゴリの記事

コメント

草に寝転ぶ 山頭火
雲に向かって歩く 山頭火・・・
山頭火フアンとしては たまりません

黒い印泥があるとは 知りませんでした
透明水彩で彩色の後は スキャナーですか 
それともデジカメで撮影ですか?

ワタシは スキャンしてマウスで彩色です

投稿: 山豚火 | 2008年9月22日 (月) 09時25分

art山豚火さん

>スキャナーですか

 そうです
 実は3態取り込んでいます
  ①朱泥(美麗)
  ②純黒
  ③彩色版

 印矩を使わないので
 いつも印が曲がっています


>マウスで彩色です

 移動速度は遅くしてますか?
 筆の太さだとか
 透明度だとか
 ぼけの大きさだとかで失敗する上
 マウスが滑ってしまったりで
 なかなか上手くいきません
 
 

投稿: 房州や | 2008年9月22日 (月) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はんこで思い出を | トップページ | 雨の降る日は »