« 彼岸花のはんこ(3) | トップページ | 暖かい日には »

2008年9月19日 (金)

彼岸花のはんこ(4)

PhotoPhoto_2Photo_4Photo_3

彼岸花のはんこ(4)

 最終回

 

ここまで一週間続いたので

続けてみてくれた人は少々飽きてきた頃でしょうか?

1.彼岸花を黒で背景を彼岸花の赤であらわして見ました、砂交じりの石が硬くて

  刃が立ちません、何度が砥石で研いで彫りましたがボロボロに仕上がりました

  (篆刻刀もボロボロ)これも味だと思えば良し、

2.横になって向こうの彼岸花の群生を眺めているのは誰でしょうか

 (1)に登場したはんこと  同じタッチで彫ってみました

3.どこに向かっていくのか、彼岸花の向こうにあの男は

4.花を固まりにして、彼岸花の特徴である雄蕊を出してみました

  小さくなって遠くへ消えていくあの男の足が見えたような気がします

 

 

ご安心下さい、毎日続いた彼岸花のはんこはこれで終わりです

 

 

彼岸花はお彼岸を待っていたかのように、これから満開になります

またきっと、今年も彼岸花のはんこをいくつか作るでしょう

でも

これから作る彼岸花のはんこは来年の彼岸花の咲く頃まで

お見せするのは取っておきましょう

 

彼岸花の咲く頃は

空は高く晴れて

風は心地よく吹き

赤トンボは飛んで

何をするにもちょうど良い季節です。

墓参りに行く方も、そうでない方も

畦道や土手に咲く真っ赤な彼岸花

目をとめて、めでてやってください。

彼岸花週間はこれにて閉幕です。

  

size  all  15×15mm

最後に本物の彼岸花を

Rimg0262 Rimg0261Rimg0251 

|

« 彼岸花のはんこ(3) | トップページ | 暖かい日には »

遊び印(その他)」カテゴリの記事

コメント

>花を固まりにして、彼岸花の特徴
 
 このジャガイモのような彼岸花
 やられた~と思いました。
 
 あの花、細かく描けば描くほど説明くさくなり、
 くどくなっていやになりました。(私の場合ですが)
 あの丸っこい彼岸花好っきゃな~。coldsweats01

投稿: 章魚庵 | 2008年9月19日 (金) 09時36分

『彼岸花のはんこ展』なかなかの見ごたえがあります。
小枝も石も それぞれに味があっていいですね。

小さな枝や石に彫った作品が とても大きな作品に見えますよ。

投稿: 山豚火 | 2008年9月19日 (金) 11時14分

art章魚庵さん

ありがとうございます
じゃがいものような彼岸花ですか

あれは
花びらを描くのが面倒なので
省略していったら
ああなっただけです
彼岸花の団体さん(群生)も
同じ手抜き工事です
本物とは似ても似つかぬものですが
なんとなく雄蕊を描けば
それらしくなりますね

投稿: 房州や | 2008年9月19日 (金) 11時37分

art山豚火さん

ここまで並べると
さすがに
見るほうはいやになるでしょう
何を見たかさえ忘れてしまうでしょう
それが狙いです
たくさん見たけど
何があったか覚えていない


次から次へと出てくる
食の不祥事ではありませんが

投稿: 房州や | 2008年9月19日 (金) 11時39分

、この度は、またまたありがとうございました。

あの、五百羅漢は圧巻ですね!

コピーありがとうございました。
額を探して、大事に飾らせていただきます。


気使いがあっちに行ったり、こっちに行ったりですが、今回はありがたくそうさせていただきます。


皆、こだわりの中で自分を探してる。
しかし、それが出来るって幸せだなぁ~と。

これからもよろしくお願い致します。

投稿: まゆまゆ | 2008年9月20日 (土) 07時23分

japaneseteaまゆまゆさん

いくつかの本は試刷りだし
五百羅漢は余りものだし
残り物ですいませんね
全て在庫一掃セールのようなもので
これで部屋も広くなりました

投稿: 房州や | 2008年9月20日 (土) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彼岸花のはんこ(3) | トップページ | 暖かい日には »