« 彼岸花の句(その3/3) | トップページ | 彼岸花のはんこ(2) »

2008年9月16日 (火)

彼岸花のはんこ(1)

118←(このはんこは登場済です) 

調子に乗って、彼岸花の消しゴム印(山頭火)の次は

石のはんこ」で彼岸花シリーズです

 C         彼岸花の咲く畦道を歩いているのは

ひょっとして探していたあの男で彼の故郷かもしれません

墓参りにでも来たのでしょうか

風のよう飄々と歩いてゆきます          

彼岸花咲いてここがわたしのねるところ

C032 彼岸花が咲いて僧形の男がいれば

あの男かと勝手に思い込んで

しまうのは悪い癖です

そういえば彼岸花の咲く土手を長いこと見つめていたのも・・・・・

勝手に想像だけが膨らんできます

今回は彼岸花シリーズと言うことで、この男を前面に押し出しているわけではありません

何故か彼岸花と合う気がして、ついつい入れてしまいます

(今回は同じタイプの彼岸花でした)

明日は「彼岸花のはんこ(2)」です

石か消しゴムかそれとも・・・

 

材料:一個85円の青田石 15×15mm に彩色

|

« 彼岸花の句(その3/3) | トップページ | 彼岸花のはんこ(2) »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

何年か前に、ひとりでふらっと 
埼玉県は日高市にある巾着田の彼岸花を見に行きました。
群生する彼岸花は見事だったけど、人も車も多いこと。

ひっそりと咲く場所で、かの僧の後ろ姿とともに見たいものです。

投稿: 峰猫 | 2008年9月16日 (火) 11時48分

cat峰猫さん

巾着田は映像でしか知りませんが
きれいなんでしょ
有名なところは人が多いから
今年も田舎巡りとするか

投稿: 房州や | 2008年9月16日 (火) 13時13分

巾着田のすぐ傍には
国道?を挟んで
日和田山
子供の足で3,40分
当時は出来たてのサンシャインビルが見えました
今は?
30年位前の10月10日
青空だけでなく遠くが目の前に見える空気でした
当時は彼岸花 見かけませんでした
裏を覗くとほだ木に椎茸がいっぱいの店で
生椎茸を買って帰ったっけ

投稿: 空海望 | 2008年9月16日 (火) 21時17分

房州やさまが追っかけていらっしゃるお坊さんとはどんな方なんでしょう?

投稿: emem | 2008年9月17日 (水) 01時14分

空海望さん ememさんへ

night空海望さん

サンシャインが見えてましたか
今でも見えるのではないでしょうか?
(行ったこともないのに)
空気が汚れて見えなくなってダメかな
それとも手前に高いビルが建ったかな
それにしても都会には高いビルが増えましたね


nightememさん

>お坊さんとはどんな方なんでしょう?

 よく判らないんです
 若いのか年寄りなのか
 どこに住み何をしているのか
 故郷はどこなのか
 独身なのか妻子はあるのか
 風貌は趣味は何なのか
 ・・・・
 よく判らないんです
 今判っているのは
 僧の形をして
 乞食行をしながら
 一人で歩いていることだけです

 という設定です

投稿: 房州や | 2008年9月17日 (水) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彼岸花の句(その3/3) | トップページ | 彼岸花のはんこ(2) »