« 秋風ふく | トップページ | 和綴じ(その3)待機中 »

2008年9月30日 (火)

和綴じ(その2)いろいろ

いいかげんな「和綴じ本」の数々を

いや「和綴じもどき(?)」と言ったほうが良いのか

①はんこを作ると②はんこがたまる③同時にはんこを捺した紙もたまる

④たまった紙を捨てるのももったいない⑤ただ積み重ねておくのもかわいそう

ということで、はんこの捺印原本で、和綴じの知識もないまま

「和綴じもどき本」を時々作っています

作り始めるまでがなかなかで、たくさんは出来ません

  

Photo_2 

1.サイズは半紙の1/4です

  ①表題に「遊び印」とあるように(読めますか?)

     いろんなはんこの見本の本です

     お地蔵さん・羅漢さん・仏さま

     千手観音・魚・草花・動物

     人間エトセトラエトセトラ・・・・・

  

※左下隅は1円玉(2cm)で大きさを想像してください

  

Dsc_00992.サイズ見本のように並べてみました

  余白をあるサイズを取ろうとしたら

  残った紙がでて、もったいないので

  小さな和綴じ本を作ってみました

  小さいとポケット入れ簡単に持ち運び出来ます

  

Photo_3 3.変型判です(一度登場してます)

  六地蔵を整理するため敢えて

  横長変形に纏めてみました

  たくさん作って、会葬御礼にでもしようかと

  思っているのですが、なかなか出来ません

  

Photo_4 4.一番新しい豆和綴じもどきです

  まだ表紙もついていません

  中身は五百羅漢さんです

  五百羅漢さんを7冊に収めました

  大きさは 65×55mm位です(印は15ミリ角)

71~72の羅漢さんが1冊に入っています

印譜専用の紙(習字の半紙)ではないこと袋状に綴じてますので厚さが厚くなります

これで 15mm位の厚さになっています

|

« 秋風ふく | トップページ | 和綴じ(その3)待機中 »

はんこの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋風ふく | トップページ | 和綴じ(その3)待機中 »