« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

どこへなにを

111 東京駅で買ったもの

1)駅弁に缶ビールにお茶・・・列車の旅の必需品

2)阿修羅像の表紙に引かれて買った「サライ」

デイバッグの中の荷物

1)着替え・・・連泊では洗濯を

2)洗面用具・・・宿の歯ブラシ・カミソリは使いません

3)折りたたみ傘・・・これも必需品

4)はんこ用具(刀×1、石×10個、小さなスタンプ×1)

  

112入場料を払ったところ

1)河井寛次郎さんちは雨の中、いったり来たり休んだり

2)国立京都博物館(好きな坂本竜馬の手紙が多数展示されていました)で雨宿り、公園も考える人も通りすがりに、チラッと見ただけです

3)三十三間堂で千手観音他にであいました

4)島津製作所記念館・・・ノーベル賞の田中さん

5)松本清張記念館・・・旧い北九州が見られます、もちろん清張の作品の数々

外からあるいは無料の場所

1)木屋町通り(高瀬川)を雨に濡れての散歩・・・京都の街中では好きな散歩道です、夜もまたよし

2)御所周辺・・・広くて静かです、砂利で歩きにくいのが欠点、萩の神社はもう少し

3)方広寺(徳川方がインネンをつけた鐘のある)・・・豊国神社のお隣です

4)耳塚:秀吉の朝鮮攻めの時に持ち帰った耳・鼻を供養したものです

5)白川・巽橋で舞妓さんを発見、舞妓さんの似合う場所です

6)森鴎外旧居:歓楽街の真ん中で一箇所だけ静かです

7)門司港レトロタウンで焼きカレーと地ビール:海を見ながらの昼食にビールは良いものです

8)小倉城:リバーウォークとの対比が奇妙で

9)電車の中からスペースワールド:入場者が少なくて、コースタース好きは何度でも楽しめそうです

はんこはいつ作ったの

1)公園の屋根付き休憩所で:雨降りなので誰もいません

2)ホテルで:夕食後、時々テレビを見ながら、小さな机の上で彫りました

3)新幹線の中で:隣の席に誰もいないときに、こそこそと彫りました

4)全部で10個彫りました、半分は出発前に絵を描いてました、残り半分は旅の途中で、絵を描いて(と言っても描きなれているお地蔵さんですが)、まだ、彫りを修正してません、修正後色付けをしたらブログにいくつかを載せますので

お楽しみに

                

| | コメント (5)

昨日も雨

054 ちょっとお休みを頂きましたが

元気に戻ってきました

外を見ると今日も雨、出かけている間は毎日毎日雨でした

  

055出かけようとすると雨

止んだかと思うとまた雨が

笠を(傘を)手離せない一週間となりました

  

056それでも雨の中を出かけましたが

計画していたところへは殆ど行かず

宿の周辺をぶらぶらしていました

  

057大粒の雨に降られながらも、雨もまたよしと思いながら

幸いなことに、交通機関の乱れには2~3度しか遭わず

本を読んだり、はんこを彫ったりする時間を持つことが出来ました

 

C帰ってきても、雨の影響で、まだ稲刈りは終わっていませんでした

今朝の田んぼは、雨で稲穂が重くうなだれているように見えます

機会があれば、旅の話と、作ったはんこを載せていこうと

思います

原寸:15×15mm

印材:青田石・巴林石

| | コメント (2)

2008年8月21日 (木)

来週はのんびりと

CC028来週はのんびりとさせて頂きます

石峰寺の五百羅漢に会いに京都へ行って

その後、北九州へ行ってきますので

しばらく更新はお休みさせて頂きます。

ゆっくり休んで、月を見るもよし寝るもよしです

雨もよし

風もよし

晴またよし

休みま~す。

size 15×15mm

印材:青田石   

| | コメント (5)

2008年8月18日 (月)

良寛さんのうたを

022_3

和歌の印を適当に加減に散らしてますので

読みにくいかも知れませんがご容赦を

何年か前に 良寛さんのうたを彫ったものです

六面に彫ったうちの四面をほぼ実物大で載せています020_3

山頭火さんと同じように良寛さんも好きな人の一人で

気が向いたときに、漢詩や和歌を彫って遊んでいます

面一杯に文字を埋めてみました

016

まだ柏崎には行ってませんがいつか訪ねてみたいと思っています

この「つきてみよ・・・・・」は正方形でも彫っています

 前と後ろをわけたり 

019

手鞠の絵を入れたりして遊んではいますが

字を彫るのが苦手でなかなか上手く行きません

今度は良い石が手に入ったら

再挑戦してみようかと思っています

| | コメント (0)

2008年8月15日 (金)

祈り

今日は両手を合わせ祈ります

018

| | コメント (6)

2008年8月12日 (火)

何年か前の旅はイラン

Iran

←キュロス大王2世のお墓のある、世界遺産パサルダガエの

謁見の間は草原の中でした。広い草原のあちこちに

乳白色の大理石の柱が立っていました。

草原には色々な色の小さな花が咲き乱れて

Iran_2

とても美しい光景でした。

←ペルセポリスは雨模様の中で、灰色の雲が空を覆っていました

足元は前夜からの雨でぬかるんで、とても歩きにくかったことを

覚えています。

百柱の間(?)に向かう門です

日本に来たことのあるイラン人と丘の上で、話をしました

Iran_3 ←イラン北西部の遺跡ゼンダーネスレイマンは

風の強い丘です、丘の頂上には大きな穴があり

岩の隙間から覗き込みます

遠くまで見渡せる丘でした。

イランでは多くの遺跡・町を訪問しました

テヘラン・ケルマン・バム・ヤズド・エスファハーン・パサルダガエ・シラーズ・ブーシェフル・

アバダーン・チョーガーザンビル・ケルマンシャー・タカブ・タブリズ・アスタラ・マースレー・・・

それぞれの町で遺跡で1~2枚づつスケッチしましたが

全部に色をつけることは出来ませんでした

| | コメント (4)

2008年8月10日 (日)

はんこのミニ本

Dsc_0091

随分前に

試作したまま進まなかった本作りが

数冊ですが出来ました、散々なできばえですが、記念にはなります

1.歩き遍路の旅

2.山頭火の旅

3.山頭火の句(消しゴムはんこ)

4.微笑みの仏さま

5.山頭火の俳句(小枝)

6.千手観音さま

7.魚が空を飛んだ日

の7種です。

表紙も色々な紙を試しながら、色々な綴じ方を試しながらのものなので、

とりあえず満足です

Dsc_0087_2

 

 

 

 

上段は表紙

下段は内容の一部です(小さいので拡大してみてください)

はんこの順番を考え

文章を少しだけ考え

カラーにしたり、モノクロにしたりして

和紙風のプリンター用紙に印刷してます

結構面倒くさくて一冊だけでやめようかと思いましたが、なかなか上手くできず

数冊作る羽目になりました。

反省

1.根気強くないと同じものは出来ない

2.手を抜いては良いものは出来ない

3.プリンター印刷は必ずしもまっすぐに印刷されない 

4.カッターでの裁断はまっすぐにはいかない(厚い場合は裁断機が必要か) 

5.その他色々反省点は多い 

6.それでも遠目には本のように見える

小さな本は80×80mm(文庫本の半分くらいの本)

大きな本は130×105mm(文庫本よりひと回り小さな本)

| | コメント (5)

お地蔵さん・春夏秋冬

 C046 

お地蔵さんの春夏秋冬で遊んでみました

高校野球は2回戦が始まり

北京オリンピックも競技開始しました

毎日暑い日が続いてますが

  

C044 春はやはり桜でしょうということで

桜の花びらを散らしてみました

4月の頃はこうでしたが

今は朝は「あさがお」の花が咲き

昼間は「蝉の声」が暑さをよけいに感じさせ

C042 お地蔵さんも向日葵畑の中で

笠を被らずにはいられません

青い空に入道雲がもくもくと

湧いてきて、暑くてめまいがするほどです

こころなしかお地蔵さんも汗をかいているようです

C040_2 当地では8月の下旬には稲刈りが始まります

そして、畦道を真っ赤に燃やすのが

彼岸花です、その怪しい花の色・形や

お墓に咲いていることも多いため、嫌う人もいますが

私はコスモスと並んで秋の代表の花にしたいくらいです

C038 こんなに雪が降ることはありませんので

想像の世界です、トルコのネムルート山の石像のイメージです

寒々とした灰色の空の下に、雪に埋もれかけた

お地蔵さんが春の来るのを祈っています

とまあ、今回のお地蔵さんの四季は、汗を滴らせながら

短時間で彫り彩色したのですが、四季を感じられたでしょうか?

なお、今が夏なので2つ彫りました

  

  

サイズ:15×15mm

彩色は水彩絵の具(透明色)

 

 

| | コメント (4)

2008年8月 2日 (土)

働く姿(その3)

Photo働く人は美しい

働くシリーズ第三弾です

リクエストにお答えして、絵を変更し拡大したものを出すことにしました

*左:拡大*右:ほぼ原寸大

左の上から

1)植え終えたばかりの田んぼを眺めて一休みです、五月の風が心地よく吹き

  水をキラキラ光らせて過ぎてゆきます

2) 夕暮れの道を、仲良しの二人が、何やら楽しそうに話しながら過ぎてゆきます

3)「留めさんや」「なんだい亀さん」とでも話をしているのでしょうか

4)朝市で見かけたおばあちゃんです。毛糸の帽子を被り、首には襟巻き、ベストを着て

右の上から

5)6)田植え姿です、今は若い穂も出て、風が光ながら伝わってゆくのがわかります

7)今月末には稲刈りが始まります、トントンと揃えて、器用にクルリと縛ってポンと

8)収穫した野菜をきれいな流れで洗っています、夕食のおかずは何でしょうか

size 15×15mm & 18×18mm

| | コメント (6)

ミニ色紙・ミニ短冊

01446 消しゴムではんこを作り

ミニ色紙やミニ短冊に捺して

サインペンで文字を書いたものです

・短冊には「アネモネ」

・色紙には「その辺の草たち」

まだ、色紙が残っているということは

消しゴム印をもっと作る気で

いたようですが

今では、消しゴム印を色紙に捺すなんて考えもしなくなりました

玄関にはこの手のものが飾りっぱなしになっています

こうやって見てみると、はんこも文字も含めて恥ずかしさもあり懐かしさもありです

昔の作品を訪ねて・・・・何を知る

 

真ん中の定規で大きさを見てください。

| | コメント (2)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »