« 公募展 | トップページ | 遍路:前回まで »

2008年6月22日 (日)

麦藁帽子で

016_2 麦藁帽子を被って

丁寧に苗を植えていく

時々、泥に足をとられて、少しよろつく

藁束を背中にしょって

夕焼けの畦道を家に帰る

痛い腰をとんとん叩きながら

発泡スチロールの箱を丁寧に

積み直し、ブルーシートを上からかけて

行商のおばあさんはリヤカーを引いて

いつもの通りを売り歩く

|

« 公募展 | トップページ | 遍路:前回まで »

遊び印(その他)」カテゴリの記事

コメント

田植えの様子は、うちの近所の情景そのまま~です。
それをはんこで表現するってすごいですね。

投稿: emem | 2008年6月22日 (日) 21時09分

そうだわ。
日本の女性は昔から働き者だったんです。
千葉辺りから、ものすごい荷物を背負って
総武線で行商にくるたくましい女性たち
ついこのあいだまでよく見かけました。
はんこのおばさんたちを見てふとなつかしく
思い出しましたsweat02

24日は行かれませんが、どの日にかは拝見に・・wink

投稿: ひろみママ | 2008年6月22日 (日) 21時25分

snailememさん

そうですか
こんな風景が見られますか
今はあんなに細かった苗も
しっかり育ち、濃い緑に育ってます

snailひろみママさん

朝早い電車はカンカン電車と呼ばれたくらい
おばさんたちが3つも4つも大きなカンカンを
持って乗っているのを何度か見ました
途中でお客さんに頼まれたものを品物を交換しながら
そんなおばさんたちが
東京の下町に行っていたのだと思います

そんなおばさんたち
今は何をしているのでしょうか

投稿: 房州や | 2008年6月23日 (月) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公募展 | トップページ | 遍路:前回まで »