« 遍路:最終章③感謝 | トップページ | 東京都美術館4棟2F »

2008年6月27日 (金)

数日後

025 どうやらまだこの町にいたようです、あれから幾日かが過ぎ

町で托鉢をする男の姿が見られました

小さな女の子の小さな手から小銭をいただく

墨染衣の男は腰をかがめて嬉しそうな様子です

女の子はその男の手を握り026 

歩き始めます、嬉しそうに歌を歌いながら

男も久しぶりに声を出して歌いながら

歩いていました

あの寺でもう一度修行を行っているのかもしれません

028体も心も休めているのかも知れません

和尚は「うむ」と言っただけのようです

男はいつまでいるとも言ってないそうです

またふらっといなくなっている、そんな気がします

|

« 遍路:最終章③感謝 | トップページ | 東京都美術館4棟2F »

あの人は(托鉢僧)」カテゴリの記事

コメント

今日、母と上野に行ってきました。train
受付で名前を書くとき、「出品者のお知り合いでしたらその方の名前もお書きください」と言われて、「房州やさん」と書いたら、「房州やさんというと、s…さんですか」と言われたので、「さあ。ご本名は知りません」と答えました。
作品を見つけて、名前を見たら、s…さんじゃありませんでした。coldsweats01


房州やさんの作品、すごいゲイジツだと思うのですが、章魚庵さんも書いていたように、めくりにくいっsign01bearing

ひとつひとつ、少しずつ違ったポーズや表情のお坊さんのハンコがいっぱい捺してあるのなど、たいしたもんだとタメ息が出ます。

そして、母も私も、読めませんでしたが、(どう読んだらよいのやら)
ナントカ賞、受賞おめでとうございます。bell

投稿: 峰猫 | 2008年6月27日 (金) 23時02分

これ見て読んでると、、、
ま またおいらの心が、、、

また勝手に旅にでちゃうぅぅぅ、、、

投稿: たけちゃん | 2008年6月28日 (土) 11時31分

ナントカ賞というのを受けられたのですね?!
おめでとうございます。


< 歩きたくなったら 歩く それがわたし >

投稿: 森のどんぐり屋 | 2008年6月28日 (土) 13時46分

cat峰猫さん

遠路わざわざおかあさまとご一緒で
ありがとうございました
「コロー」「パリの・・・」は行かれましたか
反省1:ホントにめくりにくかったですね
    ゴメンなさい
    もっと細い金具があるつもりで
    作ったもので
    ホントにゴメン
賞:これはキット仲間の審査員の「力」ではないかと
  賞といっても 展覧会のスポンサーの賞ですから


happy01たけちゃん

思い立った時が
行動する時です
さあ
少々のお金をポケットに入れて
出かけましょう

camera森のどんぐり屋さん

なんとか賞の賞状と副賞は友人に受け取りを依頼しました
遊びに賞はないでしょう

次回で
一旦、旅は終わらせようと思ってます
残ったはんこを一覧できるように
出すつもりですが
落ち着いたら
旅の僧の調査結果を
お知らせするつもりです

取り敢えずの最終回は
7月4日の予定です

投稿: 房州や | 2008年6月28日 (土) 20時30分

東京都美術館に行った話を、ブログに書かせていただきました。happy01

ところで展示してあったハンコはどれも実物大ですよね。
縮小印刷? と思うかもしれないので、次回は実物のハンコももっと展示してもらえたら~と思います。

投稿: 峰猫 | 2008年6月29日 (日) 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路:最終章③感謝 | トップページ | 東京都美術館4棟2F »