« 筆を持った? | トップページ | 肥後の守 »

2008年6月 7日 (土)

まどろんでいる間に

018 うとうと

まどろんでいる間に

いろんなことを思い出していました

雪がちらつく中を

歩いたことや

019 雨の激しく降る中を

笠の中も

下着までもびしょ濡れに

なって歩いたこと

それから

020汗びっしょりに

なって歩いた炎天下の

埃っぽい野中の道で

休んだ畑中の木陰

夾竹桃の赤い花

022 ゆったりと流れていく

雲をなんとなく見ていたことを

ひとつづつひとつづつ

思い出していました

目が覚めてあたりを見回し

021恥かしそうに笑って お地蔵さんに

真っ白な野の百合を一本だけ

置いて、

ゆっくりとゆっくりと

歩き始めました

どこに行くのかと声をかけようとしましたが

出来ませんでした

|

« 筆を持った? | トップページ | 肥後の守 »

あの人は(托鉢僧)」カテゴリの記事

コメント

今回も

お話しとハンコウの見事さに感服しました。

一日も早く 形の有るものになって 残される事を

待っています。 (オネゲーシヤス)

投稿: まんぼう | 2008年6月 8日 (日) 00時22分

近くて遠い・遠くて近い異空間に、かの托鉢僧が居るような気がしてきました。
通り過ぎてしまうようでいて、いつも居る。
居るようでいて、すぐに通り過ぎてしまう。

昔々から憧れていたスナフキンのよう。heart02

投稿: 峰猫 | 2008年6月 8日 (日) 13時46分

piscesまんぼうさん

みんなが忘れた頃に
私が思い出して
みんなが忘れた頃に
作り始め
私も忘れてしまう

そんな頃にあの僧に会いましょう

cat峰猫さん

ふうっと現れて
ふうっと消えて
そんな風に終わるのでは
ないでしょうか

これらの「はんこ」で
物語にするつもりは
まったくなく
作ったときの思いとは別に
動き出している感じです


スナフキンの帽子も好きです

投稿: 房州や | 2008年6月 8日 (日) 17時46分

雪とともに往き
雨とともに往き
お日様とともに往き
雲とともに往く
なすがままに
なされるままに、、、

スナフキンは風。。。

投稿: ぶの字 | 2008年6月10日 (火) 15時52分

cloudぶの字さん

そうやって
自然に
自然体で
往きたいものです

風になりたや・・・
風にはこばれる雲になりたや・・・

投稿: 房州や | 2008年6月10日 (火) 16時34分

あれも夢 これも夢とて また歩く

投稿: 森のどんぐり屋 | 2008年6月10日 (火) 20時20分

bud森のどんぐり屋さん

ひたすら歩くことが
食べるものを得ることが
厳しい修行
かの僧は
乞食行を今日も続ける


投稿: 房州や | 2008年6月10日 (火) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 筆を持った? | トップページ | 肥後の守 »