« 遍路:最終章①やさしくなれる | トップページ | 遍路:最終章③感謝 »

2008年6月26日 (木)

遍路:最終章②親切

001_5001_6   

遍路最終章②

多くの札所を訪ね

多くの仏様に会います

境内は近所の皆さんによって、みんな綺麗に掃除されて気持ちよく参拝することが出来ます

山門の横・境内のベンチを借りて、お昼をいただくこともありました。

ご本尊様だけでなく、優しいお顔をしたお地蔵さん、いろんな姿の羅漢さん

ずらっと並んでいる野の仏たちに会えるのもうれしいことです。

なんとなく会話をしたい気持ちになるのはそんな仏たちです。

 伊予路の前半は山の中後半は町の中です

いくつもの峠を越えた後、大宝寺・岩屋寺に向かったのは大雨の中でした

厚い雲からポツリポツリと降りだした雨は、峠にとりつく前に、本降りに変りました

ポンチョをすっぽり被り濡れた山道をすべりそうになりながら歩きます

霧につつまれて、遠くはかすんで見えません

汗と雨でびしょ濡れになって参拝を済ませ、冷えきった体を宿の温泉で温めることが

出来たのは夕方になっていました

 その日は運よく、何度もすれ違って声を掛け合っていた、遍路仲間を再会しました

 夕食を一緒に食べ、連絡先を交換し再会を約束しました

 (時候の挨拶・年賀・メールの交換等を続けています)

***

 外国の人にも会います

 遍路をしています、カタコトの日本語とカタコトの英語で情報交換です

 今日の宿は?、食事はどうでした?、〇〇は見ましたか?

 「またどこかで会いましょう」と言って別れます

***

松山は俳人山頭火の草庵のあった町、コース上にある以上寄らずにはいられません

山頭火に訪問の挨拶を済ませた後に破れて水の浸み込むようになっていた靴を購入のため街中へ靴探しに出かけました

古い靴に感謝しさようなら、新しい靴に履き替え気分も新たに歩き始めます

遍路の仲間に進められた「仙遊寺」に泊まり、温泉と夕景を楽しむことにしました

が、夕方から雨です、でも残念ではありませんでした、ここでも、途中で何度もすれ違い〃宿に泊まりいろんな話をしていた遍路仲間に再会できたのです

伊予の国は「菩提の道場」であるとともに再会の場でもありました

(彼とはこれから先、結願までに何度となく会っては別れの繰り返しでした)

遍路最後の宿は志度寺の近くに取りました、もうひとつ先まで充分歩けたのですが

どうしても「平賀源内」の記念館に行って見たかったので、この地を遍路最後の宿と決めました

結願の日は、お天気もよく、宿のお接待のお弁当を頂き歩き始めました

足も軽く天気にも恵まれ、順調に進みすぎです

あと数時間で36日間歩いてきた遍路が終わるのです

最後の最後までお接待も受けました、坂道を歩いていると、老夫婦の軽自動車が

停まり、おばあさんが降りてきて、「飴一袋」「ドリンク一瓶」を渡してくれました

感謝して受取り、近くの「お遍路交流サロン」で最後の大休憩をして飴を5~6個ポケットに入れ、残りは次に来る遍路のために交流サロンに置いていきます、頂いたものは、私一人のものではなく遍路みんなのものです

山を越えて88番札所についてのはお昼ちょっとすぎ、淡々と参拝を済ませ

いつものように御朱印を頂き、ようやく終わった遍路ですが

「ヤッター!」と声に出すこともなく、飛び上がるほどの興奮もなく、

「終わったんだ」そう思っただけでした、もっと歩きたい、そう思ったのも事実です

もしかしたら、そちらのほうが大きかったのかも知れません。

「バスがもうすぐ出ますが、どうします」と声をかけて来たのは

顔見知りのお遍路さんです、

コミニュティバス → 高速バス → JRと乗り継いで

その夜は京都のホテルに泊まってしまいました

最後はあわただしく、結願の感慨を味わうこともなく

37日間の私の遍路は終わりましたが

今でも懐かしく思い出されます、修行にはなりませんでしたが

良かったことが二つ、

ひとつめは多くの遍路の知り合いが出来ました

ふたつめは四国の人の優しさ親切さを知りました

|

« 遍路:最終章①やさしくなれる | トップページ | 遍路:最終章③感謝 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

行って来ました。
M.N.さんというのかK.N.さんというのか?

投稿: 空海望 | 2008年6月26日 (木) 15時05分

>四国の人の優しさ親切さを知りました
 
 四国人を離れて久しいけど…嬉しいなー

昨日、上野行ってきました。にぎやかな展覧会でした。
ハンコ勝負の房州やさんの作品がこの展覧会の王道のような気がしました。ちょっと文句を言うなら、ページめくるのが
引っかかって開けずらかったヨ~。パンチ穴もう少し大きくして~ でも楽しい展覧会でした。
happy01

投稿: 章魚庵 | 2008年6月27日 (金) 06時45分

章魚庵 ニアミスだった?
残念!

投稿: 空海望 | 2008年6月27日 (金) 20時35分

展覧会ご盛況おめでとうございます。出来ればいきたいです。
「平賀源内記念館」行かれましたか?
彼ってすごい人ですね~・・・本当に時代がもっと違っていたらもっと大変な発明発見創作してたでしょうね。

(四国には行ったことのない私)

投稿: emem | 2008年6月28日 (土) 01時43分

空海望さん 章魚庵さん ememさん

遠いところ来て下さりありがとうございます
「はんこ」そのもので遊んでいるものは
少ないと思います
じっくり見てくださる人も少なかったようです

向かいに展示されていた「天魚さん」とも
話したのですが
今回は
好きな人に見ていただければそれでいい

と言うことで展示しました

反省その1
急なことで
二つ穴パンチに合う大きさの金具がなくて
動きにくかったですね 
申し訳ありません

反省その2
私は実物大にコメント入り
天魚さんは拡大+実寸
統一性がなかったですね

これに懲りずに
また来てください

(ememさん)
源内さん
生まれてくるのが早すぎた天才です
記念館の展示内容は大したことは
ないのですが
良い町です
是非四国へお出かけ下さい

投稿: 房州や | 2008年6月28日 (土) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路:最終章①やさしくなれる | トップページ | 遍路:最終章③感謝 »