« 仏たちの手 | トップページ | あの托鉢僧は・・・ »

2008年5月16日 (金)

丸太の薄切り

2000年の年賀状のために彫った木口版画です               

2000_2

*丸太の輪切りに彫った

版画です。

「けふもいちにち

風を あるいてきた」

  山頭火の句です

以来、年賀状は木口版画に

なっています。

それまでは、普通の板版画でしたが、何か新しいものをと考えていたとき、某ハンズで見つけた薄切りの丸太でした

それ以来、お正月は色のない

墨一色の版画に決めています、なんとなくそう決めています

木口は彫りにくいのですが

丸太の形が毎年異なるので、面白さもそれなりにあると思っていますが

どうですか?

あなたもやってみたくはありませんか?

山が赤くなってくると、さて、年賀状は山頭火のどの句にしようかと考え始めます

それからデザインを考えますが、ここが一番難しい

最近は桜の丸太で作ってますが、在庫も少なくなりました

私の存在証明の年賀状は木口版画で今年も出せるのか

ちょっと早い年末の遊びの紹介でした。

|

« 仏たちの手 | トップページ | あの托鉢僧は・・・ »

木口はんが」カテゴリの記事

コメント

房州やさん、すごいマメなブログ更新してますね!

木も一つと同じ形のものは無いと思います。
そのたった一つの木の切り口を楽しめる作品ですね。


版画って、小学校でやった依頼だと思うけど、考えてみれば、一つの大作を色などの組み合わせで幾つにも表現できるすぐれものですね。


消しゴムハンコウやってみようかな。

章魚庵さん、房州やさんそれぞれに個性があって、これからも楽しみです。

お互いの技を磨いて欲しいな!

投稿: まゆまゆ | 2008年5月17日 (土) 07時49分

房州やさん

消しゴム買ってきました。

太いペンで、下書きして

デザイン・カッターで削るんですね。

やってみます。

絵心が無くても、出来るカットを探してね。

師匠 宜しくお願いします。

投稿: まんぼう | 2008年5月18日 (日) 01時48分

happy01まゆまゆさん

志功さんの版画(板画)はあこがれですが
私は志功さんではありません
版画の経験もほとんどありません
それでも
年賀状のこの木口版画は好きです
多分もう少し
続けるでしょう

投稿: 房州や | 2008年5月18日 (日) 18時20分

まんぼうさん

私の場合

初めのうちはこのようにしました
1)普通の紙に彫りたいはんこの「絵」又は「字」を書いて
  もちろん、はんこの大きさにで
2)それをトレーシングでなぞり
3)裏返しになるように
  消しゴムに乗せ、上から丸みを帯びたもので
  こすって、消しゴムに転写します
4)最初のうちは、彫刻刀が良いと思います
  当然、線もややふとめにして
  彫るのが良いと思います
5)慣れてきたら、デザインナイフ等を使ってみるほうが
  良いと思います

ちょっと前ですが「ナンシー関」のヒノデワシの版画消しゴムが
初めての人には彫りやすいと思いますよ

「夢見るへなちょこはんこ」
http://blog.goo.ne.jp/hena_213
「山田泰幸の消しゴムスタンプ」
http://www.ccrjapan.com/hanga/

等を参考にすると良いでしょう

投稿: 房州や | 2008年5月18日 (日) 18時32分

一言・・・・・・震えちゃいました!!!

投稿: わか | 2008年5月18日 (日) 20時35分

面白い所に目をつけられましたね。
木は同じ輪郭がないので楽しいと思います。
でも、確かに掘るのは大変でしょうね、年輪がありますものね。
来年はお年賀状を下さいね!!

がはは!! (どこかでオニが笑っている)

投稿: 森のどんぐり屋 | 2008年5月18日 (日) 21時07分

オウッ コメント見てなかった。

房州やさん
こんばんは
実は、消しゴム一っ個 無駄にしました。

昼間 デザインカッターで彫ろうとしましたが…。

凹みの部分が上手く削れません。

ちょっとイラッ!として DIY量販店に走り

ジャーン「ミニルーター」(電動削り器)を購入して来ました。

ところが…。今度はゴムが引っ張られ凸の部分を削ってしまいます。

ぐーっ 手も足も出ない!

そっかー 彫刻刀ね♪ 線を太くね♪ よっしゃー復活したぞ

明日からの楽しみが出来た。

暫らくはブログ更新しないで、彫り師になろっ

なんて、すぐ挫折するんだろーなー

うっ 何を彫るかは内緒です。

恥ずかしいから…。

「犬」を彫ったつもりが、どう見ても「牛」「豚」だったりね。

投稿: まんぼう | 2008年5月19日 (月) 00時51分

movieわかさん

わかさん宛ての年賀状は
翌年からでしたね
年によっては2~3個作っていましたので
その後13個程作ってます
年に1回の楽しみであり
季節を感じる行事でもあります

投稿: 房州や | 2008年5月19日 (月) 12時37分

clover森のどんぐり屋さんへ

確かに面白いのですが
良い材料が手に入らないのが
欠点です

来年の話は鬼が笑いますヨ
鬼はどんな顔して
どんな声で笑うのか

聞いたことがありますか

投稿: 房州や | 2008年5月19日 (月) 12時41分

piscesまんぼうさん

最初は
線は太めで
大物は狙わず(アンバランスになりがちです)
小さなものを

なにより
捺してみたいものを
作るのが良いと思います

あせらずに

投稿: 房州や | 2008年5月19日 (月) 12時45分

房州やさん

彫刻刀買って来ました。

随分上手く彫れますね。

惜しむらくは…

絵心が無いのと、不器用なもんで

もう2ケ 消しゴム無駄にしそうです。

諦めずに ゆっくりと 楽しみます。

投稿: まんぼう | 2008年5月24日 (土) 18時32分

piscesまんぼうさん

絵心なんて邪魔になるだけ
そうです
諦めず やりたいときやる
問題は楽しいかどうかです

投稿: 房州や | 2008年5月25日 (日) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仏たちの手 | トップページ | あの托鉢僧は・・・ »