« みつばちの塊(3) | トップページ | 遍路:出会い »

2008年5月22日 (木)

遍路:今日も

003 No.3

遍路道には

遍路道保存会ほかの皆様の

ご好意により、多くの道案内が

あります。

電柱等にシールが貼られ

別れ道には道しるべが設置されて

初めての遍路でも安心して

歩けます、前後に歩く人もなく

道しるべもなくなると急に不安に

なります、特に雨の山中だと

そんな時、案内標識が出てくると

ホッとします。

昔は厳しい遍路ではなかったでしょうか、何度か遍路途上で亡くなられた人の供養碑を見ました。

当時の人の苦労と最後を看取った

地元の人の優しさを感じます。

暑い日は汗をかき、雨の日は雨に濡れ、アスファルトの道路を歩き、山の泥濘を歩き

風に吹かれながら、今日も一歩一歩歩いていきます。

歩いているとだんだん考えなくなります、余分なことは考えなくなるのだと思うのですが

よくわかりません、今日も歩きます、次の札所までそして次の宿まで

|

« みつばちの塊(3) | トップページ | 遍路:出会い »

遍路」カテゴリの記事

コメント

えー お遍路さんって ヘロヘロになるから 
おへんろって言うのぉ

などと突っ込み入れる す ス すきがない
( ̄▽ ̄;)!!ガーン

投稿: ぶの字 | 2008年5月22日 (木) 08時15分

ガキのころは、お遍路さんを「ヘンド、ヘンド」(遍奴?)と
言ったりして、からかったりしておりましたが……
罰当たりなことで御座いました。

この前の「うみがめ荘」のあたりのことですが、
あのあたりに、ウチのおばさんが住んでまして、うみがめ荘も
博物館も無いころで、海亀は大浜海岸にあった中学校で飼ってまして、おばさんちに行くとその海亀を見に行くのが楽しみでありました。


投稿: 章魚庵 | 2008年5月22日 (木) 09時31分

eyeglassぶの字さん

ヘンロヘンロになって倒れそうな
オーへんろさんは見たことはないです
かたつむりみたいな歩みの人は見ましたが
疲れているはずの後半のほうが
みんな元気になるのは不思議です

遍路の関所がいくつかあります
歩き始めて3日目12番焼山寺が最初の遍路ころがし
ここでヘロヘロになって断念する人がいると聞きました
次は20番鶴林寺への登りが2回目の遍路ころがし
これを無事通過できた人はもう大丈夫
でも60番横峰寺が最後の遍路ころがしとして
待ち受けています

投稿: 房州や | 2008年5月22日 (木) 12時48分

eyeglass章魚庵さん

大浜海岸への亀の上陸は激減しているそうです

地元の人の話では
由岐の由井の浜にも昔は上陸したそうですが
今は殆ど来ないそうです
由岐から山座峠を越えた恵比須浜も同様だそうです

唯一わずかでも上陸してくる大浜海岸は
綺麗な砂浜と綺麗な水がありました
ウミガメ上陸産卵のために
夜は明かりがありません
当然花火なども禁止です
昼間も犬の散歩も禁止になってます


投稿: 房州や | 2008年5月22日 (木) 13時01分

お遍路さんを題材にしたテレビ、映画ドラマ、小説、たくさんありますね。
人生の物語があってもなくても、人それぞれに歩くのだろうなと思っています。
お接待のこともよく聞きます。
美しい、日本人の心ですね。
このさき、私も房州やさんの背中にくっついてお遍路旅を楽しみに読ませていただきますね。

投稿: ひろみママ | 2008年5月22日 (木) 21時18分

sunひろみママさん

きっと人それぞれに何かを抱えて歩くのでしょう
私の場合は、そんなものはまったくなく
ただ歩くためだけだったのではと
いまでもそう思っています

今でもお接待の精神の残る
四国遍路道は世界文化遺産に
登録してもおかしくはありません

ちいさな変形のはんこでつづる
遍路旅はあと4回です
少しでも楽しんでいただければ
幸いです

では明日号をお楽しみに

投稿: 房州や | 2008年5月22日 (木) 22時22分

実際に歩いて札所をめぐるって、すごいですねー
今は車で行かれる人もいるとか・・・・

ご自分の足で一歩一歩進んで行くことに意義があるのでしょうね。
これからも楽しみにしています。

(前回、初めて訪問したのに挨拶もせず、失礼しました~
ememと申します  よろしくお願いします)


投稿: emem | 2008年5月23日 (金) 02時02分

t-shirtememさん

ようこそ
いろんな部屋がありますので
何度も来て下さい
そしていろんな部屋を覗いていってください

バスツアーの団体が一番多かったですね
歩くのが難しくなったら便利かもしれません
次はマイカー

歩いている人も何人もいましたが
ベストシーズンではないので
そう多くはありませんでした
通しで歩き遍路をする人は少ないと思います

いっぺんに多くの時間が取れない人は
区切り打ちといって一週間とか
一県だけとかに分けて歩いている人もいます

歩き遍路が一番贅沢かもしれません
多くの時間とたくさんのお金をかけて
ゆっくりと巡るんですから

投稿: 房州や | 2008年5月23日 (金) 06時37分

まさに
房州やさんが感じた「なにも考えない」時間が欲しくて

バスや自動車も良いのですが

徒歩か自転車で巡りたいですね。

八十八箇所全て巡る事を目的にして 一つ一つ巡る

行ける内に是非

投稿: まんぼう | 2008年5月24日 (土) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« みつばちの塊(3) | トップページ | 遍路:出会い »