« 散歩道(Bコース) | トップページ | 捺す・捺さない »

2008年5月30日 (金)

その後の托鉢僧

012

旅の途上で釣り人に出あった旅人は

雨に濡れる紫陽花の花を背に

山の向こうに歩いていきました

見送ってくれたのは、紫陽花の花と

   

014 かたつむりとあまがえるが一匹

若葉のにおう山の道を

歩き続け峠を越えて

小さな集落についた旅人は

ふところに入れていた

大事な鉄鉢を取り出し、衣の袖で拭いたあと

017 あの汗と埃に汚れた衣のままで家々の軒先で托鉢を

始めました、貧しい小さな集落では

今日は宿に泊まるほどの収入は

得られず

長い影を落として暮れかけた道を

とぼとぼと歩いていきました、そんな托鉢僧の  

018 目に留まったのは村はずれにあった

お地蔵さんと今日は野宿することに

決めました

お地蔵さんたちに今日の寝場所を

借りるよと頭を下げて

グウ~ッとなる空腹のお腹を小川の旨い水を飲んで

しばらく星空を見上げていましたが

いつのまにか眠ってしまいました。

size 15×15mm(all)

|

« 散歩道(Bコース) | トップページ | 捺す・捺さない »

あの人は(托鉢僧)」カテゴリの記事

コメント

房の旦那ぁ すとーんと吸い込まれる
はんこと言葉のコラボレーション異空間でやんすw(゚o゚)w オオー!

このストーンともってかれる快感 たまりまへん

つられて 一句
夜露にて 涙をこぼし 地蔵かな

おそまつでやんしたっ。。。

投稿: ぶの字 | 2008年5月30日 (金) 10時51分

penぶの字さん

stoneときましたかder steinと転びませんでしたか?

お地蔵さん
いろんなのがあって
面白いですよ
時々よだれかけが変わります
どなたか知りませんが
きっとどこかのお年寄りが
想い出の古い布を
たんすから引出してきて
はさみで切り
手縫いで作るんでしょうね
目が悪いせいか
縫い目がゆがんでいたりして

夜露に濡れて
起きたのはお地蔵さんと月でしょうか

まだ野宿には寒く
何度となく寝返りを打ち
moon3月をみあげたことでしょう

投稿: 房州や | 2008年5月30日 (金) 12時38分

托鉢僧物語、ゆっくり進んでいきますねー。
これからも彼を追いかけてレポートよろしくお願いします。

過食は万病の元。空腹を抱えた、かの托鉢僧はいつまでも元気でしょう。

私も少食を心掛けたいと思って早や数十年。
実行できません。think
第一、チョコレートが止められない止まらないのです。crying
あと、ヘビとかカエルとかヤモリとかsnailとか…。restaurant

投稿: 峰猫 | 2008年5月30日 (金) 16時25分

cat峰猫さん

主犯はチョコレートですか?
非常時に役立ちますから
必ず(少量を)確保しておいて下さい。
古くなってはいけませんので
時々交換は必要です
処分方法はお任せします

へび:ハブを食べました(から揚げ)
かえる:太ももはささみのようで美味しかった
snail:ニンニクとほうれん草と一緒にバター味

峰猫さん結構良いもの食べてますね

托鉢僧は何処に行くのでしょう
夢を見ていたようなので
ふるさとに帰るのかも知れません

投稿: 房州や | 2008年5月30日 (金) 17時26分

『托鉢僧の旅』と言う大人も子供も楽しめる絵本?と言うのかな・・・にしたらいいなぁ~。

とっても、いい物感じます。

大きな事は無いのに、なぜかほんわりとして、淡々として、癒されますね。

投稿: まゆまゆ | 2008年5月30日 (金) 18時08分

cuteまゆまゆさん

お褒め言葉ありがとうございます。

さて次回はどうなるのか
私にもわかりません

では来週の金曜日に

投稿: 房州や | 2008年5月30日 (金) 20時32分

房州やさんの世界に引き込まれました。

ハンコ(絵)が物語をより深い処へ 誘ってくれます。

おみごとです。

返信コメントも 洒落てます。

峰猫さんとのやりとりは、笑えました。

お二人に拍手good

投稿: まんぼう | 2008年5月30日 (金) 22時08分

piscesマンボウサン

計画性のないもので
ストーリーもなく
ただただ
あっちへうろうろ
こっちへうろうろ

次回は何をしてるやら
小さな期待で待ってください

投稿: 房州や | 2008年5月30日 (金) 22時29分

< 地蔵さまに 見守られて眠る 星の下 >

何を思い煩うこともなく、小川の流れを聞きながら眠りに落ちる。
明日は、おにぎりのお恵みがありますように・・・

投稿: 森のどんぐり屋 | 2008年5月31日 (土) 11時56分

moon3森のどんぐり屋さん

良かったです雨が降らずに
谷あいの村を抜ければ町に出ますから
きっと、少々の米と一杯の酒が飲めるくらいは
何とかなるでしょう
木賃宿に泊まって
久しぶりのお風呂に入って・・・

きっと明日は良い日です

投稿: 房州や | 2008年5月31日 (土) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 散歩道(Bコース) | トップページ | 捺す・捺さない »