« 似顔絵? | トップページ | その後の托鉢僧 »

2008年5月28日 (水)

散歩道(Bコース)

07_3 今日の散歩道

歩き始めて7分後には田んぼが

目の前一面が田んぼです

向こうに見える、里山のさらに向こうが

今日の散歩コースです

しばらく畦道を歩くと

12_2 ---------------

部落の集会所の前に

六地蔵が現れます

そんなに古いものではありませんが

好きなお地蔵さんを木陰に座って

眺めることが出来ます

25_2  ------------------------

この奇妙な3個の巻物は

「おとしぶみ」といって

虫のたまごがこの中に入っています

生まれた幼虫はこの葉っぱを

食べて大きくなります

35_2写真を撮った後、草の中へ戻しました

-----------------

35分歩いたところの谷あいにも

こんな田んぼが広がっています

まっすぐ歩いていくと

視野が急に広がり、ダムが現れます

ダムまでが45分、ダムには周遊の遊歩道があり、ぐるっとまわると40分

全部で約2時間の散歩コースを紹介しました。

これからは稲の生育状況観察のため、時々行かなければなりません

|

« 似顔絵? | トップページ | その後の托鉢僧 »

ぶらぶら」カテゴリの記事

コメント

素敵な散歩道があるんですね。
我家あたりも東京からわざわざ歩きに来る人もいるようですが、
私はそれほど歩きたくないなぁ。pig

「おとしぶみ」、話には聞いたことがありますが、本当に綺麗に巻いてるんですね。
つい広げたくなってしまふ。

ところでなぜにBコースからのご紹介で?
Aコースは?eye

投稿: 峰猫 | 2008年5月28日 (水) 17時08分

cat峰猫さんへ

Q:ところでなぜにBコースからのご紹介で?
A:Bコースの写真を撮ったから

 追加Ans.
  Aコース:川沿いの上流遊歩道←→昔の小川の公園←→運動公園
  Bコース:田んぼ→〇〇山登山→△△ダム遊歩道→川沿遊歩道
  Cコース:川沿い下流遊歩道→田んぼ道→川沿い遊歩道
  Dコース:町並み裏通り→緩衝緑地
  Eコース:自転車→緩衝緑地一周→自転車

  歩き足りないと感じたら A+B等の変化もあります

「おとしぶみ」可愛いでしょう
 小さな虫なのでしかも木の上にいるので
 親は未だ発見できていません
 ゾウムシのような格好だと聞いてますが
 「おとしぶみ」を開くなんて
 無粋なことはいたしません

 追加情報
 地面に落としてしまうものもあれば
 葉っぱにくっついているものもあります

 

投稿: 房州や | 2008年5月28日 (水) 17時26分

私の住む埼玉の田舎では、谷あいの田んぼのことは「谷津田(やつ=谷)」というのですが、房州やさまの地方でも同じですか?
谷津田の様子がうちの近所とよく似ています~

柳女さんの地方でもそうですけど、田植えが早いですね。
ウチのほうは6月になってから。そして稲刈りが10月に入ったころ。
「おとしぶみ」ってなんて文学的な虫でしょう!
中身はもしや、蚕の野生種でしょうか?

投稿: emem | 2008年5月28日 (水) 22時18分

snailememさん

川むこうの風景が似てますか
谷(ヤツ):同じですね  例:真里谷(マリヤツ)

田植えは連休前
稲刈りは夏休みの終わり頃
だんだん早くなってきてるような気がします

「おとしぶみ」:良い名を貰った「おとしぶみ」の
        中身は小さな甲虫です
        丸い体に長い首のものや
        丸い体に鼻先の長いもの
        仲間には色んな形があるようです
       

sprinklerain梅雨に入ると歩くのも
写真を撮るのも面倒ですが機会があれば
Aコースのcamera写真も撮って
載せることにしましょう

投稿: 房州や | 2008年5月28日 (水) 22時31分

いやぁ~  面白いですね!

房州やさんは話題豊富ですねぇ~

「おとしぶみ」・・・私も始めて知りました。
人が葉を巻いたかと思いましたがそうではないのですね。

中が見た~い。でもダメダメ。

2時間の散歩コースというのは長いですが、お遍路を歩かれた房州やさんには「ちょっとそこらまで」なのでしょうね。

投稿: まゆまゆ | 2008年5月29日 (木) 08時12分

房の旦那ぁ ええとこお住まいでんなぁー

六地蔵はんとこなんぞ これからの季節
おいら蝉じれを聞きながら 午後の半日過せそうでやんす

おとしぶみは峰姉ぇはんや柳姉ぇはんなら
見つけたとたん拾い食いでせう。。。

投稿: ぶの字 | 2008年5月29日 (木) 11時26分

sprinkleまゆまゆさん

clipおとしぶみ:不思議なものですね、小さな昆虫ですから、きっと卵も小さな粟粒くらいなのでは(開いたことないのでわかりませんが)

clip歩くのはわりと平気です、町なかではないので
立ちどまってもしゃがみこんでも問題ありませんから

鳥の名前がわかれば、もっと楽しいだろうと
バードウォッチングの本を買いましたが
鳥を見つけることがなかなか出来ません

投稿: 房州や | 2008年5月29日 (木) 13時21分

sprinkleぶの字さん

近所のお寺さんには
「六地蔵」「十三仏」等の石仏があり
ぶらぶら歩きも楽しいものです

蝉の声は
涼しく聞こえたり
暑苦しく聞こえたりするのは
何故でしょう

いくら両姐さん方がなんでも食べるといっても
「おとしぶみ」の中の蛋白質は多分粟粒位の卵なので
腹を満たすには大変です
それより、今からは畦道をシマヘビさんが横切ったり
トノサマガエルや食用がえるがたくさん居ますので
蛋白質中心の食事が出来るかと思います

投稿: 房州や | 2008年5月29日 (木) 13時28分

こんにちは。

素敵な散歩道ですね。
日本の田舎にヨーロッパ人たちを連れて行ったら
きっと感動するでしょう。

おとしぶみ・・・。
昔の人は風流な名前をつけましたね。
「ふみ」を書くことが少なくなったので
見習いたいわ。
そうそう、私製切手を作ったんですよ。
今度お見せしますね。

投稿: ひろみママ | 2008年5月29日 (木) 14時54分

happy01ひろみママさん

ようこそわが田舎町へ

水と緑の(田んぼと畑の)ある所でしょう
でも家にいると蛙の合唱は聞こえません
代わりに家で生まれた蝉がうるさく鳴きます
散歩道いくつかありますから
気がついた時にまた紹介します

切手、見せてください
楽しみにしています

投稿: 房州や | 2008年5月29日 (木) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 似顔絵? | トップページ | その後の托鉢僧 »