« 大きな消しゴムはんこ | トップページ | 猫と手ぬぐい »

2008年5月 5日 (月)

旅のスケッチ:東トルコ

Photo東トルコを旅したときのスケッチです、イランの国境近くの町VAN(ワン)湖に浮かぶ島アクダマル島にある

アルメニア教会を島から離れるボートの中から描いたものです。

崩れた教会の周りに杏の花がたくさん咲いていたのを覚えています。

春なのに、峠ではあられが降って来るへんな陽気でした 

さてPhoto_7                                   

2枚目は

イスタンブールのアジア側にある町

(ウスキュダル)から見た「乙女の島」越しのヨーロッパ側イスタンブールの主要建築である

「アヤソフィア」と「ブルーモスク」です

アジア側へはガラタ橋からフェリーに

Photo_5 乗って行きます、鯖サンドを食べながら

3枚目は、黒海に面した町トラブゾンのアルメニア教会です

この頃はまだ水彩絵の具は持ち歩いていません、わずかなパステルと

半分に切った色鉛筆で色をつけていました。

途中の市場で、辛い唐辛子を試食したり、小学校を勝手に訪問したりした町でもあります

遠い昔のスケッチでした。

 

|

« 大きな消しゴムはんこ | トップページ | 猫と手ぬぐい »

旅のスケッチ(海外)」カテゴリの記事

コメント

房州やさん
やっぱり絵もお上手ですね。

どうしてスケッチで、こんなに奥行きの有る絵が描けるのでしょう?

小さい頃から、楽器を上手に演奏できる人と

絵が上手に描ける人 が憧れでした。

出来ないから、畏敬の念を持っているのかも?

特に2枚目の絵は 額に入れて飾りたいです。

PCに取り込んでも良いですか?

消しゴム印 色付けの素晴らしさの理由が判りました。

もしかしたら、房州やさんは画家さんですか?

そーでしたら… 失礼な事を書込みして、申し訳ございませんでした。

投稿: まんぼう | 2008年5月 5日 (月) 21時01分

piscesまんぼうさん

ただの素人です
しかも旅に出たときしか
スケッチブックは開きません
海外でスケッチしていると
人が集まってきて
結構コミュニケーションの
きっかけになります

スケッチがきっかけで
コーヒー・紅茶・ビール・ワイン等々を
(飲み物がほとんどです)
ご馳走になったりすることもありますよ

あまり大きくしないで下さい
元のサイズはハガキよりちょっと
大きいくらいですから

投稿: 房州や | 2008年5月 5日 (月) 21時50分

お早うございます

素晴らしい!
同じ旅でも味わい方が違うのかな?

コミュニケーションにも発展…

遠い昔からのたしなみ
今はもっと豊かな旅を…
心のゆとりという物ですね
もちろん 才能の上に立った

月に一度 ハガキ絵を習いだしたのですが
まず ゆとりが持てません

投稿: 空海望 | 2008年5月 6日 (火) 06時04分

mail空海望さん

習っているのは、いわゆる絵手紙ですか?
いいですね
私は一度も習ったことがないので
みんな自己流です
そのせいで上手になれません

有名な画を見るのも
絵手紙を見るのも好きです

今度は庭の花を描いて
載せてください

投稿: 房州や | 2008年5月 6日 (火) 08時33分

おはようございます。

すがすがしい絵ですね。いいな。
トルコのあたりは東西が混在して融合して
不思議な魅力ある土地なんでしょうね。
絵を拝見していても想像力をかき立てられます。

私も絵を描くのが好きですが、素人だから下手でもいいんだい、楽しいのが第一、と思っています。
庭の毛虫や芋虫も描きます。あの子たちはあまり動かないからいいんですよね。


投稿: ひろみママ | 2008年5月 6日 (火) 09時44分

happy01ひろみママさん

何度か行ってますが
私にとって居心地の良い国です
東西文明の交流の地
世界三大料理のトルコ料理のある地
(いい男はどうかわかりませんがいい女の多い地)
いい料理いいワインいいオリーブに
人なつっこい笑顔

素人の絵は下手うまが一番
描きたいものを描きたいように描く
それが一番
そう思います

投稿: 房州や | 2008年5月 6日 (火) 15時15分

海外スケッチでコミュニケーションとは、旅がいっそう楽しくなりますね。scissors
それに、写真を撮るより記憶がはっきり残りそう。

ハンコもそうだけど、色彩が良いです。

ところで、こちらを私のブログにブックマークさせてくださいませんか?

投稿: 峰猫 | 2008年5月 6日 (火) 17時16分

cat峰猫さん

ありがとうございます
お褒めを頂いてcoldsweats01
artはんこの色は適当にそれらしく
artスケッチの色は大抵は現場では彩色できないので

記憶catfaceflairのあるうちに
その日のホテルhoteltvを見ながら
beercafewineを飲みながらと
実にいい加減なものです
(ホテルではリラックスすることが一番ですから)
それが良いのかも知れません
写真より記憶に残ってると思いますが
細かいところではかないません

ブックマークの件、どうぞどうぞ、こちらこそよろしく

投稿: 房州や | 2008年5月 6日 (火) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大きな消しゴムはんこ | トップページ | 猫と手ぬぐい »