« 遍路:一歩一歩 | トップページ | みつばちの塊(3) »

2008年5月21日 (水)

芭蕉の俳句にむりやり

032 芭蕉の俳句で再び遊んだ

(奥の細道より)

どの句がどのはんこ?

1.荒海や佐渡によこたふ天河

2.夏艸や兵共が夢の跡

3.あやめ草足に結ん草鞋の緒

4.啄木も庵はやぶらず夏木立

5.閑さや岩にしみいる蝉の声

あまりにも

ひねりがなくて

単純なものでわかりやすかったと思いますが

念のため上から

3→2→5→1→4  です

たまには息抜きにこんな遊びもいいでしょう

*あやめの茎を結んでみました

*ZZZ・・で夢を

*緑の葉で夏らしく(岩は難しくて消しました)

*黄色の線は川の字です

*わらぶき屋根は庵です

お後がよろしいようで

|

« 遍路:一歩一歩 | トップページ | みつばちの塊(3) »

遊び印(俳句)」カテゴリの記事

コメント

この絵が「はんこ」とは思えません。

小さな版画と言ったら失礼になるのでしょうか?

おみごとです。

句から 題材・構想をとり

彫り上げるのは 凄い!

投稿: まんぼう | 2008年5月24日 (土) 00時17分

piscesまんぼうさん

想像しやすい句を選んで手を抜き
直接的でひねりのない絵で簡単に
ただそれだけのこと

難しく考えないこと
これがこつ  きっと

投稿: 房州や | 2008年5月24日 (土) 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路:一歩一歩 | トップページ | みつばちの塊(3) »