« 万葉の花 | トップページ | どこへいったか »

2008年5月11日 (日)

五面印

001   

印材の五面に彫りました

題材はバラバラですが

四周には

・鯉のぼりと菖蒲

・どんぐりの背比べ

・初夏の森

・キリン

通常の印面には

・どんぐりの兄弟

長所:経済的

短所:よくふき取らないと

    手が汚れる

□印サイズ:約20mm角

用途:特になし

経済的な「はんこ」で暇つぶしでした

|

« 万葉の花 | トップページ | どこへいったか »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
経済はんこ、六面とはいきませんでしたか。
特に用途なしと書いておられますが、
私なら便箋や葉書にぺたぺた押したりして
どんどん孫娘にお便り出しちゃいます。loveletter
こんなのを見たら、孫は大喜びしそうです。

以前うかがったかもしれませんが
今回は何で彩色なさいましたか?
アクリルとか水彩絵の具?

投稿: ひろみママ | 2008年5月12日 (月) 10時51分

happy01ひろみママさんへ

>六面とはいきませんでしたか

  → 残念ながら、上面は大きな半円球だったので
    六面とはいきませんでした。
    本当は同じテーマで彫るのでしょうが
    思いつくまま気の向くままです

    ※捺さない六面はんこはいくつかあります
     (捺すと手が汚れるので)

    ・鯉のぼりと菖蒲は季節物だし、一緒の絵は作ったことがないので                
    ・きりんは      縦長のものは何かと考えたら 
                キリンは首も足も長い
                縦長にちょうど良い
                思いっきり長くして、雲のうえまで
                首を伸ばすことにしました
    ・どんぐりは     どんぐりの背比べにすれば
                横長にいっぱい並べれば
                いっぱいになるぞ
    ・はっぱは      どんぐりの続きです
                どんぐりが背比べするのなら
                葉っぱだって背比べをするかも
    ・どんぐり兄弟は  ついでに

>今回は何で彩色なさいましたか?

  →固形の透明水彩絵の具です
   旅のスケッチで使うタイプとは違うものです
   半紙に朱泥で捺してから
   表側から色をつけてますが
   朱泥の油分で色が交じり合うことが少ないので
   (染色の糊の役目をしていることになります)
   塗り絵の要領でやってます
   結構綺麗な色がでてませんか(自画自賛)
  
   → 裏から色をつけても面白いものになります
     昔で言うと「棟方志功」
     今で言うと「名嘉睦稔」 風になります 

     いくつかやってみましたが
     小さなものでは面白くありません


投稿: 房州や | 2008年5月12日 (月) 12時28分

うわっ、どんぐりがいっぱい!!
いいですねえ~~通販で買えないのですか?

投稿: 森のどんぐり屋 | 2008年5月12日 (月) 15時37分

sign03森のどんぐり屋さんへ

お喜び頂きありがとうございます

大変残念ですが
「房州や」では販売しておりません
申し訳ございません

これに懲りず
何度も足をお運び下さい

投稿: 房州や | 2008年5月12日 (月) 17時34分

わーっ 森のどんぐり屋さんが欲しがりそうだ!

とっ思ったら…。

やっぱり・・・ 訪問していましたね。

きっと 垂涎の○○ですよ。

ヤフーオークションに出したら どんぐり屋さんが最高価格で落としますよ。

どんぐりのはんこだけじゃ無くて

「どんぐり屋さん、見て見て こいのぼりに、チャンとヒゲが有る。」

房州やさん すっげーぇ

投稿: まんぼう | 2008年5月13日 (火) 22時39分

piscesまんぼうさん

いつもなら
同じテーマで
デザインするのですが
今回は思いつかず
こんな順番で作りました
①鯉幟
②どんぐりの背比べ
③初夏の森
④きりん
⑤どんぐりの兄弟

投稿: 房州や | 2008年5月13日 (火) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 万葉の花 | トップページ | どこへいったか »