« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

消しゴム印道具一式

S_4 ついでですから

昔々の消しゴム印作成道具一式も

紹介します。

左から右へ

①消しゴム:これがなくては何にも 

出来ません。何度も出ているように

私はこのステッドラーの消しゴムが

使いやすいです。

②③デザインカッター:最初は普通のオルファカッターを使ってましたが、だんだん細かな

物を彫りたくなり、見つけたのが、家にあった、このデザインナイフです(プラモデル用)

④予備の刃入れ:切れにくくなった刃を捨てることも出来ます。

⑤スタンプ:nijicoのレインボウカラーといろんな単色スタンプも使います

普通は手に握ったり、机の上において彫るのですが、小さなものを彫るときには

印床があると便利です

実は今使っている「印床」は消しゴム印のために買ったものです

内側に 1995 と書いていますから

10年前は、消しゴム印で遊んでいたんでしょうか

年号もメモしておくものですね

道具にも材料にもビックリするほどのお金はかかりませんが

出来たものを置く場所に困るのが、この遊びの困ったところです

消しゴムの長期保存は難しいし、印材は重たいし、両方とも場所をとるし

どんなことをしても、つまらぬ悩みはあるものです。

悩みの種はつきません

| | コメント (0)

遊びのはんこ作り道具一式

S はんこ作りの道具一式の紹介です

左の上から時計回りに

①印床:これに印材(はんこ用の石)を挟んで留めます。

②印泥:朱肉です

③ばれん:はんこを捺すときの下敷きです

④彫り滓を取る道具:ホテルから持ってきた「はぶらし」を使ってます

⑤⑥⑦印刀:あとで詳細を

⑧⑨⑩印材:はんこの元です、青田石・寿山石・巴林石・・・等々の種類があります

        (青田石が一般的かと思います)

        粗→中→仕上げの耐水性のサンドペーパーで印面を平らにします

⑪二硯:朱墨と墨がすれる様になっています

     印面を平らに磨いたあと、朱墨を塗り、墨で彫りたい絵・文字を書く

     反対の場合もあります。

 S_2                                

よく使っている印刀です

刃長10mmと12mmで彫っています

小さな刀を使う人もいますし

大きな刀を使う人もいます

その人の使いやすいものを

使っているのではないでしょうか

小さな刀は先が⊿なので、私は

まるい穴をあけたりするときに使っています。S_3

印床に印材を挟みこんでいる状態です。

(今、彫っている横連続唐草が挟まっています)

この状態で、先程の刀を使って

ガリガリ彫って「はんこ」を作ります

時々、はぶらしを使って、彫りかすを払いのけます。

出来上がったはんこは、丸い器に入れられた、朱肉をつけて、紙を手作りのばれんに

置き、はんこを捺せば出来上がりとなります。

これが私の持っている、はんこ作りの道具一式です。

| | コメント (0)

2008年4月29日 (火)

初めの頃の消しゴム印

008003002010          005004009001

007

006_3

001_2

  

  

  

  

少々派手ですが

色んな色のスタンプで、初期の色んな消しゴム印捺してみました

・どんぐり・馬酔木・二輪草・躑躅・・・・・

    最後は「分け入っても分け入っても青い山」 山頭火  です

    読めませんか? 右下に小さく彫ってあるでしょう

    巾は15mmです

使った消しゴムは  STAEDTLER  MARS PLASTIC 52652

昔々その昔、石のはんこを知らない頃

消しゴムではんこを作っては遊んでいました。

年月が経って、消しゴムが腐ってはいないかと確認のため

カラースタンプで捺してみました

和紙(半紙)に捺したので線が少し滲んでいますが

こんなものを作っていましたという見本です

何が楽しくて作っていたのか

何が面白くて作っていたのか

ただ暇つぶしにはなっていたことは確かです

・人気キャラクター(ディズニーもの・スヌーピー・・・)

・似顔・文字・花草木・人物・動物・手帳用記号等々

こんなはんこが3~400個位あります

腐ってしまわないうちに、パソコンに取り込もうと

今思っています

スタンプもダメになってきてました。。。。。。。。。。。。あぁ!

| | コメント (6)

2008年4月28日 (月)

ハウス

122

021

123

126

      

      

      

      

古い建物を、彫って遊んで見ました。

横浜税関→夕焼けの東寺五重塔→小倉城天守閣→朝の大浦天主堂です

古い写真を見ながらの作業でした。

カラー写真ではないので、色は適当につけました

「風薫る」の題材で作るのに悩みながらも

いつもとちがったものに挑戦してみるのも楽しいものです

size 18×18mm

                                                       

| | コメント (0)

追跡調査

C025

長野の街角から忽然と消えた托鉢僧は未だに見つかっていません

こんな姿の人は、北へ向かったという情報がありました

「めがね」をかけて、髭がありちょっと太っている人でした

はっきり判りませんが、北国訛りがあるのでちがうと思うのですが

026c

おそらく

探していたのはおそらくこの人です、木の下の石仏に何やら祈ったあと

緑の風と共に歩いていったそうです、

         その後の情報も入りました。

027c お地蔵さんの後ろの畦道を、風のようにひょうひょうと歩いている姿を

田植えをしているお百姓さんが、見たということですが

(想像図です)

その後の消息は未だにわかりません

これを読んだ人で、それらしき人を見かけたら

連絡下さい。

size 17×14mm  18×18mm  18×18mm

| | コメント (2)

2008年4月25日 (金)

今頃は

121b 長野の街角で見かけた(まゆみさんのきまぐれ日記で)

後姿の托鉢僧は                  

墨染め衣に頭陀袋を首から下げ

網代笠に草鞋をはいて歩いてたという

あの托鉢僧は

こんな顔をしていました

123b

(遠くからなのではっきりしませんが)

めがねをかけ

髭面でした

その後、村はずれを歩いているのを

122b                  

見かけました。

しっかりした足どりで

西に向かって歩いていきました

うわさでは

                その後、雲に向かって歩いていたとのことです

124b_2

どなたか、消息をご存知ありませんか?

もりあがる雲にむかって・・・・・・

お時間もよろしいようで

本日はこれまで

size 上から 20×12mm    17×13mm    20×15mm    15×12mm   

| | コメント (8)

ただ並べた文様

A120◎上下左右連続唐草文様とでも申しましょうか

  唐草文様を縦横に9回並べて捺しただけのものです。

  ひとつだけだと、上手くいったと思うのです

  二つ三つくらいまでは、贔屓目で「よしよし」と

  思ったりします。

四つ・六つになるとだんだん、粗が目立ってきます。

九つになるともうダメです

次こそはと思うのですが、なかなか上手くいきません、唐草連続文様は

しばらくお休みして、新しいのを考えることにします

同時に桜の花と花びらで同じように連続模様をやりましたが

接合部が美しくありません

※なにかいい方法はありませんか

・デザインが悪い

・石が必ずしも正方形・長方形ではない

・正確に彫る技術がない

・それでも美しい連続模様にしたい

 しばらく休んで再挑戦します

 size  17×20mm

| | コメント (0)

2008年4月23日 (水)

少し小さな

119 いつものサイズの印材がなくなったので

なかなか使えなかった、少し小さな石に

彫ってみました。

・はつなつのかぜ

   かぜとなりたや

   はつなつのかぜとなりたや

   かのひとのまへにはだかり

   ・・・・・・・

・お地蔵さん

   いしの色をベースに彩色しました

・山頭火さん

   後姿の似合う山頭火さんですが

今日は前向きです

・千手観音さま

  小さいので手の数も少々です

・あやめのような花

  季節でもあるし、庭にも咲くので

・仏様

  長谷の大仏様を彫った続きです

・不動明王(青)

  最近気に入っている題材ですが、変り映えしません

以上は先週の暇つぶしの結果です

次は長方形の石が残っていますが、全部使うと、次の暇つぶしを考えなければ

そろそろ、散歩に出かける時間です

| | コメント (8)

2008年4月21日 (月)

今頃冬木立

  006             

若葉青葉の季節になりました

ほんの3ケ月程前は、こんな風景でした

この冬木立は10年位前のものです

「消しゴムはんこ」で細い線を彫ってみたくなり

こんなものを彫ってしまいました

上のはんこは

 月影さえる冬空に黒い影を見せる

  冬木立をイメージしたものと

005

下のはんこは

  晩秋の風に最後の葉が散っていく冬の始まりを

  イメージしたものです

  「山頭火の消しゴム印」以外の

  消しゴム印を整理していて見つけたので

  載せてみました

  ただただ枝をいっぱい入れたくて

  彫っていたような気がします。

| | コメント (0)

2008年4月18日 (金)

作った

130

サングラスをかけた○○○さん似のはんこ

唐草文様を考えていた間の気分転換でした

size  15×15mm

| | コメント (4)

2008年4月16日 (水)

ちょっと先取り

034 036桜前線は北へ北へと進んでいるようですが

当地では早くも葉桜となりました

近所の田圃では、田植えが始まりました

水を張った田圃ではかえるの合唱が聞こえてきます。

040 ということで、これからの花を彫ってみました038_2

あやめ・あじさい   雨の似合う花たちです

花の色は水色と紫と変えてみました

042

これから桜の花の咲く地方のために

うすいピンク色の花も用意しました。青森から北海道に桜前線が

渡る頃には、水郷などの水辺ではあやめ祭りが始まります

size  15×15mm

| | コメント (4)

2008年4月12日 (土)

旅の必需品

Photo旅の必需品です

これと下着が準備できれば

ほぼ出発OKです

*CROQUIS×3冊程度 : これは

旅の記録(メモ)を書きます、筆記用具はPentel Color Brush GRAY

いわゆる「筆ペン」です

部屋の図面もこれに書きます、博物館での展示品を絵にしたり、バスからの風景を

描いたり、ガイドさんの言うことは殆どメモしませんけど、町で見たもの聞いたものは

なるべくメモするようにしています、飛行機の中では退屈なので、座席から見える

風景を描いたり、食事を描いたりして不思議がられます、飛行機の乗り次待ちにも

役に立ちます。

*スケッチブック:(F1) 休憩時間や自由時間にそこから見える風景を鉛筆で描きます。

彩色はホテルに戻ってから、寝るまでの間に眠くなければ、色を付けますが

当日彩色できなければ、記憶が薄れてくるので、鉛筆画のままです

*スケッチブックに色をつけるのに使うのが DALER-ROWNEY の aqua fine です

(水彩絵の具です)

最後に大事なのは、その国の*地図*です

地図は大好きです、日本で買っていきますが

大概、その国の本屋で地図を買います、行った町・通った道路・歩いた街路に色を

つけます。路に迷ったときの助けにもなると思ってますが、これで救助されたことは

ありません、うろうろ歩いているうちにどこかで見たような建物をみつけ、正しい道に

戻れています。

 

| | コメント (2)

2008年4月11日 (金)

和綴じ(その1)はいまいち

Photo

写真の本は 

出来上がったものを、直接スキャナーに

乗せて、強引に取り込みました。

ただいま和綴じの修行中です。

75×165mmの横長版です。

中身が気になる?

「四季彩々」:同じ題で四季を彫りわけ?

たいと思ったもの

「六地蔵」:何種類かの六地蔵をいくつか載せたもの

これらは、和綴じの初期のもので、どうやって綴じればいいのかわからないまま、適当に

綴じてます。

今では、55×70mm位のものから120×170mmのものまで

前よりはましな感じの和綴じになってきました。

気になる中身は近いうちに公開(後悔しないかなぁ~)

| | コメント (2)

2008年4月 9日 (水)

小枝のはんこ

こんなことでも暇つぶしになります 002  023 029

 

 

                  

           

           

小枝の小口に彫ってみました

小枝のハンコです

「山頭火」の句を入れてみたり

「言葉」を削ってみたり

「こんな絵」を入れてみたりしています

桜の小枝・百日紅の小枝等々を 5cm位に切って、良く磨いて

石の印材がないときには、これで暇つぶしができます

何に捺せばいいのかは考えていないので

作ってもあまり意味がありませんけど

暇つぶしにはなります

役に立たないものを、楽しんでつくる、これぞ、暇つぶし???

| | コメント (2)

2008年4月 7日 (月)

ホテルでの暇つぶし

Libya089sj明日で、ブログを始めてから、丁度1ケ月になります。

多くの人に私の暇つぶしにお付き合い頂き、わざわざ、ご訪問を頂きありがとうございます。

旅のスケッチ以外の旅暇つぶしを紹介します。

歩数で長さを計ることさえできれば、誰にでも可能ですそれは、ホテルの部屋の見取り図です

そうです、どこかで見た事があるでしょう

舞台芸術家の妹尾河童さんの絵の簡略版ですね

歩幅で縦横の長さを計る(比率)

後はその比率で適当に目に付くものを描いていく

ベッド・お風呂・洗面台・机・椅子・・・それだけです

Libya097sj

、描きたいものだけ描けばそれで終わりです。

写真で2~3枚カシャカシャでもいいのですが、それだと充分な暇つぶしになりませんから

やはりゆっくり部屋を見回してメモメモです。

Libya106sjシャワーを浴びて、夕食を済ましたら、後は彩色です。

スケッチの彩色をするときに、ついでにこのメモにも彩色をしてます

時にはコーヒーを飲みながらのんびりやってます

それでも時間があるときは、外を眺めてぼんやりしています

どなたかこんな暇つぶしやってる人いませんか

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

マルタの路地

B0000020a_3B0000016a_2地中海に浮かぶ島国

マルタ島の路地のスケッチです。

マルタ十字軍で有名な島

石灰岩でできた家の間を抜ける路地をウロウロ歩きました。

B0000017a_2 どの路地にも猫が

歩いています、家の隙間に消えていきます。

島の人の足である、バスに乗って島中どこへでもいけます、わずかなお金さえあれば

いくつかの要塞と漁港をバスに乗って訪ねました。

坂道・石畳・階段・カラフルな壁・路地の間から見える海・・・絵になる町です

イタリアの南・リビアの北

チュニジアの北東にある小さな島国です。   

| | コメント (2)

2008年4月 4日 (金)

五月人形カラー版

085 086                                                          

五月人形に彩色してみました。

左は既掲載分です

右はは作ったばかりです

五月らしく菖蒲の前立てにしてみました。

鯉のぼり   吹流し・真鯉・緋鯉・子供の鯉が皐月の空に泳いでるなんていいですねえ。

ちまきに柏餅 必須アイテムです(食べても食べなくても好きでも嫌いでも)

鯉のぼりを見たら、子供の健やかな成長を祈りましょう。

さて と

餡は「こし餡・つぶ餡」どっち派ですか?

どうでもいいことですが

私は小豆の感触の残るつぶ餡派です

size 15×15mm

| | コメント (4)

2008年4月 2日 (水)

河童はいるのか?

Photo_2Photo  知人の紹介で出会った「詩人」のイメージ

で作ったものです。

窓をいっぱいにあけた部屋からは

田圃が見え、田圃の向こうには堰があり

春には土筆・菜の花・桜・・・が咲き

夏には蝉・蛙が鳴き・・・・・そんな景色を眺めながら、風の入る部屋で、ごろごろしながら、近所の人とのんびり話をしているような気がします(あくまでイメージです)

煙草をプカプカふかしながら思索をし、コーヒーを飲みながらひと休みする

そんな感じを、「河童」にしてみました。(本人には内緒です)

ひょっとしたら、あの人は「河童」かもしれません(河童がいるとしたら)

ツチノコを壷の中に飼っているくらいですから、そうかもしれません

size  15×15mm

| | コメント (1)

八大童子

080 八大童子像

不動の功徳を司る侍者だそうです

①えこうどうじ→②えきどうじ

③あのくたどうじ→④しとくどうじ

⑤うくばがどうじ→⑥しょうじょうびく

⑦せいたかどうじ→⑧こんがらどうじ

お手本は世田谷山観音寺の八大童子像です

4つの智慧も4つの波羅蜜もよくわかりませんが

”可愛いかな”と思って、彫ってみました。

威厳よりも親しみやすさが、いい感じです

size 15×15mm が中心サイズです

これは新作です

| | コメント (2)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »