トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

スケッチ:門司港モノトーン

B0000004

B0000009_2

2002.8.15の日付がありますから

数年前のスケッチです、鉛筆で描いただけのものと、筆ペンで彩色したものが

あります、ほかのスケッチは色鉛筆で色付けしているのですが、何故か

3枚だけは、殆ど色がありません

1枚目は門司港駅です。

2枚目は街を歩いているときに見かけた料亭です、黒い板壁が印象的だったのを覚えています。

3枚目はいずれそのうち

size 107×140mm CROQUIS  Pocket Series maruman S163

| | コメント (4)

2008年3月30日 (日)

仏印はカラフル

090 今日は朝から天気がすぐれず、出かける気もしないので

ライオン達(一匹キツネも混じっています)に色をつけてみました、が、みんな茶色で面白くないので、仏様のはんこを作りました、カラフルな仏様にしようと思って。

089_3

釈迦如来坐像・釈迦如来坐像・釈迦如来立像・大日如来・夢違観音

不動明王・千手観音・如意輪観音・不空羂索観音・不動明王 の仏さんです

印影をつけたり、アイシャドウで化粧したり、印泥のつけ方を考えたり、稚拙を隠すつもりが、結構目立つのは皮肉なものです

ということで、今日の暇つぶしは、石と仏さんと絵の具でした。

(石には絵だけは描いていたので今日は彫るだけだったので、短時間で出来上がりました)

印材の残りが少なくなってきたので、買出しに行くか?それとも通販にするか?

行きたい美術館もあるし、かといって交通費は高いし、暇つぶしに悩むとするか?

size  ライオン他 10×10mm

size   仏さま   15×15mm  18×18mm

| | コメント (0)

2008年3月28日 (金)

飛んでいく前?

067068 多分この「こいのぼり」が空を飛んでいったものだと思います(記憶が正しければ)

最初は左のように青空の中を(気持ちよく)泳いでいたのですが

そのうち大きく息を吸い込み

右のように膨らんできたんです、そして気がついたら、空を飛んでいました

(確かに:ただ昔のことなので確認のしようがないのが残念です)

写真に撮っていればよかったですね。

それはともかく、五月の青空に「こいのぼり」は似合います。

上総の国の農家の庭先で、大きな「こいのぼり」が泳いでいる風景を観ることが出来ます

お雛様はすぐに片付けますが、五月人形はどうなのでしょうか?

size 20×20mm

               

| | コメント (0)

2008年3月27日 (木)

鯉のぼり?

029 001_2のぼりかと思ったら、空を勝手に飛んでいるたちでした。大きな口から空気を一杯に吸い込んで空へ飛び出したと竹コプターを頭に付けた鯉が空で会いました。五月の空にはきっとこんな連中が飛んでいます、中には、鯉のぼりの竿から離れて飛び出したも居るはずです。

私のように、暇があったら寝ころんで空を見上げませんか?

                   size 15×15mm 

          記憶が正しければ、その時の鯉のぼりを写したものが

          どこかにあるはずです、探し出して次の機会に紹介しましょう   

| | コメント (2)

2008年3月25日 (火)

五月人形

028もうすぐ 四月になります

早めですが、 五月人形を飾ります。

小さな鎧兜ですが、どうですか

・さわやかな皐月の空には鯉のぼりが気持ちよさそうに泳ぎ

・菖蒲の花が咲き、お風呂にいれて健康を願い

・五月人形を飾って子供の健康を願い

・柏餅を食べて  と  どこかに出かけましょうか?

size:15×15mm

| | コメント (2)

志功板画で遊ぶ

003ハンコに色をつけたくて、彫ってみました。

左から①彫ったばかりの印面②黒色で押印③彩色したはんこです。

沙羅双樹:少し「房州や」流に作り直しました

大首の柵:元は墨色ですが、頬やまぶたに色をのせました

弁財天の柵:元はもっと色っぽく艶やかですが

優婆離の柵:荒々しい彫り跡を出したかったのですが

        もちろん色は付いていません

十大弟子風の羅漢さん:「房州や」風です(絵も色も)

棟方板画作品では、「鍵」の大首の柵は弁財天妃の柵につながる

ものだと記憶しています。

初めての経験なので、なかなか難しくて上手く行きませんでした

次回は(次回があれば)もう少し大胆に彫りもう少し大胆に彩色したいと思います

size:15×15mm

| | コメント (0)

2008年3月22日 (土)

はんこ:五百羅漢:その1

001a

羅漢さんを五百少々作りましたので

その一部(100人)を紹介します。

小さすぎて見にくいかも知れませんが、しょうがありませんなにせ人数が多いのですから。

ただ、みんなちゃんと行儀良く(?)並んでいるはずです。

上下左右前後よそ見しているのはそれぞれの修行のやり方ですからしかたありません。

よく、羅漢さんのお顔に家族・親戚・友人・知人・近所の人・どこかで会った人等々を

見るといいますが、どうでしょうか?

いま、少しずつ、一人ひとりを取り込んでいるところです

なにせ五百人もいらっしゃるので、なかなか大変です、3月中には終わらせたいのですが

(遅くとも桜の花の満開の頃には)  → 桜の満開が真近となりました

順調に取り込みはつづき、ようやく取り込み終わりました。

全部で五百五十人となりました

飽きもせず次の百人でもう一度新しい記事を載せましょう

size:15×15mm 

| | コメント (5)

2008年3月21日 (金)

消しゴム印:諦めました

Rimg0014Rimg0015_2Rimg0018

消しゴムで作った小さなハンコの一個ずつの取り込みは諦めました。亜鉛メッキの五段の箱に入っています、全部でいくつあるかもわかりません、数えることも、紙に押印するのもやめましたので、現存するハンコはこれだけあるということだけの紹介にとどめることにしました。

初めの頃は「ミッキーマウス」や「スヌーピー」や「山藤章二の似顔絵」なども練習のために

彫っていました。

手帳用のハンコ→年賀状用のハンコ→住所印→草木花・動物・・・・・・・・といろんなものを彫っています。

消しゴムは いろんなメーカーのものを試しましたが

        STAEDTLER  MARS PLASTIC  GRAND 52652    GERMANY

                 size  77× 38× 15mm  が大きさと消しゴムの粘りが私に丁度良く

        ずっと使ってきました、在庫は1箱(10個)残っています

以上で小さな消しゴム印の紹介を終わります。

   

| | コメント (0)

消しゴム印:ゴム印のかすA

002消しゴム印を作ったときの、抜き跡です。残そうと思って彫ったわけではないのですが、綺麗に残ったので取っておきました。写真用のアルバムに挟んでいくつかとっています。今日はその中の2句を紹介です・

           ひなたしみじみ石ころのやうに  

094123   もう飲むまいカタミの酒杯撫でてゐる

彫りかすを裏返して並べてみましたが、どうですか?

黒をバックに白い消しゴムとその白い消しゴムから出来たハンコの対比も面白いなと思い載せましたが、いかがですか?

本棚のどこかにまだ20~30はあると思うのですが、また見つけたら(面白いのがあれば)、載せることにします。

捨てられるはずが、表に出てしまうのもいいではありませんか

| | コメント (0)

2008年3月19日 (水)

消しゴム印:山頭火さんの句003

  045_2068_2082_2 消しゴムに彫った山頭火の句です、スキャナーでの取り込みも、ようやく「は行」まできました。今日は三句紹介です。

・月が昇って何を待つでもなく

・何事もない枯木雪ふる

・春風の蓑虫ひょいとのぞいた

 (梅の木のつもりです・・・お題の梅は

  これでもいいですか)

古いスキャナーなので大きく重いので動くときはパソコン机が揺れます(チャチな机でも

ありますが)、山頭火の消しゴム印はあと3冊、半分まできました

入力しながら、読み返しているので、なかなか進みません

| | コメント (7)

2008年3月18日 (火)

良寛さん四態2

この四つの印は、昔々に作った六面印のひとつです。良寛さんの姿を彫ったものです、デザインも彫りもよくありませんが、良寛さんの本を読んでのイメージで作りました               

・托鉢なのか、村の子どもと遊ぶためなのか、良寛さんが田舎の道を歩いています。023        

田舎の道をユラユラ歩く:袂には手毬を入れているのでしょうか

・小さな庵に戻り、柱にもたれ両の足を伸ばしています 

026

双脚等閒伸:両足を投げ出して、脚をさすっているのでしょうか

今日一日のことを思い出しているのでしょう

・座禅を組んで修行中です

025

線香が何本消えるまで座っていたことでしょう

ひょっとしたら夜が明けるまで座っておいたのかもしれませんね

・横になって何を思っているのでしょうか?

024_2昔のことでしょうか

それとも今日のことでしょうか

          好きなお菓子のことでしょうか 

同じ時期に、良寛さんの和歌を六面に彫ったものが4つあります次の機会に載せてみます。               size=50×18mm

| | コメント (0)

2008年3月17日 (月)

六地蔵さん

G007_2

今日の取り込み分です、六地蔵です

いくつも作っていますが、今日最後に取り込んだのがこれです、お寺の門前や、田圃のそばに首に涎掛けをした「六地蔵」が立っているのを見かけたことはありませんか?

お地蔵様はいつもニコニコしてござる

size 15×15mm  × 6

| | コメント (1)

2008年3月16日 (日)

魚群:魚の阿吽

103_2

神社の狛犬・仁王さんも阿吽があります        

魚にも・イグアナにも阿吽があってもおかしくはありません003(多分!)というわけで、阿吽を彫ってみました。

先日のホテルでの暇つぶしの産物です 

 

 SIZE 15×15㎜

                            

| | コメント (0)

山頭火さんの句(さくらが咲いて・・・)

山頭火さんの俳句:消しゴムはんこ035043013        

次の一冊の取り込みが終わったので載せてみました。

あと4冊で、これまでに作った「山頭火俳句の消しゴムはんこ」の取り込みが

終わります。残りは250位でしょうか

山頭火がその句を詠んだときに、きっとそばにあったと思われる

草花を想像して彫っています。

山頭火の俳句の次は

1)和歌(?)

2)花言葉はんこ

3)小さな小さな消しゴムはんこ

を取り込もうと思います(いつまでかかるやら)

少しずつ載せていきますので楽しみにしていてください

| | コメント (0)

2008年3月14日 (金)

新幹線でホテルでの暇つぶしは

新幹線の中でホテルで、

001  暇つぶしに、彫りました   

 100均で買ったプラスチックの箱に、印材・篆刻刃等々を

 詰め込んで、少々重いが運びました

 おかげで、退屈しないで済みました

雲(15mm)・千手観音×3(18mm10mm)・阿吽一対(15mm)・吽の魚(15mm)

・お地蔵さん×2(15mm)・六地蔵(15mm)・文字(15mm)・線(18mm)

隣に人のいなくなった新幹線で、ホテルで缶ビールを飲みながら

の作業なので、気がに抜けたり、電車が揺れたり、眠くなったりで

線がゆがんだり、切れたりになってますが、あれもこれもそれも味のうちです

と開き直って、ついでに面倒なので手直しはなしにしよう

| | コメント (0)

2008年3月 9日 (日)

消しゴム印:山頭火さんの句001

昔々その昔、遠い昔に「消しゴム」で山頭火の句を彫っていました

少しずつパソコンに取り込み始めましたので       

一部を載せることにしました048 030    031                          消しゴムをカッターで彫って

  作りました、スタンプで押して

  ます、時には2色摺り3色摺りにも

  挑戦したこともあります

  有名な句をスキャナーで取り込んだら

  また載せることにします

サイズ(72*39mm)STAEDTLER MARS PLASTIC GRAND 52652 GERMANY

| | コメント (4)

山頭火さんはどこへ

A_2墨染めの衣に笠をかぶり地下足袋姿で

歩いている、そんな姿を想像してしまいます。

このハンコも、隅っこに置かれた印影のひとつです

今日も一日托鉢で村々を歩いてきた

          そんな山頭火さんが彫れればと思います

          18×18mmが4つです

| | コメント (0)

良寛さん四態

A 良寛さん

お好きですか?

ある展覧会の隅っこにそっと置かせてもらった

          作品のひとつです

          春夏秋冬を彫ってみました

          良寛さんは今日も子供たちの待つ

          村へ出かけていきます

          20×20mmが4つです

| | コメント (0)

羅漢さんが座禅で並んだ

羅漢さんが並んだ、500羅漢(?)が彫り終わったので、スキャナーで取り込んでいる

最中です。           アップしたハンコは座禅姿ですが

お顔や姿かたちに悩みながら、ようやく数だけは揃いました

603609601

彫りなおしたり

修正する気はないので

このままで500羅漢は

本人的には完成です。

あとは、上手く大きな紙に摺れるかが問題です

左から 24*24mm 20*20mm 20*20mm

| | コメント (0)

魚群:大空へ飛び出した魚達01

035

036

018028_2魚達は空へ飛び出した         

勢いよく飛び出したやつもいればふわふわと浮き上がったやつもいる

何のために飛び出したかは未だにわからないが、とにかく、海や川や湖の上を気持ちよく飛んでいる魚がいることを知っていますか河豚も甘鯛もマトウダイもカワハギも空を飛んでいます夢ではありません(最近ボケてきたので真実の程は・・・・・)と家族は疑っていますが

(size 18*18mm)

| | コメント (2)

魚群:水底で何やら話を

  水底でなにやら相談している魚たちです。

082083

15×15㎜の石に彫った

魚です。

空に飛び出した魚達の次は

水底で「空に飛び出す相談」なのか

最近の「水の汚れをなんとかしよう」との相談なのか

ひそひそ話は今日も続いているようです

| | コメント (0)

2008年3月 8日 (土)

ブレンド茶:まぜ茶った

Photo この缶はブレンド茶です

大麦・玄米・ほうじ茶・はと麦・チコリーがブレンドされています

まんまのネーミングです。

①自販機で売っている②缶であること③3種以上がブレンドされている

           ことが私のブレンド茶の定義です

         ペットボトルは除外です。

         これから少しずつ出していきます

         これも街歩きの暇つぶしのひとつです

| | コメント (0)

千手観音で遊んでます

48001 暇つぶしに「千手観音さん」を彫ってみました

この写真は、朱泥で摺る前の印面です

左右対称に彫ったはずが、左右の手の数が

違ってました、全部で81本あります。

これは、2日半ほどの暇つぶしになりました

さて次はなにして暇つぶしをしようかと

考えています

(48*48mm)

         今日の午前中はテニスで汗をかき

         午後はTVでラグビーとサッカー観戦

         夜はボクシング観戦の予定です

          

| | コメント (0)

旅の暇つぶしはスケッチ:リビア02

Libya074 リビアの砂漠です

岩絵が描かれています

牛・らくだ・ワニ   

 Libya077

緑濃い時代もあったのですね

Libya079

(F1 約220×160mm)

| | コメント (0)

旅の暇つぶしはスケッチ:リビア

Libya060a 古いスケッチですが

2006年の秋に行ったリビアのスケッチを

ようやく整理し始めたので一部を載せてみました

Libya061a 地中海側は古代ローマ遺跡の宝庫で

どれも海をバックに雄大な景色を見せてくれます

ガイドさんの説明の合間合間に描いたスケッチに

Libya062a ホテルの部屋で食事の後で色付けしたものです

         お酒はないし、暇つぶしにはもってこいでした

固形の水彩絵の具と筆、水入れは部屋のグラスか灰皿

彩色は色の記憶のあるその日のうちにと

細かな色付けよりも全体の感じだけを大事にと

         思ってスケッチを楽しみました

         次回は砂漠編を載せたいと思っています

         暇つぶしの整理が進んでいれば

| | コメント (2)

トップページ | 2008年4月 »