2020年1月20日 (月)

未完印譜

 

新しい年になって3週間が過ぎても

未だに2018年分の残りと2019年の印譜を

整理しきれていません

①小枝印:aboo-kaiさんの思い出集

②小枝印:お地蔵さん

③石材印:篆刻みたいな四文字熟語みたいな印

④全くのお遊印:逆打ち遍路の思い出印

⑤意味あるような無いような:遍路の名所もどき文字印

⑥山頭火俳句印

⑦良寛さん遊び印

⑧良寛さん歌印

⑨篆刻らしき印

 

 

20200120

 

これから一年後くらい後の完成を目指して

①表紙の紙を準備して

②四ツ目の穴を開けて

③糸で綴じて

④表題を張って出来上がり

 

始めればすぐ終わるのにと思われるでしょう

その通りなんですが、なかなか手を出さないところが

ダメなところなんです

 

まだ今年は始まったばかり

何とかなる何とかなる

 

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

根付地蔵

またまたお地蔵さん

 

今度のお地蔵さんは根付になった小枝の輪切り

Photo_20191216163901

 

小枝印を作るときに切り落とした小枝の輪切りに

(表面はサンドペーパーの必要のない位滑らかです)

輪切りにお地蔵さんの絵を描いて

ミニルーターで穴をあけ

根付紐を通せば

「お地蔵さんの絵が描かれた小枝の輪切りの根付みたいなもの」が

出来上がりです

 

使用したのは

材料の小枝は一年乾燥させた椿の小枝

切った鋸はレーザーソー細工鋸両刃

絵具はアクリル絵の具

細い線はCOPIC

穴を開けたのはPROXXONのミニルーター

紐は通販で買った根付紐

 

| | コメント (6)

2020年1月 8日 (水)

館山散歩

穏やかな陽に誘われて

南房総の館山を歩いてきました

(こんな ⇓ 観光ガイドマップを持って)

20200109001_20200107134303

20200109001_20200107134302

 

↑ 少し迷いましたが

北条海岸の向こうに大きく見える富士山を眺め

20200109

 

「さかなくんギャラリー」で遊び

20200109_20200107170601

 

赤山地下壕にヘルメットを被り懐中電灯を持って入り

 

20200109001_20200107134301

20200109001

 

 

「館山城」にある里見城址公園に上り

20200109_20200107170602

お城は博物館なのですが休館でした

 

全部で2万歩弱を歩きました

 

内房線沿いの家々はまだまだブルーシートが目立っていました

復興はまだまだです

 

| | コメント (4)

2020年1月 6日 (月)

令和二年

遅くなりましたが

明けましておめでとうございます

 

ZIZO48から

房州やのブログが始めります

Photo_20191216163101

皆様にとって

より良い年になりますように

 

ついでに私にとっても良い年であればと思います

2020年

 

さて何して遊びましょうか

 

 

 

やりたいことやれなかったこと

 

1.七輪陶芸の再開

2.面白い小枝印作り

3.木口版画みたいなもの

4.篠竹サンポーニャ作り

5.逆打ち108ケ所遍路

6.大玉スイカ作り

7.テニスでサービスエース

8.遠い所に住む友人を訪問する

 

etcetcetcetc.....

 

何をやりたいのやら

何ができるのやら

何にもできないで終わるかも

楽しみな一年が始まりました

 

笑ったなぁと言える一年でありますように

 

 

| | コメント (2)

2019年12月30日 (月)

「あぼう」小枝印④

今年最後の更新です

 

 

あぼういかいさんの思い出(第4回:最終回)

 

あと2回寝るとお正月ということで

しつこい位に続けた「あぼう」小枝印展は

今回をもちましてお開きとさせて頂きます

最終回はこれまでの①~③で紹介した小枝印を

A4一枚収めましたのでご覧ください

 

一枚目:純黒版

B001

2枚目:彩色版

C001

 

下から上に従って、時代が新しくなっています(多分ですが)

最上段の3印は「あぼうさん」の作ではありません

房州やが勝手に作りました

(房州やのあぼうかいさん・aboo-kai地蔵さん・旅立ちの時に登場したaboo-kai地蔵さん)

右下隅のメガネをかけた桃太郎(モモちゃん)は

「あぼうさん」の作で関東地方では有名なメガネのキャラクターです

------------------------------------------------------

小枝で印材を作るときに副産物として

小枝の薄切りが出来てしまいます

この小枝の薄切りにお地蔵さんの絵を描くことを始めて

随分長くなりました、今回は

「あぼう」さんのイラストのキャラクターのいくつかを

小枝絵にしてしまいました

 

Photo_20191216134701

 

---------------------------------

まもなく新しい年「令和2年」がやってきます

皆様にとって、もちろん私にとっても良い年になりますように

あぼうさんの旅が楽しいものでありますように

引き続きよろしくお願いいたします

遊びに来てくれた、みなさんのご多幸を祈っております

良いお年をお迎えください

来年もよろしくお願いいたします

 

 

「あぼうかい」さんも旅先で良いお年をお迎えください

| | コメント (6)

2019年12月23日 (月)

「あぼう」小枝印③

あぼうかいさんの思い出(第3回)

 

今回を含め「あぼうさん」のブログに登場する人物を

20個程の小枝印にしました

それらしくなんとなく似ている気がします

(あくまで個人的な感想です)

-----------------------------------------

その1(aboo-kaiさん)

 

1.aboo-kai:だいぶ前に登場したkai君です

2.aboo-kai:ブログの片隅に登場する本人です

 

 

Abookai

その2(旅立ちの日のaboo-kaiさん)

 

3&4.aboo-kai氏 旅に出る時の挨拶をする自画像

5.房州やが描いた「あぼう」氏

 

Photo_20191205145401

 

その3(その後のaboo-kaiさん)

5.魔女と一緒の登場した婆:多分カソ村のご近所の婆ではないか?

6.aboo-kai地蔵(石のお地蔵さんにしてみました)

7.aboo-kai地蔵

 

 

Photo_20191205145402

その4(旅立ちの日)

 

あぼう氏旅立ちの図(↓)イメージです

 

銀杏の葉が黄色くなった秋の終わりころ

ブログでみんなの心を温かくしてくれた

バイバイとあぼうさんは旅に出ました

筆ペン名人と自称したあぼうさんは

魔女の筆ペンに乗ってあっという間に飛んで行ってしまいました

今頃は筆ペン地蔵となって

あちこちを旅しているはずです

どこかですれ違うかもしれませんね

 

Photo_20191205150301

 

ごあいさつ

ちょっと遠くへ出かけます。

みなさんおせわになりました

またどこかでお会いしましょう

 

 

この手紙↑を残してちょっと遠くへ行っちゃいました。

 

 

ーーーーーーーーー

昨日は「立冬」明日はクリスマス・イヴ

大晦日・お正月と続きます

色々あった今年も終わろうとしています

 

| | コメント (6)

2019年12月16日 (月)

「あぼう」小枝印②

あぼうかいさんの思い出(第2回)

 

その1

この人物も間違いなく「あぼう」さんの分身に違いありません 

 らくがき君とイエロースットン刑務所の住人です

 

 

Photo_20191205135101

上の段

よのなかはゴールデンウィークらしいが

おいらはまいにちがゴールデンウィークなのだ

きょうもいつものようにウォーキング

南にむかってテクテク

半蔵門から銀座へテクテク築地月島をテクテク

このさきは海だ テクテク・・・

下の段

・まっくろけいつの間に消え夏終わる

・女房の顔も忘れるムショ5年  

・独房はA4サイズの窓ひとつ

・秋めくや小さな窓にUFO

-----------------------------------------------

 

 

その2

 

上の段

ネコのふりするのも楽じゃない

メシがキャットフードには参るぜ

たまにネコ缶も出してくれるけど

ネコのエサはわがはいの口には合わない

ボインの婦警さんと別れるのはつらいけどスキを見て

逃げ出した。

 

 

Photo_20191205135102

↑ 中段:まじょっこ & 下段:斜落(イエロースットン)

----------------------------------------

 

 

その3(山豚火)

 

(カソ村に帰るときの句)

・魚うまし米うまし里へバスの旅

・行く先は紅葉遅い安房上総

---中--

・スターバックスのコーヒーなつかし江戸の夏 --山豚火

こんな句を詠んだが、どうやら平成の名人山豚火の俳句は

江戸の庶民には理解できないようでござる

---下----

なあおっちゃん外はいい天気でがんすよ

・しばらくはニートしてみる九月かなーー山豚火

 

 

01_20191205135101

 

 

-----------------------

その4(これも山豚火)

1つ目の山豚火

 

新発見の土偶だ!!

世界にひとつの土偶だ!!

 

2つ目の山豚火

ごあいさつ

黄色い美術館へようこそ

オープン記念の作品は

「斜落のらくがき展」です

ユニークならくがきたちを

ごゆっくりお楽しみください

 

02

(黄色くなっているのはご存じですね)

 

 

 

房州やは暇な時間をつぶすため

数多くの偽キャラを

オーブン粘土や小枝で作りました

家に置くと邪魔なので、全部、あぼうさん宅に

送りました

ご迷惑をお掛けしましたねぇ

 

旅先で整理整頓をお願いします。

| | コメント (6)

2019年12月 9日 (月)

「あぼう」小枝印①

あぼう氏の思い出

 

aboo-kaiさんが旅に出たというので

何か記念になるものをということで、1日1個を目標に

小枝印を作ってみました

1回10個前後の小枝印をアップしていこうと思います

思い出のある人もそうでもない人も楽しんでください。

---------------------------------------------------

 

 

 

1.某月某日 より

上段:3月02日:アザラシのカモちゃんを写しに

下段:1月19日:お茶でボケ防止

 

01

3月2日

3月に入ってとたんに又冬に逆もどりで朝から寒い

今朝、いつものようにお茶を飲みながら新聞を見ていたら

「緑茶を1日2杯以上飲む人は認知障害になりにくい」とある

認知障害、つまりボケになりにくいというのだ

本当かね。

お茶は1日に10杯は飲んでいるのに、もの忘れがはげしい

目がねはしょっちゅう探しているし

人の名前が出てこない。ひょっとして

飲みすぎもいけないんじゃないのかな・・・・

 

001_20191206091601

↑↑↑

10月30日

「メガネドラッグ」のCMといっても関東以外の人は知らないでしょう

桃太郎、イヌ、サル、キジがメガネをかけて行進する

メガネ屋のCM。それを26年ぶりに改訂することになった。

CMプロダクションに打ち合わせに行ったら

若い制作担当者が

「26年前といったら僕が生まれる前です」といった

そうだろう、26年前にこのアニメを作った僕も

紅顔の美青年だったのだから。

 

-------------------------------------

あぼう

1.名人は筆ペンを選ぶ愛用のぺんてる太字

2.ごぶさたですさぼっておりました

3.そよ風が吹きました

(胸の「あ」は房州やが勝手につけました)

 

Photo_20191205132301

 

上段:ののじがつぶやいた

人は見かけによらぬもの、山豚火はこんな顔して

しの笛を作らせたら上手いのだ

吹くのは苦手らしいが、それでも

カソ村の祭りでは山車の上で

ピーヒャラと吹いているとか!

 

下段:山豚火句

梅雨晴れ間まぶしい四谷三丁目

 

Photo_20191205132302

 

 

同じぺんてるの太字筆ペンを使っても筆ペン名人にはなれません

何本も持っているのですが

| | コメント (10)

2019年12月 5日 (木)

参考資料

遍路のおまけ

1.へんろ交流サロンから頂いた品々

051

2.道しるべの地図など

051_20190717085301

今回持って行ったのは左下の「英語版の地図」ですが

ほかの地図は計画を立てる時の参考にしました

 

3.遍路の実績行程をまとめました

Km/dは札所間の距離を地図に記された距離を参考にしました

遊山・散歩・買い物・寄り道等々は含まれません

051_20190717085302

4.遍路の相棒たち

051_20190717085303

背中のザックには急に使う必要のないもの

(着替え・雨具・医薬品等)

胸のバッグにはすぐに取り出したいもの

(参拝用品・財布・ハンカチちり紙等)

靴の底はすり減ってつるつるになりましたが最後まで働いてくれました

破れた笠はガムテープで補修して雨や陽から守ってくれました

 

 

かなりの手抜きでしたが7巡目の遍路の報告は終わりです

大きな災害もあった令和元年ももうすぐ終わります

来年が良い年でありますように

 

 

| | コメント (4)

2019年12月 2日 (月)

結願の日

9月からずるずると3か月の間続けてきた

12月になりようやくへんろ日記が

今日で終わります

ありがとうございました

お疲れ様

----------------------------------------------

 

 

 

35日目(最終日:結願の日)

宿を早く出たこと

足の調子がとても良かったことで

5~3番の間の宿で泊まるつもりが

1番霊山寺まで行ってしまいました。

 

035

今回の遍路でも感じたのですが

四国八十八か所のトイレが年々改修され

綺麗で使いやすくなってきてます。

(個人的な感想です)

中には、昔のままの札所もありますが

(これも個人的な感想です)

 

 

035_20190717082401

宿坊で温泉付きなかなか魅力的ではありませんか

夜と朝のお勤めに参加させてもらい

住職の講話を聞き

おいしい食事があり、おまけに温泉付き

まさに極楽極楽です。

 

035_20190717082402

順打ちの時には結願の寺でも

人によるとは思いますが

「おめでとう」とは言われませんでした

七巡目でも笑顔で言ってもらえると

嬉しいものです

035_20190717082403

まさか最後の納経所で「お数珠」をお接待

されようとは夢にも思っていませんでした

 

最後の夜は徳島と決めたわけ

次の電車が「徳島行」だった

宿の予約をしたらOKだったから

 

最後の宿は素泊まり

徳島名物でも食べようかと出かけたのですが

最後まで旨いものを食べずに逆打ち遍路は終了です

 

 

翌日は

徳島駅から🚃特急に乗り瀬戸内海を渡り岡山駅へ

時々、懐かしい風景が過ぎていくので、外を見ていました

岡山駅で🍱駅弁と🍺ビールを買い🚅新幹線で東京駅へ

ひと月以上見たかった🗻富士山を見ることができました

 

 

-------------------------

房州やのブログによく遊びに来てくれていた

aboo-kaiさんが遠いところに旅に出て

1か月になります

ひょっとしたら今頃寒い中ですが

痛風で足が痛い痛いと言いながら

遍路に出ているのかもそれません

もう一度逆打ちをするとお会いできるかもしれない

そうなると良いのですが

 

 

 

 

| | コメント (2)

2019年11月28日 (木)

三途難所

このところ関東地方は

山茶花梅雨とかで寒い日が続いています

出かけるところもないので

小枝印を一日一個を目標に彫っています

-----------------------

 

34日目

最後の遍路ころがしに向かいます

玉が峠を越えて鍋岩から焼山寺への登りが始まります

最後です頑張りましょう

 

 

 

034

山門から遍路道に入るまでの間

八十八か所の立派な御本尊の石仏が

並んでいるのでひとつひとつ見ながら歩きました

034_20190716222601

徳島県の遍路宿の中でも多分人柄の良さで評判の民宿を

徳島新聞が記事にしていた

それらは 民宿岡田・鮒の里・旅館吉野・碧  等  

納得した

 

---------------------------------

残った距離を1日で歩くか2日に分けるか

布団に入って考えていましたが

答えの出ないまま眠ってしまったようです。

明日のことは明日決めれば良いでしょう

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

面影井戸

冷たい雨が降り続きました

寒くなりましたね

先日

上野の国立博物館に行ってきました

平成館→本館?→東洋館を覗いてきました

平成館の「正倉院展」に並んでいる時に

建物の間にスカイツリーがよく見えました

(どこにいても見えるのですが)

--------------------------------------------------------------------------

 

 

33日目

天気は晴れのち雨

朝早く起きてたくさん歩いて

どこかで教本をなくし

いろいろあった一日です

 

033

顔が映ってるかどうかがはっきりしなったのは

失せものありの知らせだったのか

失せものが教本だったとは

 

033_20190716221201

033_20190716221202

個人的にはこの御朱印の捺し方には反対です

忙しくても一つ一つ丁寧に心を込めて

捺すことが大切だと思います。

如何思いますか?

 

 

阿波踊り

阿波の殿様 蜂須賀公が 今に残せし 阿波踊り

阿波の徳島 城下の町は 今も踊りの ぞめき唄

月の眉山 浮かれて浮いて 様は踊りの 夕化粧

秋の時雨れに 紅葉を染めて 流れ筏の 吉野川

踊り踊らば 品よく踊れ 品のよい娘を 嫁にとる

阿波の徳島 十郎兵衛娘 お鶴いとしや 巡礼歌

巡礼お鶴の あの菅笠に いとし涙の 雨が降る

・・・

 

 

今日の宿も一人だけでした

夕方から降り始めた雨が夜通し降っていましたが

朝には上がってくれてました

| | コメント (2)

2019年11月23日 (土)

山豚火・筆ペン名人・aboo-kaiさんを偲んで

先日、遠くに旅に出たaboo-kaiさんを偲んで

小枝でいくつかハンコなどを作ってみました

 

20191123abookai

銀杏の葉が舞い散る秋の日

「さよなら」をしました

心温まるブログで楽しませてくれたaboo-kaiさんは

地元では篠笛を作りお祭りで吹いていたそうです

あるとき「山豚火」「筆ペン名人」aboo-kaiと名乗り

色んな才能で楽しませてくれました

きっと筆ペンに乗って天国に行ったのでしょう

今では「筆ペン地蔵」になっていると思います

20191123abookai_20191121155303

 

20191123abookai_20191121155301

 

20191123abookai_20191121155302

 

ハンコは作ったのですが

まだ捺してはいません

最初のころの「あぼう」さんもまだ彫っていませんし

楽しみはもう少し後にしましょう

| | コメント (2)

2019年11月21日 (木)

双鶴臨杉

32日目

大根峠→太龍寺への遍路道→鶴林寺への遍路道

今日は四国遍路道には珍しく半分以上は

山の中にいます

032

割と早く歩けたようで

大根峠越えは約一時間

太龍寺へは阿瀬比から約二時間で

舎心ケ嶽に着きました

納経所の前でいつものようにお昼を半分だけ食べていても

天井の龍を見ていても、誰も来る様子はなく

お寺の人が掃除をしているだけでした

 

032_20190716101101  

今日の宿には3回目位からお世話になっています

一日に歩く距離が合っているのか

宿に合わせて歩いているのか

いずれにしても何度もお世話になっています

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

白水井戸

先日、ブログの友人の訃報が届きました

体調が悪いと病院に行かれて、あっという間に

旅だったということでした

今頃は先に逝った奥様と笑いながら話をしているのでしょう

 

私にとってのとても悲しい出来事でした。

 

-------------------------

 

31日目

遍路ころがしに向かう前に今日は足を休める

海が見える峠を越えのんびり歩ける遍路道です

 

031

この休憩所の先の左側に土佐街道と書かれた

看板が立っています、薬王寺へ向かう道になります

雰囲気のある遍路道だと「めだかの里」の

おじさんが言ってます。

↓ このトイレは元学校の体育館にあります

遍路道から100m弱歩きましょう

031_20190715154801

長く歩いていると、遍路に不要な荷物が増えたり

することもあります(あれこれを頂いたり、地図や案内書を頂いたり)

早く着きすぎて暇なので整理して家に送ることにしました

箱を頂いて、箱に入るだけ詰め込みました

少し荷物が減って軽くなり、残りの歩きが楽になります

(残ったのは着替え・雨具の他は納経用品位のものです)

 

(本当に必要な物ってこれだかと思います)

前回はこれ以上野宿をしないと決めたときに

シュラフなどを送ったことがあります。

な物ってこれだかと思います)

 

 

 

 

何度も思うが難しい断捨離

遊び道具を何とかせにゃ

そう思いながら、昨日は小枝を切ってました

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

«後向薬師