2020年9月14日 (月)

水槽混乱

写真はありませんが

先週のスイカを収穫し食べました

◎優:0個 残念ながら売れるものはない

〇良:2個 優良ではないがまあ旨い

△可:2個 良ではないがスイカの味だ

✖不:1個 すいかというよりサクサクした甘みの少ない他の果物

来年はスイカに再挑戦か、他の何かに挑戦か

------------------------------

スイカを収穫した後の雑草の茂った庭を見ていて

我が家には秋の七草が一つも、ないことに気がつきました

萩・すすき・葛

なでしこ・おみなえし・藤袴・桔梗

 

何にもありません

 

万葉集を探してみました

「秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七種の花」

山上憶良

----------------------------------------------

さて本題です

章魚さんちの鯨にも河豚にも切り絵が付きましたが

我が家の石雑魚には切り絵も言葉も付きません

勝手気ままに泳いでいます

それでも時々事件は起きます

20200916

水族館の水槽にサメが紛れ込んでしまったようです

気付いていない魚もいるようですが

慌てて飛び出した魚もいます

隣の水槽なのに飛び出してしまったあわてんぼうもいます

 

 

石魚水族館は水道代も餌代も不要ですが

重たいことと場所を取ることが問題です

 

| | コメント (6)

2020年9月 7日 (月)

鯨青海波

そろそろ収穫が終わりだと頃に

小さな実が出来ているのを見つけ

引っこ抜くのは可哀そうにと思い

肥料をやり水をやり藁を敷き育ててきましたが

時期遅れのせいかあまり大きくなりません

そろそろ甘くなったでしょうか、中身は赤くなったでしょうか

1個は破裂しました、一個は虫の食料になりました

答えはまだ分かりません

小さな庭にできた小玉スイカの話でした

--------------------------------------

三つ目と四つ目のインチキ長額に

今度は石の魚などを泳がせてみました

 

20200908

水族館でおしゃべりしながら泳ぐ石の魚

写真が斜めになっていますが

まぎれもなく石に擬態している魚の群れです

(石の模様には個性があります)

(全部同じ海岸で拾ったものです)

---------------------------------------

20200908_20200812080801

青海波と石くじら

仲良し親子マッコウ鯨だと思います

そう思いませんか?

(千代紙の青海波に泳がせました)

---------------------------------

魚だと思って真剣に見ればそれは魚です

鯨だと思ってみれば鯨です

石にしか見えないとすればそれは修業が足りません

「カァーツ!!」

 

| | コメント (6)

2020年8月31日 (月)

月に飛影

前回に引き続き「石のふくろう」です

 

------------------------------------------

手抜き縦長合体額に石のフクロウ

月を横切って飛ぶのは

20200831

「風呂敷マントの怪人とふくろう」

 

 

 

昔々月光仮面が50ccの白いバイクに跨り

白いマントをひるがえしていた頃

子どもたちは風呂敷を首に結んで走り回っていました

 

----------------------

20200817002

 

釈迦如来

暑さの夏はスティホーム

----------------------

 

20200817003

薬師如来

薬師様はコロナなの薬をお持ちか

----------------------

20200817001

山上修行

夕涼みではありません修行中です

----------------------

| | コメント (4)

2020年8月24日 (月)

満月と梟

真昼間に外に出ると焼け死ぬような暑さでしたが

皆さん元気で生きてますか?

昨日の雨で今日は少し楽に息ができそうです

餌台にやってくる「スズメ」も「四十雀」も

動きがなんとなくだるそうでした

--------------------------------------

何の芸もなく石のフクロウは額の中へ

--------------------------------------

100均の小さな木製の額二つを合体させ

見栄えの悪い長い額を作りました

恰好は悪いけど「石のふくろう」には似合うかな

20200824ufo

フクロウは気がつきませんでした

 

流れ星が長い尾を引いて流れていったのも

空飛ぶ円盤が空に消えていったのも

あおむしくんが額に上ろうとしていたのも

 

-------------------------------

文字よりもこっちのほうが彫りやすいようです

20200824001

十一面千手観音菩薩座像

暑ければ小さな扇風機・団扇を使って下さい

--------------------------

20200824002

赤不動明王座像

この夏のお不動さんは

特に暑いでしょうね

時には小さな火にして下さい

-------------------------------

| | コメント (4)

2020年8月17日 (月)

振向仏達

先週は久しぶりにサッカー観戦に出かけました

とても暑い日でした

こんな日にマスクをずっとしてたら

コロナに感染しなくても熱中症にならないかと心配です

残暑とは言え今が一番暑い時です

コロナにも熱中症にも水の事故にも

いろいろ気をつけましょう

-----------------------

先週、閑爺さんからハガキが届きました

想像力を働かせてください

(ピッチャー側から見たバッター・キャッチャー・審判の絵があり)

絵の上にはこんな言葉が

・・・・・・・・・・・

新しい夏の甲子園の応援風景です

シーーーーン!

パチ!!パチ!!パチ!!

 

・・・・・・・・・・

どんな絵だったか想像してください

ありがとう

---------------------

観客人数制限のサッカー応援に何度か行ってますが

太鼓・笛・大声での声援・大旗・タオルの振り回し一切ありません

静かな代わりに選手同士の声が良く聞こえます

特にキーパーの声が

良いプレーには拍手が響きます

いわゆるサポーターには物足りないかもしれませんが

私にはこの雰囲気が心地よく試合に集中できる気がします

今年はこの方式で最終節まで行って欲しいものです

-------------------------------------

・・・・!?

誰かに呼ばれた気がした

私を呼んだのは誰

 

 

126bw001

と如来が振向きました

070bw001

お地蔵さんも振向きました

誰か呼んだ?

127bw001

振向かなくてもよい阿修羅は気がつきました

呼んだのはあなたですね

---------------------------------

こうして

今日も話すことは

「暑い」・「コロナ」・「熱中症」

| | コメント (6)

2020年8月10日 (月)

蜻蛉・蝶

 

夏休みになると

蝉を捕ったり

(今年は庭に蝉の出てきた穴を10個以上見つけました)

(抜け殻は4つしか見つけられませんでした)

蜻蛉を追っかけたり

(今年も庭にやってきて棒の先にとまったりしてます)

山でカブト虫を探したり

したものです

------------------------------------

 

088bw001

トンボ飛ぶ

--------------------------------

 

093bw001

黒揚羽休む

昼寝中のお地蔵さんに黒揚羽がとまりました

--------------------------------

20200810008

「以介眉壽」

以って眉壽を介く

長生きできるよう助け守る

 

-------------

20200810009

「休息萬命」

クサンメ→休息萬命→くしゃみ

(長寿)

古いインドの言葉らしいです

くしゃみをした人に対して使う言葉らしいです

------------

20200810010

「四苦八苦」

四苦=生苦・老苦・病苦・死苦

愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五陰盛苦

 

四苦36+八苦72=煩悩108

ただの数遊び???

| | コメント (4)

2020年8月 3日 (月)

ガタピシ

 

130bw001

不動明王さん

赤い炎で疫病を焼き払ってもらいたいものです

-----------------------------------------------

連日1000人を超える感染が発表されています

房州やの住む町では軽症のようですが是までに5人の感染が確認されました

暑くなると、コロナ感染症は少しは収まる等との話はありませんでしたか

 

-------------------------------------

20200803005

 

「我他彼此」

此れあるが故に彼あり

あれとこれ、自分と他人

対立と考えず相互関係を大切にということかな

コロナは嫌だけど

-----------------------------------

20200803006

「千萬珍重」

コロナ禍の中

ぜひとも体を大事にするよう願います

あなただけでなく他のだれかもね

--------------------------------------

そんな中こんな記念誌が

送られてきました

 

20200803002

20200803001

歩き遍路をした人ならよくご存じの

前山おへんろ交流サロン」の

開館20周年記念誌が

送られてきました。

いつもありがとうございます

お世話になりました

またよろしくお願いします

 

| | コメント (4)

2020年7月27日 (月)

木喰自刻

今年は夏休みはあるのでしょうか

GoToトラベルキャンペーンは最後にどう評価されるのでしょうか

今は自粛を続けながらコロナ禍が収まることを

願うだけです

ついでに小さな家庭菜園の🍉ミニスイカがもっと甘くなりますように

 

135bw001

木喰のように見えた人手を挙げて!!!

 

コロナ禍で忘れていましたが

もうすぐ八月です

---------------------------------------

久しぶりに文字印を彫ってみましたが

相変わらず真直ぐな線が彫れません

彫り巾も深さも同じにはなりません

 

20200727003

座華酔月

花を飾り月でも愛でようと思った

今年の七夕の夜は雨でした

-----------

20200727001

十酔傳説

ただの酔っぱらいになるのも

この時節飲み屋街では、なかなか難しい

----------

20200727002

風簫簫

風は吹いているだけで気持ちいいのだが

夜の散歩も自粛中

-----------

20200727004

閒中一楽

いつも暇なのですが

趣味はと聞かれて言えるものはない

人に何を楽しみと言えるでしょう

---------------------------------------------------

新しくこんなものを作ってみました

20200727

 

くじらとふくろうとだるま

左上から時計回りで

 

月とふくろう

だるまとふくろうのにらめっこ

仲良しおやこくじら①(両親と子ども)

仲良しおやこくじら②(母と子)

だるまさんがころんだ

 

今のところ、この程度の数ですが

100均で額縁を探してみようと思います

木肌色では寂しいので額縁に色をつけようかなと思ってます

 

--------------------------------------

事件です

我が家のプリンターが印刷用紙の選り好みをするのです

〇普通用紙は印刷します

✖写真光沢紙は嫌だと言います

特にハガキ大以上は特に嫌いなようです

L版は印刷したりしなかったり

(ローラーの掃除もしたのですが)

 

 

| | コメント (10)

2020年7月20日 (月)

願六地蔵

昨日から大相撲7月場所が始まりました

色々と対策を取っているようです

22日からGoToトラベルキャンペーンが始まるようです

うつらぬようにうつさぬように

楽しんで下さい

----------------------------

一次の続きそれとも二次の始まりでしょうか

感染者の数が増えています

自分のことは自分で守るのが基本なのですが

新型コロナウィルスがなかなか手強いので

お地蔵さんに団体での「疫病退散」をお願いしました

120bw001

大きな輪或いは

ジグザグ体系で間隔保って

114bw001

前後の間隔は2m  ほぼ縦一列で

083bw001

同じお顔で横一列で両手を広げても届かない

068bw001

喜怒哀楽地蔵尊も前後左右の間隔開けて

047001

ウルトラの星のお地蔵さんも

長い旅をしてやってきました

寝てはいません祈っています

 

みなマスクはしていませんが

野原で地蔵間隔保っています

 

六地蔵(6)✖ 5チーム で 効果は30倍  多分

 

------------------------

どうでもいいニュースです

少し羽化が遅れ心配していた「黄揚羽蝶」が昨日羽化しました

ほっとしました

| | コメント (4)

2020年7月13日 (月)

〇△☐❓

人生の初体験

人数制限をして開催したサッカーの試合を観戦しました

検温→手の消毒→チケット確認→荷物検査→チケットもぎり→指定された席へ

〇✖✖✖〇✖✖✖〇

✖✖〇✖✖✖〇✖✖

〇✖✖✖〇✖✖✖〇

(席の配置 ↑ イメージ図)

〇:観客  ✖:空席

試合は負けましたが

鳴り物の応援もなくタオルを振り回すこともなく大きな旗もなく

良いプレーには拍手をし選手同士の声が良く聞こえる

この雰囲気は好きです

------------------------------------------------------

本日の記事

ずいぶん昔のことです

仙厓さんの展覧会で「〇△☐」の絵?を見ました

よく意味がわからないままですが

・・・・・

仙厓さんとは何の関係もありませんが

こんな絵を切っていました

「〇」  

087bw001

 

「△」

077bw001

 

「☐」

064bw001

-----------------------------------------------

大発見ニュース

1.スイカの幼児✖3個が大きくなってきました(直径約8~12cm)

2.蛹になるために旅に出た「あおむし」✖3を発見

そのうち、2匹が蛹になる瞬間を見ることが出来ました

 

----------------------------------------------------

始めました

断捨離・終活の一環として

初期のブログ記事を削除しました(2008年3月迄)

これから新しい記事をアップする都度

→古い記事を削除することにしました

良し悪しは別として

| | コメント (10)

2020年7月 6日 (月)

活動再開

強風と雨で

九州南部の豪雨被害心配です7日まで降り続くとか

コロナの心配をしながらの避難生活は大変です

今日は朝から強い雨と風が吹きつけています

 

 

少しずつ動き始めてます

東京を中心に新たな感染者が報告されて心配です

経済も動き始め人が町に大勢出るとこうなるとは予測されてはいたものの

加えて梅雨明け後の暑い季節には熱中症も心配の種

マスク姿だけは定着しました

なんとかなって欲しいものです

昨日東京都知事が決まりました

 

6月1日から

四国八十八カ所の霊場では

通常通りの参拝が出来るようになったそうです

外出自粛が続く中、他県(四国以外)からの

お遍路さんは増えているのでしょうか

--------------------------------

プロ野球が、6月19日から無観客で試合が始まりました

Jリーグも再開し、6月27日から無観客で試合が始まりました。

通常通りの観戦が出来るのはいつ頃になるのかは

予測はまだできませんが、少しずつ動き始めてます

暇つぶしの一つが復活しそうな気配です

------------------------------------------

六粒ですが珈琲の実が少し大きくなりました

20200706

初めて実をつけました

初めてのことなので、このあとどうなるのか

赤い実になるのが

楽しみです

-----------------------------------------------------

お地蔵さんも遠足へ

069bw001

六地蔵さんは三密になりにくい野原にお出かけです

 

誰もいないような場所ではマスクを外して

久しくしてない深呼吸をして、リラックスしてみませんか

 

| | コメント (6)

2020年6月29日 (月)

疫病退散

「オーブン陶印」

20200608001_20200525103201 

 

「痰疾を除き

永く康休にして

萬寿寧かれ」

 

なんとなくコロナ退散に似ていませんか?

 

 

20200608001_20200525103202

書体を変えてみました

 

 

私なりのオーブン陶印の作り方手順

1.粗くハンコの形を作ります

2.生乾きが彫りやすいので少し乾燥させます

3.平らにした印面に左右逆文字を墨で書きます

4.補刀するため150度程度の少し低温で焼きます

5.印面をサンドペーパーで平らにし補刀します(注1)

6.160~180度で焼成します

(注1)

粘土板は乾燥していく中で

中央部と周辺部でどうしても乾燥に差が出ます

そのため印面は反ってしまいます

 

----------------------------------

黒い紙を左右に分割したら

132bw001

手抜き切り絵で阿弥陀如来坐像

黒い紙を左右に分割し

少しずらして隙間を作りました

なんとなく光と影を切ったように見えませんか?

---------------------------------

彫りたてでまだ捺してはいませんが

少し意味ある印

20200701001

上から

「千萬珍重」

ぜひとも体を大事にするよう願うこと

「座花酔月」

風雅な時を過ごすこと

「閒中一楽」

のんびりしている暇なときのひとつの楽しみ

 

お遊びの印

20200701001_20200624124601

「我他彼此」

がたぴし:仏教用語

争いごとが絶えないこと

「風蕭々」

風の吹くさま

「十酔傳説」

多分?焼酎の銘柄

| | コメント (6)

2020年6月22日 (月)

房州や印

プロ野球が19日に開幕し

7月4日には長い間休んでいたJリーグが再開されます

少しずつコロナ禍は改善されているのでしょうか

県境を越えての移動も出来るようになりましたが

何故だか少し不安が残ります

 

----------------------------------------

暇な時間にまだこんなこともしていました

前回と同じ落書き↓

20200615

写真を見ながら鉛筆でプリント紙の裏紙に

描いています。

-------------------------------------

 

無駄に彫ってしまった印をみてがっかりし肩を落とすこと↓を

繰り返していました

(断捨離の一貫でいらなくなった印材を処分しようとしています)

 

20200615001

何かを描いたら(作ったら)捺そうと思って

「房州や」の印を作っていましたが

その機会もなく数回捺した位のあまり使われたことのない印

房州やが好きな印は

上段右端の七輪陶印ですが

今後もあまり使われる予定のない「房州や」印たちです

 

---------------------------------------------

断捨離している、それなのに懲りずに

これも使いそうにないオーブン陶印を作ること↓

 

20200615001_20200525103802

「喜ぶ老人」→「喜老人」

5月にオーブン粘土でハンコの形を作り

6月になって字を書き彫り焼成したものです

10万円が来たといっては喜び

マスクが届いたら、本当に配ってるんだと思い

20200615001_20200525103801

「喜ぶ老翁」 喜老翁

老人よりも老翁の方がいいかな

七十七 → 喜 

喜寿になったら使える?

でも

どんな時にどんなものに捺せばいいのか?

 

暇つぶしになったから、それでも良しとするかな

 

-----------------------------------------------------

125bw001

ほたる地蔵さん

今年は里山の「ほたる鑑賞会」は中止になりました

暇つぶしが一つ減りました、仕方ないですね

来年もほたるは飛んでいるでしょう

| | コメント (8)

2020年6月18日 (木)

蝶になる

 

 

蛹になって10日目

ついに あおむしは 美しい蝶になりました

蛹を見つけてから10日目なので

(普通、蛹になって10~12日で蝶になると聞いていたので)

気になって、朝起きてすぐにチェックしましたが

羽が透けて見えるわけでもないのですが、少し気になりながら

用があって、わずかの時間ですが外に出ました

帰ってきて蛹を見ると

蛹になろうとして移動している時にバケツの底に落ちたように

蛹から羽化しようとしてバケツの底にひっくり返っていました

以下、救出してからの写真です

20200619  

バケツにしがみついて羽を伸ばそうとしています

20200619_20200617160101

少しだけ羽が広がってきました

20200619_20200617160102 

広がりつつある羽根を背中から見たところ

 

20200619_20200617160201

落ちそうだったので、この後、シャツに停まらせました

20200619_20200617160202

しっかり停まることが出来るようで

羽根を少し動かしながら乾かしていました

20200619_20200617160203

いつ飛び立っても良いように

風が吹いている外の珈琲の木の葉に

停まらせて観察を続けました

しばらく見ていましたがなかなか飛び立ちません

見たり見なかったりして油断した時、急に羽を広げ飛び立ちました

20200619_20200617160204

遠くまで飛んでいかず

すぐに近くの桃の木の陰で休んでいました

20200619_20200617160205

長いこと休んでいました

羽化途中を発見してから2時間位過ぎたころ

羽を大きく広げふわっと飛んでいきました

 

楽しい思いをさせてもらいました

ありがとう

 

卵を産みに戻ってくると良いのですが

| | コメント (4)

2020年6月15日 (月)

蛹になる

今週末はプロ野球が開幕します

試合数が減りますが野球ファンは遅いですが

球春(夏)到来です

本日、サッカー再開後の試合日程が発表されるそうです

無観客・観客制限が当分続くとのことなので

まだまだ日常は遠いようです

もう少し自粛生活を楽しみましょう

 

 

先週の月曜日の昼過ぎから状況がかなり変わりました

 

「あおむし」だった揚羽の幼虫は

「蛹」に姿を変えました

 

キアゲハの幼虫が嫌いな方は見ないほうが良いかもしれません

 

 

20200611

最初は直径1mm位の卵でした

20200611_20200607140801

卵の向こうに黒いの見える、それが孵ったばかりの幼虫です

20200611_20200607140802

鳥のフンのような色形をした黒虫時代のあおむしです

今思えばほんの少し前のことです

20200611_20200607140803

何度か脱皮を繰り返し黒虫君はあおむし君に変わります

これからぐんぐん大きくなっていきました

20200611_20200607140804

もりもり食べるようになり、一日に2~3枚(それ以上かも)

20200611_20200607140805

目のように見えるのは模様です

体を大きく見せて鳥などに食べられないよう

威嚇するためでしょうか

本当の目は体の先端の小さな部分にあります

20200611_20200607140901

これから先が月曜日にブログをアップしてからの変化になります

昼過ぎのことです

蛹になるために良い場所を探しに生まれ育った木を

あとにします

結構歩くのが早いのです

木から降り

植木鉢を二つ乗り越えて

三つ目の植木鉢から

20200611_20200607140902

さらにキウィを買ったときのバケツに乗り移っているところです

かなりの早さで広い範囲を動き回ります

この後、稲を育てたバケツに落ちて

登っては落ち登っては落ちるを繰り返していました

そのうちバケツから脱出して、人目の着かない場所で

蛹になるものと思っていました

20200611_20200607140903

夕方になってバケツを見ると

まだバケツの中にいるではありませんか

ほぼ蛹になった状態で

20200611_20200607140904

翌日見ると完全に蝶の蛹です、蝶になる準備をしているのでそっとしておきましょう

20200611_20200607140905

小さな甘夏(?)の葉っぱには

全部で20個(ここまで探した)の卵が

新たに見つかりました

3~5mmのくろむしも、もそもそ動いてます

キアゲハの幼虫観察はまだまだ続きます

 

 

柑橘類の木があれば、きっと卵は見つかるはずです

一緒に観察しませんか?

 

108bw001

110bw001

 

昨日は東北地方北部まで梅雨入りしました

田の草地蔵にも雨が降り

燕の飛ぶのを目で追っているに違いありません

 

| | コメント (4)

«小石悪戯