2018年11月11日 (日)

千成瓢箪③

 

20181088004 4.「ひょうたんごっこ」での

      中身の出し方に従って

①指示通りに酵素液を作る

②スポイトで瓢箪の中に入れる

   ※「ひょうたんごっこ」の

     説明書に従います

 

千成瓢箪は口が小さいので

   スポイトを使いました

 

 

 

 

 

20181088005 5.お湯と酵素液で中身を

     満たした瓢箪から液が

  漏れないように栓をします

(布がなかったので、脱脂綿を

使いましたが問題ありません

  でした)

 

 

 

 

 

 

 ※従来の水没式の場合は、単純に瓢箪に水を入れるだけで

 6.に移ります 時間(千成瓢箪で約3週間)はかかりますが

   出来上がりは問題ありません。

 

20181088006  6.中身を腐らせるため

  &表皮を腐らせるために

    水没させる

    浮かんでくるため

レジ袋に水を入れて蓋代わりに

使いましたが、疵つくこともなく

問題はありませんでした

 

 

酵素液を使わずに瓢箪を最初から水に漬ける方法が一般的です

その場合は 3→6になります 約3週間、瓢箪の腐る臭いが

しますが我慢しましょう  ご近所には我慢してもらいましょう。

水に漬けたので、暫くは何もすることはありません

  のんびりして待ちましょう

---------------------------------------------------

時々二羽で遊びに来てます

20181111

           餌をさがして動き回った後、どこかへ飛んで行きました

| | コメント (4)

2018年11月 6日 (火)

千成瓢箪②

20181088001  1.葉が枯れてから収穫した

         瓢箪が材料です

   1)実に近い所をカッターで

          蔓を切断

   2)蔓の径+αの大きさの

          穴をあける

    電動ドリルの方が錐より

    綺麗にあけられます

    千成瓢箪の場合は

        約8mm位のドリルの刃を

          中心に準備すると

    良いでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

    ↓ こんな感じで穴をあけます

2018108820181088002         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  2.瓢箪の中にドリルで開けた

       穴は(黄色部分)のように

      なっています

   このままでは中身が腐り

      にくいので

   3の.作業をします 

 

 

20181088_220181088003  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.中身を崩すため、

    「竹の棒」等を差し込み、

   ぐるぐるかき混ぜて中身を

  崩します、この時内側を

  疵付けないよう慎重に

  ぐりぐりします

 

 

 

----------------------------------------------------------

季節外れの朝顔が咲いてます

  落ちた種から芽を出し、花が咲きました、地面から15cm位の高さで

20181106
                あといくつかは咲きそうです

                さすがに花は小さいですが

20181106
                   おなじ朝顔の2日目  しおれてくる様子はまだありません

20181106

                     3日目の朝に萎んでしまいました

20181106

                              4日目の朝にはさらに萎んで小さくなりました

 

| | コメント (8)

2018年11月 1日 (木)

千成瓢箪①

千成瓢箪を収穫したところまでアップしていましたので

中身を取り出し(種を取ったり・・・)、乾燥させたりの工程を

写真なしですがご覧になり参考にしてください

1.準備した道具一式

201810880

左から

 1.錐:口の小さなひょうたんに中身の取り出し口を開けるための道具

 2.カッター:蔓を平らに切る道具

 3.中身を取り出すための治具 2本

 4.中身を取り出す方法により道具・材料が異なります

    4-1.ひょうたんごっこ:酵素の働きでひょうたんの中身を溶かし出す

        (商品名)              ---( 1~2日で中身が融けます )----

       内容物   酵素(アルミ袋入り)10g×5袋 植物繊維分解酵素

              クエン酸(透明袋入り)0.2g×5袋 pH調整用

    4-2.水没させて中身を約3週間腐らせます

            バイオ処理or水没処理の選択は

          臭さに何日耐えるかの差と

          遊びに費用を掛けるか掛けないかの差

 

 5.スポイト: (4-1)小さなひょうたんに効率的に酵素液を

                             瓢箪に入れるための道具

 6.小型電動ドリル:中身を取り出すために瓢箪の口に穴をあける

 7.ピンセット:中身を出すときに口に引っかかった種を取り出す

 8.内部を綺麗にする治具:「押しバネ」を竹に固定しただけの道具です

               押しバネはDIYの工具売場に売ってます

       棒は竹でも木でもあるものを使います(径は穴径よりわずかに細く)

 7.ゴム手袋:腐った水に手を突っ込んだり、皮の腐った瓢箪を触りますので

          滑り止めにあれば便利です

   次回から。作業にかかります

 

 

--------------------------------------------------------

玉ねぎの苗を約100本植えました

20181101
              みんな大きな玉になってくれると嬉しいのですが

| | コメント (8)

2018年10月27日 (土)

六地蔵大

20181022

         今回オーブン陶土で作った中で

         大きな方から並べたお地蔵さん六体です

 

         最後なので判らないだろうが足元も変わっています

         気のせいか、大きさのせいか

                   少し大人びて見えませんか

         スタイルも二頭身ちょっとあります

 

                   十八体全員集合

20181022_2

         全員で集合写真を撮るの図です

         太陽に向かって写すと眩しいと言うので敢えて逆光です

         集合写真で顔が見えなかったり目を瞑っていたりしたこと

         ありませんか   

         小から大へ綺麗に揃えるつもりが、

         適当に作るので、なかなかうまく揃いませんでした

         是もまた良しということで   

 

----------------------------------------------------------------

  作り方

    頭と胴体は別々に作り、後で

    接合部に凹凸をつけドベを塗り接合しました

    頭も胴体も中はくり抜いています

        (粘土の節約と焼くときの割れ防止のため)

    乾燥後(色が白っぽくなったら)に電子レンジをオーブンにセットし

    粘土の袋に書いてある温度にセットし 

    アルミシートを敷いたお皿に全部のせて焼きます

    焼いた後(多少収縮します)、アクリル絵の具で彩色しました。

    誰でも出来る簡単な暇つぶしの紹介でした

    お地蔵さんの頭の大きさに合わせて

    麦わら帽子と笠を作ってみようかな

 

| | コメント (6)

2018年10月22日 (月)

六地蔵中

20181017_2

 

            前回の六体の次に大きい お地蔵さん六体

            前回と比べてみてください、どこか大きいなと

            感じると思います

 

            背景が緑だと自然の中に立っているようです

            前を見るものがいたり上を見ているものがいたり

            バラバラですがそれもまた良しということで

            二頭身ですがそれもまた良しです 

 

 

 

 

----------------------------------------------------

  10/21 一匹残っていた揚羽の幼虫は、うろうろ歩きまわっていましたが

     20日から植木鉢にくっ付いて動かなくなり まだ若干緑色が残って

     いますが、昨日蛹になりました

     観察しやすいように2匹の蛹はお互いの側に置きました

     幼虫の成長記録はしばらくお休みです

 

| | コメント (10)

2018年10月17日 (水)

六地蔵小

20181017


              オーブン陶土で作った 

              この形のお地蔵さんは十八体

              作ったお地蔵さんを背の順に並べました

              小さい順に選ばれた六体です。

              逆光ですが

              緑の前に並んでいるのも良いものですと

                     自画自賛

 

| | コメント (8)

2018年10月12日 (金)

不揃地蔵

 どんぐりのクッキーを作りましたが(多分いや一回目は確実に失敗です)

   用意したもの

    1.どんぐり 約200個    1)茹でて皮を剥き粉にする

                  又は 2)炒って皮を剥き粉にする

    2.薄力粉   100g

    3.バター   100g  

    4.砂糖     100g

    5.片栗粉     30g

    6.バニラエッセンス  数滴

   手順 

    1.砂糖とバターを滑らかになるまで混ぜる

    2. 1に薄力粉と片栗粉をまぶし、卵の白身にバニラエッセンスを数滴入れて、

         ざっくりと混ぜる

    4.どんぐりの粉を 2に混ぜる

    3.アルミホイルの上に、クッキーの形を作り、オーブンに入れて焼く

            170℃ で 20分

      ジャムなどを乗せて  15分

   反省

    1.○形も香りも上手くいったのですが、

    2.×粉にした時に大きな粒が沢山残ったこと  → 時間をかけ粉にし

                                     よく篩うことにする

    3.×時間が長すぎたのか電力が強かったのか底部に焦げ目が出来

      固くなったこと

                                  → 幾つかの時間に分けて

                                     焼き具合を調整する

    4.×ジャムが溶けだしたこと

              →多分上記原因&固め又は形のはっきりしたものにする

 

------------------------------------------------------------------

  ◎反省点を取り入れともう一度作ってみました

     100個分ほどのどんぐりの粉を、もう一度細かい粉にしました

      (1~2mm位の粒がありましたが、篩うことはせずに使いました)

     他の材料はどんぐり粉の量見合いに調整しましたが

     卵の白身は1個分使いました

  ◎作業の手順は前回通りです

     最初より粘りが出て、上手くいったようです

     (縄文人・弥生人が食べていたであろう野性味は多分ありません)

---------------------------------------------------------------

20181012

                              上段:初めてのどんぐりクッキー

              下段:2度目のどんぐりクッキー

-----------------------------------------------------------------

  何度も登場しているお地蔵さんです

   他のグループとは少しだけ違うタイプのお地蔵さん達です

     大きさも動きも勝手気ままな自由人のようです

20181012

        大きさも形も向きもバラバラな六地蔵さんです

        右端の小さいので4cm位なのでその他のお地蔵さんのサイズは

        想像して下さい

        灰色の背景になっているのは「屋久島の杉」です

        あれから4カ月

        「何かに」なれないまま転がされています。

------------------------------------------------------

蝶の幼虫情報は記録の意味もあり、変化があり次第アップします

  期待している人はいないでしょうが

-------------------------------------------------------

10/12 9:30   昨日は緑色の幼虫でしたが、今日は蛹になってました

20181077
10/12  昼過ぎ 一匹がどこかへ行ってしまいました

          あちこち探してようやく発見しました

               壁に向かって瞑想中のようでした

20181077a
               夕方には違う場所に移動していました

20181077b

                  縦になっています

                 蛹になる準備をしているようです

                 何日後に蝶になるのでしょうか?

                 昼間なら見られるのですが 

| | コメント (10)

2018年10月 7日 (日)

平地蔵②

追記③10/11  戻した幼虫か、捕まえられなかった幼虫か

         植木鉢に留まっているのを昨夜、発見しました

20181077
            ボケた写真ですが、蛹になる準備中のようです

            一匹はどこでどうしているのやら

----------------------------------------------------------------

追記②10/10   戻した幼虫がまたいなくなってしまいました

          脱走したのか?蛹になるための場所に移動したのか?

                    小鳥に食べられたのか?

          黒い幼虫が脱皮して小さな緑の幼虫になってました

          現在の幼虫数:3     以上

------------------------------------------------------------------

(追記:10/10)  4匹いた筈の幼虫が2匹いなくなっていました

           さては、鳥にでも食べられたのかなと思いましたが

           念のため、付近を探してみると、一匹が這っていました

           元の葉っぱに戻しましたが、残りの一匹は見つかりません

           どこかで蛹になろうとしているのか、食べられてしまったのか

---------------------------------------------------------------

先日、グレープフルーツ???の苗の葉っぱをモグモグ喰ってた蝶の幼虫が

4匹とも黒から緑に変わっていました

頭を突っつくとオレンジ色の角を出します

無事蛹になり成虫になれれば良いのですが

昨日も四十雀が遊びに来てましたが、見つからずにすんだようです。

20181077

                                                     ↓

20181077_2
                   よーく見ると、少し可愛い?    
-------------------------------------------------------------

     未発表のお地蔵さんの数を数えてみると 

     いつものペースだと10月一杯はご覧頂けそうな数がありました 

     通している紐は製本する時に使う麻紐、

       ぴったりの紐を探しています

20181007

        ↓ 前回の平らなお地蔵さんと今回の平らなお地蔵さん

            全部でお煎餅十地蔵

20181007_2

                断捨離対象として郵送するにも

                ほぼ確実に割れてしまいそうで

                出窓に寝転がっています

| | コメント (6)

2018年10月 2日 (火)

平地蔵①

      お地蔵さんが

      増えましたので、暫くはお地蔵さんをご覧ください

20181002

     薄っぺらなお地蔵さんを作ってみました

     後の板がペラペラ薄っぺらなので割れてしまいそうです

     あれこれ工夫をしたつもりが、出来上がって見ると

     工夫の跡も努力の跡も見られませんが

     なんとなくいつもお地蔵さんのようには見えます(個人的には)

     穴をあけて、紐で壁に掛けられるようにしては見ましたが

        割れないように注意すれば、画鋲でも止められるかな

| | コメント (18)

2018年9月28日 (金)

猫褌借⑥

追記(10/1)

台風24号による被害はありませんでしたか?

我家の被害は

・月下美人の花がひとつ折れました

・あげは蝶の幼虫は無事でした

・植木鉢が倒れました

・葉っぱが沢山散って掃除が大変です

  なので被害はありませんでした

--------------------------------------------------

これは借りたのか?パロディなのか?オマージュなのか?

好奇心の行き過ぎか?

いたずらか? 落書きの一種か?

aboo-kai 氏のブログに登場する人物には髪の毛がないので

もし髪の毛があったらと、

ウィッグをつけてみたがどうだろう

多分、aboo-kaiさんに似ているに違いない   フッフッフ

((髪の毛と濃いひげを想像してみました))

                  aboo-kai氏にもし髪の毛があったら

20180928abookai

                   山豚火氏にもし髪の毛があったら

20180928

20180928_2

               どこか似ている

        ひょっとしたら、aboo-kai=山豚火=斜落?(少しは毛があるみたい)

            全部同じ人物か?疑惑がまた膨らむ

      気になる人は 4行目の aboo-kai 氏をクリックして確かめてください

 

   aboo-kaiさんへ  似てますか?

| | コメント (4)

2018年9月23日 (日)

猫褌借⑤

              段々借り方も乱暴になってきましたが

                イラストの一部分だけ来て貰いました

           この男は 「斜落」といって 当代一の画家らしい

                本人が言うので間違いない

             本物を見たければ  こちらへ→

20180923
                 絵が得意なのが自慢ですが

                 自慢し過ぎてひっくり返ることがあります

20180923_2

                 時々、こうなります

                 絵は上手いらしいのですがねー

----------------------------------------------

今年もちゃんと彼岸花が咲いています

律儀なもので、暑い夏の後でも、大雨の夏の後でも

お彼岸の頃になると朱紅の妖しげな花を咲かせてくれます

近くの川の土手には白い彼岸花も咲いていますが

やはり彼岸花は赤に限ります

銀杏も沢山落ちていました

 

| | コメント (6)

2018年9月18日 (火)

猫褌借④

安室奈美恵さんが引退し、樹木希林(悠木千帆)さんが亡くなりました

週末のことです

---------------------------------------------------

キャラを借りてますが 似てませんか?

    ネコ星人を借りて、オリジナルには無いものを勝手に作りました

         本物にありそうでなかったものです

20180918

                   額から抜け出して

                   どこに行くのかと思っていたら

20180918_2

                  電話ボックスに入りマントをつけて

                  空を飛んでどこかへ行きました。

                  今から3億年後の本当の話です

            昔、似たような場面をテレビで見たことがあります

 

 

先日のテニスの時に拾ってきた団栗です(枝についているのを)

20181018

去年の秋に多分同じ場所で拾ってきた団栗です

20181018_2

               渋い色に変化しました

               久しぶりに団栗で何か作って遊ぼうかな

| | コメント (6)

2018年9月13日 (木)

猫褌借③

是もまた また また

あるブログの挿し絵を借りて来たものです

褌を借りてブログを更新の段(その3)

今回はこれで終わりとします。

また困ったら貸して下さいね

20180913

          黄色いオッチャンがいて、恐竜がいて、ビルにホヤみたいな形の

          宇宙船が落ちてきて・・・・ハチャメチャのブログです

          (↑彩色途中のレリーフです)

20180913
                       ↑    あれこれ手を入れてみました、まだ手抜きですがこの辺で

             止めておきましょう。

 

--------これは借り物ではありません(念のため)----------------------

               夏の疲れがやって来てませんか?

201808140

20180814

               美味しいもの食べてゴロンと横になりましょう

               乾燥途中で触っていたら右前足がとれましたが

               接合手術の結果、今は元気に寝ころんでいます

ゴーヤも朝顔の棚もきれいに片づけました

目の前がすっきりしましたが若干の淋しさもあります

①そのうち小枝印サイズに切りそろえて木口を磨こうかな

②時間があればケーナ用に乾燥した篠竹の曲がりを矯正でもしようかな

③もう捺すことのない古い印材を再利用できるように削ってみたいな

④収穫した瓢箪の後始末が一番かなとは思うのだが

⑤秋植え野菜を探しに散歩がてらホームセンターに行ってみるか

等々を考えながら、何日かを過ごしています

| | コメント (6)

2018年9月 8日 (土)

猫褌借②

まだ少し余裕がないので

今回も同じ手でいこうと思うのです

佛の顔も三度までとかいいますが、 

20180908

20180908_2  

20180908_3

 火星の地下に凍った水があるらしい、ネコ星人がいてもおかしくはない

 猿の惑星だってあったのだから

  似てるか似てないかは   →   猫町三丁目  へ飛びましょう

                            やっぱり似てませんか?

  台風21号が日本海を通り抜けて行った5日に「千成瓢箪」を収穫しました

20180908201809083

                                        ↑ こんな感じで生っていました

20180908_2
                    ↑ 千成瓢箪の収穫後

 大小合わせて40個余、疵ついたものや未熟なものや小さなものがありで

 いくつがちゃんとした瓢箪の置物になるかはまだわかりません

 

 少ししたら①口にドリルで穴をあけて→②水の中に沈め→③中身が腐った頃を見計らい

 →④穴から種を取り出しよく洗って→⑤乾燥させます   

 ここまでの工程で一ヶ月半くらい

 →つやつやの美しい肌合いになるにはどれくらいかかるのかわかりません

  (ニスなどを塗らずに光沢を出すにはどうすれば良いのでしょうか?)

   瓢箪の栓や胴体に巻く紐も何とかしなければなりません

   結構手間のかかる遊びです。

| | コメント (12)

2018年9月 3日 (月)

猫褌借①

遊びやら、自治会の仕事やらがあれこれ重なり、

ブログネタも浮かばないので手抜きを考えました

そうだ

困ったときは人の褌を借りてブログの記事を埋めることにしよう

そんなことしてまで記事を書かなくてもよいのだが、

人のものを借りるのは楽なのだという訳で、

何度も借りている、「ああ あれね」  です

似てないのですが、なんとなく似てる   こちらで確認→  猫町三丁目

20180903

20180903_2

20180903_3


           どうやら、このネコみたいな生き物は「ネコ星人」らしい

           「こんなことでお茶を濁すの段」が次回又次回へとつづく

           のです。    ご容赦を

| | コメント (6)

«端材印②