2018年2月20日 (火)

郵便熟柿

今日もまた「山頭火句印」です

 

   やつと郵便が来て それから 熟柿のおちるだけ       山頭火句

   180a001180b002

180c003



待っていた郵便がやっと届きました

誰からの手紙だったのでしょうか

柿は固めが好きですが、それとも熟柿が好きですか

 

                山のいちにち蟻もあるいてゐる

 

181a001181b002181c003

へんろ道には、蟻や蛙や蛇や毛虫や蚯蚓も歩いています

猪や鹿や猿もいます 

印の大きさ ほぼ実物大です

| | コメント (5)

2018年2月15日 (木)

雪法衣重

雪ふりかかる法衣おもうなる

178a001178b002178c003

 

 

松はみな枝垂れて南無観世音   

179a001179b002179c003

 

連休あけて、急用のため外出中です

この記事は日時を指定しての投稿になります

何の言葉もなく俳句印のみで失礼します

まもなく戻ります

| | コメント (4)

2018年2月10日 (土)

生死雪降

今日10日は長野県飯山では雪まつりだそうです

特に意味はありませんが、雪の句を出してみました

福井県は大雪で大変でしたね

それにしても今年はよく雪が降りますね

 

 

3.生死の中の雪ふりしきる

    ついつい降りしきる雪の中を野の道を歩かせてしまいます

    当然、ここは後姿でしょう

 

 

176a001176b002176c003

4.鉄鉢の中へも霰

     印の枠を外して、珍しく、こちら向きに歩かせました

     行乞の途中、急な霰ということで鉄鉢の中に霰を一つ

177a001177b002177c003

 

 

この2句も良く知られた句で、よく彫っている句ですが

何度彫ってもうまくいきません

ほぼ実物大です

| | コメント (6)

2018年2月 5日 (月)

後姿時雨

お地蔵さんはちょっと一休みして

 

暫くは「山頭火の句の小枝印」を続けるつもりです

 

1.うしろすがたのしぐれて行くか

     山頭火の句の中でも良く知られた句ですね

     自分で自分の後ろ姿を想像しながらの句かもしれません

     山頭火の句を印にする時、どうしても後姿になってしまいます

 

174a001174b002174c003

 

2.さくらさくら さくさくら ちるさくら

   句のリズム感を表すのに文字と桜の花びらを散らしてみました

   かな文字だけなのですが、なかなか難しいものです。

 

175a001175b002175c003

両句とも何度も彫っていますが

みな似たようなものになってしまいます

発送の貧困さに呆れてしまいます。

   


サイズは実物大でほぼ 25mm位 でしょうか

| | コメント (4)

2018年1月31日 (水)

遍路冊子

--------------------------------------------------------

六度目の四国八十八カ所遍路の思い出をまとめた冊子が

ようやくできました

 

20180131001

      ↑ 表紙の挿し絵は 眞念法師の指南書から拝借しました

         A5サイズ  全66ページ  活字が小さいので読みにくい

20180131002

       青字は四国遍路道指南書(眞念)より

       見たものを思い出しながら彫ったハンコは実物大で表示

       内容は房州やの遍路メモのようなものです

20180131003

     最後は、旅の副産物のようなものを載せました

     ハンコそのものが副産物なのですが、パネル、屏風、掛軸、巻物

     それにこの冊子(A5版) 2冊


------------------------------------------------------------------

 

早いもので今年も1か月が過ぎようとしています

なんの変化もなく、お地蔵さんだけで今月は終わります。

まだまだお地蔵さんは登場を待っていますが

二月は目先を変えるかこのまま続けるか

う~ん  悩んでいます

六番地蔵(椿小枝)   

046a171206001046b171206002046c171206003_2


六番地蔵(竹根)

009a171206001009b171206002009c171206003

ほぼ実物大です

 

 

石に文字を彫ることがほぼ無くなりました

そのため文字を見ずに頭の中で文字を左右逆転して、

石に直接、細い筆で文字を書かなくなりました

ボケ防止のためにやった方が良いのかしれませんが

 

 

 

今年は、椿を剪定している現場に出会うことが無く

来年以降の対応を考えなくてはなりません

  1.彫った印面の反対側にも彫る

  2.彫った面を薄く鋸で切る

  3.彫る量を減らす

  4.他の材料を探す

  5.他の趣味を探す

まだまだ時間はありますが

| | コメント (4)

2018年1月26日 (金)

まだ地蔵

今日は九体目と十体目のお地蔵さんの小枝印と竹根印です

あれぇ!前に出てないか等と思うかもしれませんが

新作です、でも前回とほとんど変わりません

工夫もなく同じようなものを作り続けてます。

 

五番地蔵(椿小枝)

045a171205001045b171205002045c171205003

六番地蔵(竹根)

008a171205001008b171205002008c171205003

  

ほぼほぼ原寸大です

椿の小枝は割と均質で粘り強く彫りやすいのですが

竹根は材質の見分けが出来ない上に乾燥の方法が良くないのか

刃物が悪いのか腕が悪いのか、

すっきりした線を上手く彫れません

| | コメント (6)

2018年1月21日 (日)

また地蔵

前回は七福神巡りでお地蔵さんの小枝印を飛ばしましたが

再びのお地蔵さん登場です

といっても、同じようなお顔なので見分けがつかないかもしれませんが

三番地蔵(小枝)

043a171203001043b171203002043c171203003    

 

 

 

三番地蔵(竹根)   

006a171203001006b171203002006c171203003   

 

 

四番地蔵(小枝)   

044a171204001044b171204002044c171204003   

 

 

 

四番地蔵(竹根)   

007a171204001007b171204002007c171204003


ほぼ実物大で表示してます


似たようなお顔ばかりでそろそろ飽きてくる頃ですが

暫く続きますので

更新していないと勘違いしないでください。

 

 

明日は南関東でも「雪」が降るかもしれないと言われてます

どう気を付ければよいのか判りませんが

気を付けてください

| | コメント (8)

2018年1月16日 (火)

佐倉散歩

恒例となったお正月の七福神めぐりを1月5日に行ってきました。

 

ずっと東京の七福神めぐりをしてきたのですが

今年は千葉・佐倉七福神を巡ってきました

武家屋敷のある静かな町の七福神を巡る

なかなかいい感じではありませんか

でも、残念なことに七福神の多くは大事にされていて

「秘仏」となっていて、直接目にすることは出来ませんでした

七福神めぐりの案内のパンフレットなどを眺めて

城下町の様子やお寺の様子や静かな裏通りの様子を

想像して下さい

1.佐倉七福神の紹介

20180111001

2.佐倉七福神巡りの地図

20180111002

3.ちょっと古い案内ですが(JR駅からハイキング2015地図)

          毎年、お正月から桜の咲く頃までやってます

            お暇な折に遊びに行ってはどうですか

20180111001_2
4.参考:お昼に寄った蕎麦屋(裁判所近く)

20180111002_2
5.参考:文字が小さいですが英語表記もあります  佐倉散歩  表紙

20180111004

6.   同上     地図

20180111003


   佐倉城址に寄るのもいいでしょう、国立歴史民俗博物館に行くのも楽しいでしょう

   佐倉順天堂記念館もあります  近くに川村記念美術館もあり

   街中には市立美術館・刀剣専門の塚本美術館もあり一日楽しめる町です

  最近、カメラを持ち歩かないので、写真はありません。

| | コメント (12)

2018年1月11日 (木)

二番地蔵

関東地方だけ暖かい日がありましたが

週末に向かって寒くなるそうです

暫くは小枝印と竹根印のお地蔵さんです

 前回は笑顔のお地蔵さんでしたが

  今回は瞑想しているお地蔵さんです

   実物よりやや大きめになってます。  

 

                        小枝(椿)

042a171202001042b171202002_2042c171202003

                           竹根

005a171202001005b171202002005c171202003

   今年はまだ竹根も椿の小枝も手に入れていません

今欲しい物   1.径が13mm超の葦の茎実物  又は房州地方の自生地情報    

          2.径が15mm以下の竹根  

           ちょっと変ですか?

 

 

一番と二番のお地蔵さんを並べてみました(ほぼ実物大)

041c171201003004c171201003042c171202003005c171202003





| | コメント (2)

2018年1月 6日 (土)

一番地蔵

  お年賀のご挨拶の次は、お地蔵さんです

 

 

                 今年最初のお地蔵さんは  小枝印

041a171201001041b171201002041c171201003
                今年2番目のお地蔵さんは 竹根印

004a171201001004b171201002004c171201003
              実物より少しだけ大きめに表示しています


                        上から

                          朱泥

                          純黒

                        純黒に彩色


| | コメント (8)

2018年1月 1日 (月)

良さ来い

昨年最後のブログ更新は鯨のはんこでした

今年最初のブログ更新は鯨の版画です

何の意味もつながりもありません

「干支」とも関係ありませんが

「良さ 来い(恋)」もかけて

こんなものになりました

     明けましておめでとうございます

       今年もよろしくお願いします

 

 

072a201712001             

                        歌詞は2番3番を合体させました。

              ・御畳瀬見せましょ浦戸をあけて   

                月の名所は桂浜

              ・ゆうたらいかんちゃ おらんくの池にゃ

                潮ふく鯨が 泳ぎよる 

                       正月に免じてお許しを
20171224


   木口版画:御畳瀬見せましょ・・・・・

   オーブン陶印:「房」

      ((ほぼ実物大で載せましたがどうですか))

今年もこんなことでいい加減なスタートを切りました

どんなブログになりますやら、時々遊びに来てください。

      皆様にとって  普通に良い年でありますように

      私にとっても  まあまあの年になりますように

| | コメント (8)

2017年12月28日 (木)

鯨泳鯨遊

もういくつも寝ないうちに新しい年になりそうです

皆さんはきっと良い年であったとお喜び申し上げます

来年も良い年でありますように、残り少ないですが今年も楽しんでください。

 

 

今年を振り返るものとかで締めくくれれば良いのですが

こんなもので今年最後の更新と致します

 

何でもない鯨の印×3  (材料はオーブン粘土)

1.水面から顔を出したマッコウクジラ    文字は「鯨遊」の2文字

20171223
2.鯨潜る(鯨の写真によくあるパターン)の図   

       (注) 1と2を足しても1頭にはなりません

20171223_2
3.波形に「鯨の部分」印   大きすぎて鯨の全体は彫れません

20171223_3

「鯨海酔候」なんて呼ばれた殿さまもいましたね。

 

 

これは個人的には年末らしいものかもしれません

今年彫った印を印譜として纏めてみました

お地蔵さん印以外は殆どブログに登場したものです。

 

201712282017

上段左より

1.お地蔵さん(小枝)     

2.お地蔵さん(竹根)

3.お地蔵さん(オーブン粘土)

4.佛印(小枝)

5.名前印(オーブン粘土)

下段左より

6.遍路108(阿波編・土佐編・伊予編・讃岐編・別格編・共通編)

 

 

    全11冊を簡易和綴じ印譜として作りました。

    これで今年の遊びも終わりです

    では、良い年末年始をお過ごしください。

| | コメント (6)

2017年12月24日 (日)

ほろほろ

 忘年会はまだ続いてますか 

 毎日が忘年会ではありませんか

 

               「ほろほろ酔うて木の葉ふる」  山頭火句

 

169c003

                         (旧作)

173a001


173b002


173c003

             今回  ヨコ 27 × タテ 26 mm

    前にも同じく句で同じようなデザインで彫ってました

| | コメント (8)

2017年12月20日 (水)

毎日雪降

小枝に彫った山頭火の句です

当地には殆ど雪は降りませんが

別れてから まいにち雪が降っています

別れてから まいにち雪の降るのを見ています

172a001


172b002


172c003


                  ヨコ 25 × タテ 29 mm

| | コメント (4)

2017年12月16日 (土)

椿だつた

久し振りに「山頭火の句」を彫ってみました

大きいのと小さいのです

大きい方は大きな枝の木口に彫ったもの

小さなものは小枝に彫ったものです

              「笠にぽつとり椿だつた」   山頭火句

071a201712001

                       ヨコ 87× タテ85mm

171a001_2
171b002
171c003



                     ヨコ 26 × タテ 25 mm

あといくつか山頭火の句を彫ってみようと思います

| | コメント (4)

«篠竹で笛