2020年3月30日 (月)

以呂波切

不要不急の外出自粛の昨日は

あちこちで雪が降ったそうですが

当地は冷たい雨が一日中降っていました

そんな中にチューリップが一本だけ咲いていました

もう春なのですが

 

************************************

切り絵のようなもの遊び 4回目

 

仮名文字「以呂波」を切ってみました

昔々、詩の一部を切ったことがありました

とんでもなく稚拙で恥ずかしい思い出です

 

進歩はしていませんが文字数は多く

かつ、細い線で切ったので

ちゃんと読めると良いのですが

20200330001

            A4 横 サイズ

                  クリックして拡大して見てください

右から上から下に解読していってください

以呂波仁保    いろはにほ

部止知利奴  へとちりぬ

・・・

世寸 せす

 

細い線はまだまだ無理なようで

あちこちで断線を起こしています

またいつか  挑戦してみるかな 

 

019bw001

宝珠地蔵

 

 

おまけの楽しみ

小さなコーヒーの木に花が6輪咲きました

オニグルミの実から芽が出ました

| | コメント (2)

2020年3月23日 (月)

花咲花散

パクリ  厄除けマスク赤不動(小枝印)

新コロナウィルス感染がなかなか収まらないので

ご近所 章魚庵さん のお不動明王さんをハンコにしました

白く空いた〇の中に四文字願い事を書いて下さい

疫病退散・家内安全・健康第一・病気平癒

東京五輪・七億当選・焼肉定食・大盛炒飯

酒飲放題・花見万歳・空前絶後・超絶大盛

大勢混雑・濃厚接触・換気不良・新型感染

C001_20200320085801

パクリマスク不動(ほぼ実物大)

ハンコにするため絵を頭の中で左右反転し

縮小して印面に描くのが面倒でしたが

それらしくはなったかな

 

 

本物はこちらです

厄除大不動尊

Photo_20200320085901

本物厄除けマスク大不動 (章魚庵作)

 

 

*********************************************

 

まだまだ未完成のものや材料が転がっています

 

 

あんなものこんなものそんなものを

作ろうと思い準備だけはしています

⇓ これは巻物の元です

 

20200203

 

右端から留め具だけが未完~左端の心棒だけのものまで

 

木の心棒に障子紙を貼り

適当な長さに巻き

丈夫な包装紙で巻物の表を作り

半丸の木を貼りつけ

紐を取り付ける

最後に印泥についているヘラみたいなものを削り留め具を作ると

出来上がりです

 

内容は直接紙に貼ったり描いたりしています

裏張りもしていません

かなり手抜きですが見た目は巻物です

 

 

 

20200203_20191225085801

見た目がそれらしければ大成功ですから

 

↑ 左から

2019年:外郎売口上の巻き

2017年:四国遍路道指南①②

2019年:遍路逆打ち絵印図絵巻

 

 

殆どの材料はホームセンターで調達できます

 

 

******************************************

切り絵のようなもの 第3弾

切り絵みたいなものに色画用紙で細工してみました

どうやれば良いのか方法がよく判らないので

こんな風になってしまいました

 

 

お江戸は先週末に満開だとか、

でも、お酒を飲みながらのお花見は御遠慮下さい らしいですね

 

1.前回登場した桜下地蔵に色紙で華やかに

20200323c001

鼻の下の繋ぎ線が曲がっているのはご愛敬

 

2.花散る春のお地蔵さん

20200323c002

だいぶ慣れてきましたが

細い線や曲線は難しいです

紙を動かしながら切るのですがギザギザ凸凹の線になってしまいます

紙は100円ショップの色画用紙です

専用の紙の方が良いのかな?

| | コメント (10)

2020年3月16日 (月)

笛作準備

隆の勝を追加(20200318)

 

無観客相撲ですが

下位で頑張っている「隆の勝」を切ってみました

昨日現在 8勝2敗 

050001

 

 

 

 

お江戸では雪降った日に桜の開花宣言がありました

その翌日は春のような陽気の一日でした

たまたまでしょうか、昨日は近所の

スーパーもドラッグストアーもホームセンターも100均も

何故だか、かなり混んでいました

トイレットペーパーはありましたよ、でもマスクは当然ありませんでした

 

 

プロ野球の開幕延期も決まり

春の高校野球は無観客試合での開催を断念し

サッカーは14日までの延期をさらに3月中にまで延長し

何もかもが委縮してしまいそうです。

 

*********************************************

 

ぐずぐずサボっていたので色んなものがやり残しています

サンポーニャを真似た竹製の楽器みたいなもの

 

20200127

①真ん中の白いのはは外径15mmのパイプで作ったもので音程調整中

②右側は篠竹を1年前の冬に切って乾燥させていたものを

近い音階になるよう今年切断したばかりのもの

③左の2組(13本/束)の束ねたものは

一昨年切った篠竹を乾燥させ、切って音程を調整したが

良い音が出ないので、ほったらかしにしていた竹の束

 

また今年も右側の竹がほったらかされて

左側の竹の束のようにならなければ良いのですが

 

きっと

乾燥させればさせるだけ良い音になる

そう信じています

きっと

 

 

どなたか「ケーナ」や「サンポーニャ」を演奏できる人

いませんか

 

 

***********************************

切り絵みたいなもの始めました

消毒地蔵に続いての第2弾です

光と影の表現が美しい切り絵に憧れるのですが

最初からは無理だと、いつもの遊び印風の

切り絵をやってみることにしました

 

1.山豚火(筆ペン名人)スケッチの図

20200316b001

 

2.如来坐像

20200316b002

3.桜下地蔵

20200316b003

小さな色紙に貼ってみるとなんとか見栄えがするものです

 

 

顔の輪郭から離れた目鼻をどうしたものかと悩み

細い線で結んでしまいました

(初めから一枚の紙にこだわらず、目鼻を切り取って

後で貼り付ける方法もあるのかなとは思うのですが)

良い方法はありませんか?

 

| | コメント (4)

2020年3月 9日 (月)

消毒地蔵

学校も休み

図書館も休み

展覧会も休み

テニスコートも休み

サッカーも・・・・休み

 

そんな時こんなお地蔵さんに出会いました

 

20200309001

顔にはマスクをして

左手にはアルコール消毒液持つ

お地蔵さんですが

みなさん知りませんか?

 

************************************

さて本題にはいります

百地蔵の続きは

六地蔵+です

 

木口切りの小枝は少し大きくなります

先ずは下描き地蔵

このあと彩色をして穴を開けて・・・と

手順は百地蔵と同じです

20200309_20200214110301

よーーく見ると

六地蔵だったり七地蔵だったり八地蔵だったり

大きいのあり小さいのあり凸凹地蔵達です

 

こちらは彩色して穴もあけた六地蔵さん

20200309_20200214110701  

 

今回だけでも百地蔵以上になります

こんなことやっている

房州やは暇人だなぁと思うでしょうね

 

 

大相撲大阪場所の無観客開催をテレビで観戦しました

応援の声は聞こえず、とても静かでした

気のせいか、四股の音、拍子木の音がよく聞こえました

 

会場に行かない・行けない私らには関係ないと思ってましたが

今日は芸者衆が来てるとか芸能人の〇〇がいたとか

いつものあの人がいないぞ等と

相撲とは関係ないところもよく見ていることに気づきました

私だけでしょうか

 

高校野球は無観客で開催だそうですね

元気な若者ですから大丈夫でしょう

開催できなかった他の競技の高校生達が少し可哀そうに思えてきました

| | コメント (12)

2020年3月 2日 (月)

百地蔵

寒かったり暖かだったり2月に

小枝の輪切りにお地蔵さんを描いていました

100体地蔵になりましたので

登場してもらいます

 

1.最初に極細の筆ペンでお地蔵さんを描きました

20200302

2.その後アクリル絵の具で少しだけ彩色しました

20200302_20200214105202

3.最後にミニルーターで穴を開けました

20200302_20200214105201

根付紐があれば良いのですが

当分このままで眠ってもらいましょう

 

今日から2週間はテニスコートはお休みでテニスは出来なくなり

15日までのサッカーの試合は延期になり

テレビのニュースは新型コロナウィルスの話ばかり

でも

お江戸の桜の開花は15日位に早まったらしいと言うので

花見の計画をと思いましたが

この雰囲気では花の下でのんびりとお酒を飲むわけにもいかず

 

庭にやってくる鳥を眺めております

すずめ・はと・むくどり・ひよどり・ツグミ等々がやってきては

椿の花やサクランボの花をつついてどこかへ飛んでいきます

 

3月には良いことがありますように

| | コメント (4)

2020年2月24日 (月)

小枝印彫

以下

「房州や」の「小枝印」の作り方です

又かとお思いでしょうが

 

1.小枝をハンコの大きさに切る

(長さ4~5cmが彫りやすい)

2.サンドペーパーで表面を滑らかにして

(番手を変えて平らにします)

3.朱墨を塗り

(篆刻印彫ってた時の名残です)

4.鉛筆で下描きをする

(房州やは印面に直接描いています)

 

 

Photo_20200125135105

6.極細の筆ペンで清書する

 

 

Photo_20200125135104

 

7.彫刻刀で彫る

(私の場合は左上から彫り進めます)

Photo_20200125135103

Photo_20200125135102

彫りあがりました

 

Photo_20200125135101

今回は2個一緒に彫りました

瞑想・笑顔

 

試し捺しの後、補刀します

 

捺してみました ⇓

001_20200125065903

    ↑ 実物よりやや大きめに表示されてます

朱泥・純黒・純黒に水彩絵の具で彩色

 

簡単そうに見えるでしょう

彫刻刀さえあれば作れます

使用した小枝は「椿」でした

| | コメント (8)

2020年2月17日 (月)

肩凝地蔵

 

 

長いことじっとしていると

肩が凝ったりすることがあります

それで

時々(本当に時々)ですが

背伸びをしたり

肩を揉んだりすることがあります

そんな時に出会ったのです

 

お地蔵さんも肩が凝るんだ

 

 

001_20200125065902

 

房州やは肩こりしないのですが

皆さんはどうなのでしょうか

 

冬の寒さで運動不足なら

こんな行事 ⇓ に参加してみるのもいいかもしれません

私はテニスがあるので行けません

 

20200217001

20200217002

 

近くの川沿いの早咲きの桜が春を告げています

| | コメント (6)

2020年2月10日 (月)

仲良地蔵

仲良しのお地蔵さんが

野辺の道に並んで立っていました

このお地蔵さんは多分ですが

仲良しです

きっとそうだと思いませんか

 

001_20200125065901

 

どんな話をしているのか

そう想像してみませんか

| | コメント (4)

2020年2月 3日 (月)

笠地蔵雪

お地蔵さんに雪とくれば定番はこれでしょう

いつものように

小枝で作りました

 

 

001_20200124170902

 

向かって右端のお地蔵さんは

笠がないので手ぬぐいを被せてもらいましたが

頭が芯から冷えて合掌の手を懐に入れて

寒さを堪えています

 

今日は「節分」明日は「立春」です

豆まきの準備は出来てますか?

毎年これからが寒いのです

風邪引かないように

 

コロナウィルスによる肺炎にならないよう

出かける時には「マスク」をして

帰ってきたらうがい・手洗い忘れずに

| | コメント (12)

2020年1月27日 (月)

大寒地蔵

 

今日から寒くなるとか

関東でも雪の積もる恐れがあるそうなので

寒い季節らしいお地蔵さんを

小枝印で作りました

 

 

001_20200124170901

上段:朱泥 中段:純黒 下段:純黒に彩色

 

もうすぐ春が来ると水仙の側でお地蔵さんがにこにこ

(房州の地では水仙が満開です)

寒くて手に息を吹きかけている寒がりのお地蔵さん

寒くて手をこすり合わせているお地蔵さん

(今日の関東地方のお地蔵さん)

 

| | コメント (10)

2020年1月20日 (月)

未完印譜

 

新しい年になって3週間が過ぎても

未だに2018年分の残りと2019年の印譜を

整理しきれていません

①小枝印:aboo-kaiさんの思い出集

②小枝印:お地蔵さん

③石材印:篆刻みたいな四文字熟語みたいな印

④全くのお遊印:逆打ち遍路の思い出印

⑤意味あるような無いような:遍路の名所もどき文字印

⑥山頭火俳句印

⑦良寛さん遊び印

⑧良寛さん歌印

⑨篆刻らしき印

 

 

20200120

 

これから一年後くらい後の完成を目指して

①表紙の紙を準備して

②四ツ目の穴を開けて

③糸で綴じて

④表題を張って出来上がり

 

始めればすぐ終わるのにと思われるでしょう

その通りなんですが、なかなか手を出さないところが

ダメなところなんです

 

まだ今年は始まったばかり

何とかなる何とかなる

 

| | コメント (2)

2020年1月13日 (月)

根付地蔵

またまたお地蔵さん

 

今度のお地蔵さんは根付になった小枝の輪切り

Photo_20191216163901

 

小枝印を作るときに切り落とした小枝の輪切りに

(表面はサンドペーパーの必要のない位滑らかです)

輪切りにお地蔵さんの絵を描いて

ミニルーターで穴をあけ

根付紐を通せば

「お地蔵さんの絵が描かれた小枝の輪切りの根付みたいなもの」が

出来上がりです

 

使用したのは

材料の小枝は一年乾燥させた椿の小枝

切った鋸はレーザーソー細工鋸両刃

絵具はアクリル絵の具

細い線はCOPIC

穴を開けたのはPROXXONのミニルーター

紐は通販で買った根付紐

 

| | コメント (6)

2020年1月 8日 (水)

館山散歩

穏やかな陽に誘われて

南房総の館山を歩いてきました

(こんな ⇓ 観光ガイドマップを持って)

20200109001_20200107134303

20200109001_20200107134302

 

↑ 少し迷いましたが

北条海岸の向こうに大きく見える富士山を眺め

20200109

 

「さかなくんギャラリー」で遊び

20200109_20200107170601

 

赤山地下壕にヘルメットを被り懐中電灯を持って入り

 

20200109001_20200107134301

20200109001

 

 

「館山城」にある里見城址公園に上り

20200109_20200107170602

お城は博物館なのですが休館でした

 

全部で2万歩弱を歩きました

 

内房線沿いの家々はまだまだブルーシートが目立っていました

復興はまだまだです

 

| | コメント (4)

2020年1月 6日 (月)

令和二年

遅くなりましたが

明けましておめでとうございます

 

ZIZO48から

房州やのブログが始めります

Photo_20191216163101

皆様にとって

より良い年になりますように

 

ついでに私にとっても良い年であればと思います

2020年

 

さて何して遊びましょうか

 

 

 

やりたいことやれなかったこと

 

1.七輪陶芸の再開

2.面白い小枝印作り

3.木口版画みたいなもの

4.篠竹サンポーニャ作り

5.逆打ち108ケ所遍路

6.大玉スイカ作り

7.テニスでサービスエース

8.遠い所に住む友人を訪問する

 

etcetcetcetc.....

 

何をやりたいのやら

何ができるのやら

何にもできないで終わるかも

楽しみな一年が始まりました

 

笑ったなぁと言える一年でありますように

 

 

| | コメント (2)

2019年12月30日 (月)

「あぼう」小枝印④

今年最後の更新です

 

 

あぼういかいさんの思い出(第4回:最終回)

 

あと2回寝るとお正月ということで

しつこい位に続けた「あぼう」小枝印展は

今回をもちましてお開きとさせて頂きます

最終回はこれまでの①~③で紹介した小枝印を

A4一枚収めましたのでご覧ください

 

一枚目:純黒版

B001

2枚目:彩色版

C001

 

下から上に従って、時代が新しくなっています(多分ですが)

最上段の3印は「あぼうさん」の作ではありません

房州やが勝手に作りました

(房州やのあぼうかいさん・aboo-kai地蔵さん・旅立ちの時に登場したaboo-kai地蔵さん)

右下隅のメガネをかけた桃太郎(モモちゃん)は

「あぼうさん」の作で関東地方では有名なメガネのキャラクターです

------------------------------------------------------

小枝で印材を作るときに副産物として

小枝の薄切りが出来てしまいます

この小枝の薄切りにお地蔵さんの絵を描くことを始めて

随分長くなりました、今回は

「あぼう」さんのイラストのキャラクターのいくつかを

小枝絵にしてしまいました

 

Photo_20191216134701

 

---------------------------------

まもなく新しい年「令和2年」がやってきます

皆様にとって、もちろん私にとっても良い年になりますように

あぼうさんの旅が楽しいものでありますように

引き続きよろしくお願いいたします

遊びに来てくれた、みなさんのご多幸を祈っております

良いお年をお迎えください

来年もよろしくお願いいたします

 

 

「あぼうかい」さんも旅先で良いお年をお迎えください

| | コメント (6)

«「あぼう」小枝印③