2018年1月21日 (日)

また地蔵

前回は七福神巡りでお地蔵さんの小枝印を飛ばしましたが

再びのお地蔵さん登場です

といっても、同じようなお顔なので見分けがつかないかもしれませんが

三番地蔵(小枝)

043a171203001043b171203002043c171203003    

 

 

 

三番地蔵(竹根)   

006a171203001006b171203002006c171203003   

 

 

四番地蔵(小枝)   

044a171204001044b171204002044c171204003   

 

 

 

四番地蔵(竹根)   

007a171204001007b171204002007c171204003


ほぼ実物大で表示してます


似たようなお顔ばかりでそろそろ飽きてくる頃ですが

暫く続きますので

更新していないと勘違いしないでください。

 

 

明日は南関東でも「雪」が降るかもしれないと言われてます

どう気を付ければよいのか判りませんが

気を付けてください

| | コメント (4)

2018年1月16日 (火)

佐倉散歩

恒例となったお正月の七福神めぐりを1月5日に行ってきました。

 

ずっと東京の七福神めぐりをしてきたのですが

今年は千葉・佐倉七福神を巡ってきました

武家屋敷のある静かな町の七福神を巡る

なかなかいい感じではありませんか

でも、残念なことに七福神の多くは大事にされていて

「秘仏」となっていて、直接目にすることは出来ませんでした

七福神めぐりの案内のパンフレットなどを眺めて

城下町の様子やお寺の様子や静かな裏通りの様子を

想像して下さい

1.佐倉七福神の紹介

20180111001

2.佐倉七福神巡りの地図

20180111002

3.ちょっと古い案内ですが(JR駅からハイキング2015地図)

          毎年、お正月から桜の咲く頃までやってます

            お暇な折に遊びに行ってはどうですか

20180111001_2
4.参考:お昼に寄った蕎麦屋(裁判所近く)

20180111002_2
5.参考:文字が小さいですが英語表記もあります  佐倉散歩  表紙

20180111004

6.   同上     地図

20180111003


   佐倉城址に寄るのもいいでしょう、国立歴史民俗博物館に行くのも楽しいでしょう

   佐倉順天堂記念館もあります  近くに川村記念美術館もあり

   街中には市立美術館・刀剣専門の塚本美術館もあり一日楽しめる町です

  最近、カメラを持ち歩かないので、写真はありません。

| | コメント (12)

2018年1月11日 (木)

二番地蔵

関東地方だけ暖かい日がありましたが

週末に向かって寒くなるそうです

暫くは小枝印と竹根印のお地蔵さんです

 前回は笑顔のお地蔵さんでしたが

  今回は瞑想しているお地蔵さんです

   実物よりやや大きめになってます。  

 

                        小枝(椿)

042a171202001042b171202002_2042c171202003

                           竹根

005a171202001005b171202002005c171202003

   今年はまだ竹根も椿の小枝も手に入れていません

今欲しい物   1.径が13mm超の葦の茎実物  又は房州地方の自生地情報    

          2.径が15mm以下の竹根  

           ちょっと変ですか?

 

 

一番と二番のお地蔵さんを並べてみました(ほぼ実物大)

041c171201003004c171201003042c171202003005c171202003





| | コメント (2)

2018年1月 6日 (土)

一番地蔵

  お年賀のご挨拶の次は、お地蔵さんです

 

 

                 今年最初のお地蔵さんは  小枝印

041a171201001041b171201002041c171201003
                今年2番目のお地蔵さんは 竹根印

004a171201001004b171201002004c171201003
              実物より少しだけ大きめに表示しています


                        上から

                          朱泥

                          純黒

                        純黒に彩色


| | コメント (8)

2018年1月 1日 (月)

良さ来い

昨年最後のブログ更新は鯨のはんこでした

今年最初のブログ更新は鯨の版画です

何の意味もつながりもありません

「干支」とも関係ありませんが

「良さ 来い(恋)」もかけて

こんなものになりました

     明けましておめでとうございます

       今年もよろしくお願いします

 

 

072a201712001             

                        歌詞は2番3番を合体させました。

              ・御畳瀬見せましょ浦戸をあけて   

                月の名所は桂浜

              ・ゆうたらいかんちゃ おらんくの池にゃ

                潮ふく鯨が 泳ぎよる 

                       正月に免じてお許しを
20171224


   木口版画:御畳瀬見せましょ・・・・・

   オーブン陶印:「房」

      ((ほぼ実物大で載せましたがどうですか))

今年もこんなことでいい加減なスタートを切りました

どんなブログになりますやら、時々遊びに来てください。

      皆様にとって  普通に良い年でありますように

      私にとっても  まあまあの年になりますように

| | コメント (8)

2017年12月28日 (木)

鯨泳鯨遊

もういくつも寝ないうちに新しい年になりそうです

皆さんはきっと良い年であったとお喜び申し上げます

来年も良い年でありますように、残り少ないですが今年も楽しんでください。

 

 

今年を振り返るものとかで締めくくれれば良いのですが

こんなもので今年最後の更新と致します

 

何でもない鯨の印×3  (材料はオーブン粘土)

1.水面から顔を出したマッコウクジラ    文字は「鯨遊」の2文字

20171223
2.鯨潜る(鯨の写真によくあるパターン)の図   

       (注) 1と2を足しても1頭にはなりません

20171223_2
3.波形に「鯨の部分」印   大きすぎて鯨の全体は彫れません

20171223_3

「鯨海酔候」なんて呼ばれた殿さまもいましたね。

 

 

これは個人的には年末らしいものかもしれません

今年彫った印を印譜として纏めてみました

お地蔵さん印以外は殆どブログに登場したものです。

 

201712282017

上段左より

1.お地蔵さん(小枝)     

2.お地蔵さん(竹根)

3.お地蔵さん(オーブン粘土)

4.佛印(小枝)

5.名前印(オーブン粘土)

下段左より

6.遍路108(阿波編・土佐編・伊予編・讃岐編・別格編・共通編)

 

 

    全11冊を簡易和綴じ印譜として作りました。

    これで今年の遊びも終わりです

    では、良い年末年始をお過ごしください。

| | コメント (6)

2017年12月24日 (日)

ほろほろ

 忘年会はまだ続いてますか 

 毎日が忘年会ではありませんか

 

               「ほろほろ酔うて木の葉ふる」  山頭火句

 

169c003

                         (旧作)

173a001


173b002


173c003

             今回  ヨコ 27 × タテ 26 mm

    前にも同じく句で同じようなデザインで彫ってました

| | コメント (8)

2017年12月20日 (水)

毎日雪降

小枝に彫った山頭火の句です

当地には殆ど雪は降りませんが

別れてから まいにち雪が降っています

別れてから まいにち雪の降るのを見ています

172a001


172b002


172c003


                  ヨコ 25 × タテ 29 mm

| | コメント (4)

2017年12月16日 (土)

椿だつた

久し振りに「山頭火の句」を彫ってみました

大きいのと小さいのです

大きい方は大きな枝の木口に彫ったもの

小さなものは小枝に彫ったものです

              「笠にぽつとり椿だつた」   山頭火句

071a201712001

                       ヨコ 87× タテ85mm

171a001_2
171b002
171c003



                     ヨコ 26 × タテ 25 mm

あといくつか山頭火の句を彫ってみようと思います

| | コメント (4)

2017年12月12日 (火)

篠竹で笛

随分前に篠竹で作ったケーナをお見せしました  ↓  のがこれです

20171212c


   何とかそれらしい音が出るかなーーーーと思う、チューニングをしたところで

 

 

   昨年までに採って乾燥していたのが

   篠竹も乾いているようなので、

   次を作ってみようかと思い、

   ノコギリで長さを揃え、

   竹用ドリルで穴をあけてみました

20171212c_2

   上の7本は表皮を削っています

   中の3本は竹の表皮がついたままです(削るかどうか思案中)

   一番下の1本は  篠笛のつもりです

               これも音は出るのですが

               指が攣りそうになります

   どの笛も、これから調音等々が必要です

   生きてるうちに出来るかどうか心配です

| | コメント (6)

2017年12月 8日 (金)

塩ビ篠笛

 塩ビパイプ工作  (その2)  

 

20171208b


  左から   篠笛(ドレミ音階)  吹き口はコルクでふさぎました

         塩ビ管ケーナ(初心者用): 6番目の孔を開で ラ 

                           順に開で  ~シ・ド・レ・ミ・ファ(半開)

                  (上級者用)×2本

   ケーナは前回の経験があるので、なんとか音が出ますが

   塩ビ管篠笛は指がつりそうになります

 

| | コメント (6)

2017年12月 4日 (月)

南米楽器

水道用の塩ビ管等を何本か買いました

  左から 内径 20mm 16mm 13mm 10mm

20171204a_1

目的の一つは、ペルーのクスコで買った

  下の写真のサンポーニャがあったからです

  葦の茎の太いのを探しましたが見つからなかったので塩ビ管か篠竹で

  作ってみようかなーーーーと思ったのです。

  必要なのは  ↑右側の2サイズ↑だけ、本当はもう少し内径の小さなのが

  良いと思うのですが、とにかくチャレンジしなくてと、作ってみました。

20171204a_2

まだ、チューニング中ですが、なんとかそれらしい音が出るようになりました

右側の管(低音側)をチューニングのために吹いていると、眩暈がしそうになります

南米の人の肺の強さ心臓の強さに感服です。

20171204a

音が安定したら、底を密封して、このままでは味気ないので

葦色に塗って、全部をつないでそれらしい音と形にしようと思っています

来年中には

| | コメント (2)

2017年11月29日 (水)

遍路最終

記述が前後することになりましたが

高野山に行く前日に

納経帳の最後はいつも東寺と高野山奥の院と決めているので

当然京都の東寺にも行ってきました。

20171129001

 

      東寺に行くだけではもったいないので

      紅葉で有名なところも訪ねてみました

      東寺は五重塔の1階が公開されていたのでぐるりとひと回り

      京都の全体的な紅葉は11月下旬から12月上旬だと思っていましたので

      少し早いかもしれないがと思いながら「東福寺」へも行ってみました

      通天橋からの眺めも楽しんできました

      近くのお寺にも行き、最後は渉成園でのんびりとした後

      京都駅近くで夕食を食べ、明日の朝が早いのでホテルに帰り

      早く寝ました(寝るころには天気予報通り雨が降り始めました

      かなりの雨が降り、寒くなる予報が出ていました)

 

      これで私の遍路の報告はすべて終わりました

      後は、いつものように遍路の記録を冊子にする作業が残っているだけです

      訪問頂いたみなさんどうもありがとうございました

      もう一度、遍路中にお世話になって皆さんにありがとう 

| | コメント (10)

2017年11月26日 (日)

遍路高野

遍路の最後に空海さんのゆかりの地

京都と高野山を訪ねましたので資料だけを紹介します

1.大阪難波から高野山までの南海電車の時刻表

        早起きすれば大阪から十分日帰りできます。

             暇な人は大阪或いは京都からの日帰り旅行を

             考えてみては如何ですか?

20171126005
2.高野山の地図をいくつか紹介します

       有名な参詣道である 「九度山からの町石道  21K 6時間」

       女人禁制の頃の「女人道 7Km 4時間 三山巡り 11Km 3時間」

       この地図は高野町の中心地にある観光案内書で頂いた物です

20171126001

3.町石道詳細

     九度山卍慈尊院~高野山壇上伽藍 180町  21K強 6時間強

      高野山まで180町石から1町石までカウントダウンの道になってます

       以前頂いた地図は破れてしまったのでインターネットで引っ張り出した

        地図です。

         この時期は熊が出る恐れがありますので、気をつけて歩いてください  

20171126002
4.女人道&高野三山の道

       壇上伽藍・金剛峰寺のある高野の町の周囲にある女人堂を巡る道

       熊野へ向かう道もあります。

       そうそうこの道にも熊の目撃情報がありました。

          雨の中出会ったのは2組(外人二人組、中年(失礼)のグループ)

          人気は少なかったのですが紅葉は綺麗でした

20171126003

5.高野町には旅館ホテルはないので泊まるのは原則宿坊に泊りますが

         一軒だけビジネス旅館があります、宿坊は嫌だと思う

         人にだけは役に立つかもしれない、そんな地図です

20171126004
         14玉川旅館に泊まりました

             夕食は仕出し定食(?)みたいなもの

             朝食はトースト・クロワッサン・コーヒー等

             料金はネットでどうぞ

             無駄なサービスなし、基本セルフサービスの清潔な旅館です


雨の中を歩いて到着し当日に奥の院へも参拝し、結願のご朱印も頂きました

当時は台風21号の影響で南海電鉄の高野線で一部不通(高野下~極楽橋)でした

ので、翌日は町内を走るバスで高野山(バス停名)へ行き、代行バスに乗って

橋本(南海電鉄)まで出ました

不思議なことではありませんが すべての交通機関でICカードが使えました。

いちいち切符を買わなくてすみました、便利な世の中になったものです

| | コメント (10)

2017年11月23日 (木)

遍路掛軸

その4  4種目(最後)は同じハンコで掛軸風に作ってみました

20171114_7

           和紙に「はんこ」を歩いた順に貼りつけ

           簡易(手抜き)裏打ちをし

           安価な手抜き掛軸の元に障子糊で貼り

           これまた手抜きの一文字を貼ったあと

           パソコンで作成した札所名等を貼ったら

           出来上がり

           サイズは 1200×360mm

今回の遍路の思い出整理はこれで一応終わりです

毎回作っていた、遍路冊子は未着手なので、

今年一杯に出来ればと思ってますが未着手です

他の遊びの用事の数を考えると、どうやら年を越すことになりそうです

用紙やプリンターインク等の材料も準備しなくてはなりません

遍路紀行みたいなものをアップしている間に高野山や京都に行って来たので

次回は、高野山の地図をいくつかお見せしようと思います

| | コメント (4)

«遍路巻物